マル秘!タイ輸入転売の実態と稼ぐための2つのコツ、注意点をすべて公開!


タイ輸入に興味のあるあなたは、

このような悩みをお持ちではありませんか?
  • タイ輸入はハードル高そう、実際どうなの?
  • タイ輸入って中国輸入と、どう違うの?
  • タイ輸入の転売で稼ぐコツを知りたい!!
 

タイ輸入はライバルが少ないこと、

商品のクオリティーも高いといった

魅力がたくさん詰まっています。

 

ところがタイ輸入を行うためには、

ネットを頼るだけではいけません。

実際に現地へ足を運び、

店舗や職人さんと直接交渉を行います。

 

タイ輸入は、転売としての敷居の高さから

初心者の人では手が出しにくいと言えます。

魅力はあるのに、もどかしいですね…。

 

またタイ輸入で稼ぐことよりも、

“別の方法で転売する方が稼げるのか?”

なんてことも気になるかと思います。

 

そこで今回は、タイ輸入を利用した

転売ビジネスの実態をすべてお話しますね。

 

佐野佐野

広い目線で市場を見ると、タイ輸入を行っているライバルは他に比べて少なめです。しかし、逆に敷居の高いことを利用して参入する人も存在します。実際のタイ輸入とはどのようなものか、気になるあなたは必見ですよ!


書籍プレゼント

タイから商品を輸入するメリットとは?

せどりでタイ輸入を利用するメリット

タイ輸入は現地から直接商品を仕入れます。

現地で商品を買い付けて日本へ送り、

販路として利用するサイトで販売します。

 

そんなタイ輸入のメリットは、

製品をオーダーしやすいことです。

 

製品をオーダーしやすいとは、

「オリジナルデザインの商品を

制作できる」という内含です。

それはODM生産とも呼ばれ、

タイ輸入の真骨頂にあたります。

 

ODMを行う際、中国輸入の取引だと

主に500〜1000ロット(個)で発注します。

これがタイでは、

1円、1個からでも対応してもらえます。

 

そもそも中国のロット数が多いのは、

機械的な作業によって対応しているからです。

逆にタイでは手作業で制作しているため、

少ない個数でも発注できるというわけです。

 

タイ輸入は難しそう!と感じる方は、

中国輸入のOEMに注目してみてください。

コチラの記事で詳しく解説していますので、

ぜひ参考にしてくださいね。  

逆に、デメリットとは?

逆に、タイ輸入のデメリット

逆にタイ輸入のデメリットといえば、

やはりビジネスとしての敷居が高いことです。

 

中国輸入のような貿易ビジネスなら、

言語の異なるECサイトを使うときも

たいていはGoogle翻訳で解決できます。

※もちろん翻訳機能だけで完結はできませんが

 

ところがタイ輸入には、

“仕入れ先として使えるような”

ECサイトが存在しません。

バイヤーは現地に足を運んで

仕入れを行う必要があります。

 

リサーチの手段も少ない初心者

貿易ビジネスを行うことは、

相当、敷居が高いのではないでしょうか。

 

それでも個人で貿易を行うために、

現地のガイドを雇って

仕入れるという手段もありますが、

ガイドによっては仕入れ先を知りません。

 

そこで、代行会社に頼るのが一般的です。

すると費用や手数料も発生してしまうため、

資金の少ない転売初心者の人にとっては、

さらに敷居が高いビジネスだと感じてしまいます。

 

タイ輸入で仕入れて実際に販売されている商品3つ

タイ輸入で仕入れて実際に販売されている商品3つ

では実際に、どんなものが仕入れられて

販売されているのかをメルカリで探しました

 

実際に販売されている商品はコチラ
  1. 古着
  2. アクセサリー
  3. バッグ
 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

古着

タイから仕入れができる古着には、

種類も多くさまざまなデザインのものがあります。

中でも、国内の古着屋でも見かけるような

シャツ系は人気で売りやすい商品です。

 

タイ輸入 シャツ 古着

 

説明文ではヨーロピアンとありますが、

実際にはタイで制作されている商品です。

 

ところで、タイのヤワラートという市場は

アパレル製品がたくさん販売されています。

しかし、販売されている商品には

素材を含めて中国製のものがあります。

 

それをわざわざタイから購入して、

メルカリで販売している人もいます。

本気でタイ輸入を行うなら、

直接店舗で制作されている洋服の方が

質がいい場合も多くおススメです。

 

また、ブランドものである

POLO」や「TNF」のアパレル製品では、

レプリカ品も多く制作されています。

購入・販売する際には注意してくださいね。

 

アクセサリー

タイ産のアクセサリーは精度も高く、

しっかりとしたデザインが特徴です。

ODMを行う際にも

1個から発注できますので、

転売にもおススメのアイテムですね。

 

タイ輸入 アクセサリー

コチラの商品はイタリアンとありますが、

実際にはタイから仕入れれる商品です。

 

余談ですが、海外のアクセサリーといえば

中国のシルバー925なら

メッキや合金の表面にだけ銀を塗っている

ことで有名です。

 

じつはタイでも、同じように販売されている

アクセサリーが多く存在しています。

購入者からの疑問や販売する商品について

詳しく説明できるようになるためにも、

目利きができるようにならなければいけません。

 

バッグ

タイで制作されているバッグは

とってもクオリティーが高く、

本物の革を使われていることも多いです。

 

タイ輸入 バッグ

 

タイで制作される革製品は

コチラのようにパイソン柄の物、

またはクロコダイルをあしらわれている

ことが多いです。

 

革製品やアクセサリーを仕入れるなら、

世界中のバイヤーが集まる場所と言われている

タイのパラディムワールドデパートがおススメです。

 

いかがでしたか?

