天秤


あなたは、これらの言葉の意味を

本当に理解していますか?
  • 転売
  • せどり
  • 物販
 

それぞれ、”何かモノを販売する”

という基本は同じですが、

ハッキリした違いが良くわからない

と感じてしまいますね。

 

この3つの呼び方に大きな違いはなく、

本質的な意味ではどれも同じなのに、

なぜか転売については

悪印象を抱いてる人も多いのです。

 

この点ではホリエモンこと

堀江貴文さんも私と同じ考えで、

コチラの動画でも意見されています。



 

わたしもたまに使い分けるこの3つの言葉。

 

今回は、「転売」「せどり」「物販」

それぞれの呼び方の特徴や違い

すべてあなたに教えますね。
佐野佐野

メルカリやオークション、株式投資やチケット転売問題などあなたの身近な存在である転売。それぞれの違いを知って、商売の意味を基礎から学び直してみましょう^^



なお、動画でも今回の記事をお話しているので、

動画派の方はコチラをご覧ください。

 

書籍プレゼント

転売の定義は?

日本語としての転売の意味は?

Googleで「転売の意味」を検索すると、
”一方から買ったものを

さらに他に売り渡すこと”
と記載されています。

 

日本語の意味としては、

言葉通りそのままの意味で、

他で買ったものをいくらであろうが

他に売り渡すという行為を

行った時点で転売です。

 

上記とは別に、

入手困難な商品を転売目的で購入し

定価よりも高値で販売すること」と

定義されているものもあります。

 

どちらの定義を見ても、共通しているのは

「値段に関わらず”他に売り渡す”

というところを重視」しています。

 

たとえ、定価で買ったものを

自分の利益を上乗せせず、

そのまま定価で販売しても

転売になるというわけです。

 

せどりの定義は?

佐野佐野

せどりとは、「安く仕入れて高く他の人に販売すること」と定義されています。



例えば、せどりの中でも人気の

古本を例にすると、ブックオフで108円で

仕入れた漫画本を500円で売るという事です。

 

じつはせどりが一般的なビジネスになる前は、

古本せどりが主流でした。

 

専用の機械やツールを使用した

仕入れ方法が活発化して、テレビや

メディアで取り上げられ

一気にせどりの認知度が上昇。

 

その後、ゲームやDVD、家電など

対象となるジャンルが拡がり

現在のせどりの形が出来上がりました。

 

現代で主なせどりの対象商品は、

以下の通りになります。

 
  • 古本
  • 家電
  • 食品
  • アパレル
  • ゲームソフトや本体、関連商品
  • ドラッグストア商品(ヘビル)
 

他にも数多くのジャンルがありますが、

転売ヤーの主に扱う商品になります。

 

転売をする人はどんどん増えていて、

ライバルよりも利益を上げる事は

年々難しくなっています。

 

そのため現代では、正確なやり方を学び、

他の人と差別化する工夫が

非常に重要になっています。

 

昔の転売はどういう形だった?

転売を1番最初に始めた人は、

「紀伊国屋文左衛門」と言われています。

 

紀伊国屋文左衛門 像

 

コチラは、和歌山県の湯浅駅にある

紀伊国屋文左衛門の銅像です。

(昔の人なので人物画はないようです)

 

紀伊国屋文左衛門という方は、

ウィキペディアによると、

江戸時代、元禄期の商売人だそうです。

 

つまり、

転売の歴史は江戸時代から始まった

という事になります。

 

当時、紀伊国屋文左衛門が目をつけたのは

みかんの商売だそうです。

 

以下の内容がその当時、

転売をおこなったときの様子です。

 
 

ある年の紀州でみかんの収穫が大豊作だった

そうですが、嵐の影響で

江戸への船が閉鎖されていました。

 

紀州では大豊作だったみかんを

江戸に運ぶことができず、

みかんの価格が大暴落していたそうです。

 

一方で、江戸の方ではみかんが届かないことにより

みかんの価格が高騰していたと言われています。

 

そこに紀伊国屋文左衛門は目をつけ、

自身の船を直し、知人からお金を借りて

紀州でみかんを大量に購入し、

嵐の中江戸に運び高く販売できたそうです。

 

また、

とある地方で伝染病が流行っていると聞き、

前もって「伝染病に塩鮭が効く」とウワサを流して

江戸で塩鮭をあるだけ購入し、

それを持って帰り、ウワサのおかげで

鮭が飛ぶように売れたと言われています。
 

このように見ると、

今も昔も転売でやっていることは

あまり変わらないですが、

なぜか現代では転売=悪のイメージが

横行しています。

 

現代では「転売イコール悪」のイメージ。その理由とは?

現代では、「転売イコール悪」のイメージ。なぜ?

「転売=悪」のイメージが

持たれている1番の原因が、

商売相手のお客さまの気持ちを一切考えず、

自分の利益だけを求めて転売をしている

転売ヤーが増えたことです。

 

たとえば、ここ最近の話題で言えば

任天堂スイッチ(switch)や

PSVRの転売があげられます。

 

switchやPSVRは

普通に定価で購入できるものにも関わらず、

転売ヤーが高値で販売するために

買い占めたことにより、

品薄で価格が高騰していました。

 

この場合、

お客様にメリットが一切ないだけでなく

不利益にしかならないので、

”悪”と見なされるわけです。

 

また、2020年世界中で問題に

なっているコロナウィルスの感染拡大で

国内でも「マスク」や「アルコール類」

コロナウィルスの対策に効果があると

言われる物全てが高値で転売されました。

 

それに伴い、国内では製造が追いつかず

品薄になる社会現象を巻き起こしています。

 

ゲーム商品と異なり、今回は

人の命に関わる物が桁違いな金額で

出品されています。

 

医療従事者や持病を抱える方などをはじめ

本当に必要な人の手元に届かなくなり、

一部の悪質転売ヤーにより、一層転売を

する者に対する世間の目が厳しくなりました・・・

 

転売ヤーの利益だけが目的で、

何1つ社会貢献になっていません。

 

人の命を脅かすやり方や違法だと

判断される転売は決してやってはいけません!

 

転売とせどりの意味に違いはある

転売とせどりの意味に違いはある

転売とせどりの違いは

ざっくり分けて以下の2つに分類

されます。

 
  1. 古物をターゲットとするか(せどり)
  2. 新品をターゲットとするか(転売)
 

まず「せどり」には2つの

意味があると言われています。

 

それは以下の2つです。

 
  1. 競取り
  2. 背取り
 

前者の競取りは”競り”が

由来となっているそうです。

 

一方で、後者の背取りは

昔のせどりは古本が一般的だったことから、

本の裏表紙、つまり背表紙の部分を見て

目利きしてお宝商品を探し出して

商売していた事が由来となっています。

 

この由来から、

せどりはすでに流通しているものから

お宝商品を発掘して売り出したり、

入手困難な商品を見つけて売り出したり

という販売手法がイメージできます。

 

一方で転売は、これから発売されるものや

高値になりそうな商品を予測して、

発売と同時に買い占めるトレンド転売

が一般的に「転売」と認識されています。

 

せどりも転売も、

安く仕入れて高く売るという

本質的な意味では同じですが

後者の転売は先ほど話したように

買う側にとっては不利益です。

 

しかし、モノを売る仕事は、

大きなくくりで見ると

すべて転売と言えますし、正直、

せどりと転売の2つにも明確な違いはない

というのが答えです。

 

ですが、転売と言うと、世間的には

良いイメージを持たれないですよね。

 

その事から転売以外の言葉で表すために

せどりと転売との間に違いを設け

上記のように区別されています。

 

(難問)転売と物販の意味に違いはある?

(難問)転売と物販の意味に違いはある?

物販と転売の大きな違いは

仕入れ先にあると考えています。

 

物販は、まだ流通していないものを

卸売業者から仕入れて販売したり、

自身で製品化したオリジナル商品を

販売するのが一般的です。

 

通常、モノの流通は、

 
(1)メーカー

  ↓

(2)卸売業者

  ↓

(3)小売店

  ↓

(4)消費者
 

このような流れで消費者まで届きます。

 

物販はこの流れの中で、
  1. (1)メーカーや(2)卸売業者から仕入れるか
  2. 自身で商品を作るか
という方法で販売する商品を選択します。

 

一方で、転売は(3)の小