メルカリでもたくさんのタイ製品を

見つけることができました。

 

国内の販路はメルカリに限らず、

ヤフオクやラクマのようなフリマも利用できます。

サービスを比較している記事がございますので、

よろしければご確認くださいね。  

タイ輸入で稼ぐコツ2選

タイ輸入で稼ぐコツ2選

実際にタイ輸入で稼ぐコツを紹介します。

 

具体的には、
  1. 日本人の好むようなデザインを探す
  2. 現地で連絡先を交換しておく
 

それぞれ詳しくみていきましょう!

 

日本人の好むようなデザインを探す

タイで制作される商品は

日本人の趣向とは異なる製品が多いです。

アパレル製品なんかは仕入れやすいのですが、

リサーチやセンスを磨くことが必要です。

 

そこで、まずは日本人の趣向を知る

ことから始めてみましょう。

日本人の趣味趣向を知ることで、

どのような商品が人気なのかを

総合的かつ具体的に把握しましょう。

 

また、どのような人に売るかも大切です。

たとえば、ユニクロのようにシンプルな

デザインが好きな人に向けて売りたいのか?

質を重視する人に向けて売りたいのか?

などの点にも傾注してみてくださいね。

 

現地で連絡先を交換しておく

タイ輸入を利用して稼いでいくためには、

仕入れ先となるお店と交渉を続けます。

そのため店舗へ行って終わりではなく、

連絡先の交換も忘れてはいけません。

 

さらに連絡先を交換しておくと、

あなたのオリジナル商品を製造してもらい、

サンプルをいただくことも可能です。

 

ときどきですが、日本語OKなタイ人もいます。

相手もコチラの言語に触れてくれるのなら、

あなたも相手の言語に触れてみましょう♩

 

タイ輸入に挑戦する際、気をつけることとは?

タイ輸入に挑戦する際、気をつけることとは?

最後に、タイ輸入に挑戦する際の

注意点や小ネタを紹介します。

 

具体的には、
  1. 輸出入許可申請が必要になる
  2. 輸入規制されている商品がある
  3. タクシーで損をしないために
ということです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

輸出入許可申請が必要になる

タイでは輸入の際に、

輸出入許可証(ライセンス)

必要となる品物があります。

 

貿易ビジネスをはじめる人なら

必ず覚えてくださいね。

 

ライセンスを必要とする品物
  1. 食品
  2. たばこ製品
  3. 動物・植物
  4. 医薬品やワクチン
  5. 放射性物質
  6. 武器や砲弾、爆発物
  7. 貴金属や宝石
以上になります。

 

扱うアクセサリーによっては

ライセンスを必要とするものがあります。

上記に当てはまる品物を

許可なく持ち帰ってはいけません。

 

輸入規制されている商品がある

輸入の際に規制事項を満たさない場合、

タイの税関で差し止め・没収・破棄

をされてしまう可能性があります。

 

規制事項に該当する商品は、

国の情勢や都合によっても変わるため、

輸入前には必ずタイ当局

農林水産省のサイトから確認しましょう。

 

タクシーで損をしないために

最後に、

タクシーの運賃を多く取られる場合がある

といった注意点もあります。

 

タイでは大手のマーケット近くに

駐在するタクシーがどれも割高です。

 

日本人にとってはその値段さえも

格安だと感じる値段なのですが、

本来ならあなたが思っているよりも

さらに安い価格で利用できます。

 

そこで、駐在しているタクシーよりも

アプリに対応していてカード決済の使える

タクシーを利用するのが無難です。

 

【まとめ】

タイ輸入のメリット・デメリット、

実際に販売されている商品、

稼ぐためのコツや注意点を解説しました。

 

タイ輸入は初心者にとって

敷居の高いビジネスであり、

また、日本人の趣味趣向に合う

商品も少ないことが現状です。

 

ODMのようにオリジナル商品を作れば

たくさん稼ぐこともできますが、

それには手間に加えて費用も多くかかります

 

その結果として、せどり(転売)初心者のうちは

他の方法で稼ぐことが効率がいいと言えます。

 

ちなみに、佐野は欧米輸入をやっていて、

髭剃りのブラウンやレゴ、

コーチなどの有名ブランドを

定価の50~80%引きで取引しています。

 

佐野が実践しているやり方を

もっと詳しく知りたい方は、

コチラの記事を参考にしてくださいね。
佐野佐野

Amazonやメルカリを利用して稼ぐ方法なら、当ブログでもたくさん紹介しています。他にも、メルマガなどで期間限定の特典を付けて配信しています。興味があるあなたはわたしの公式LINE@からチェックしてくださいね。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前

アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。


●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする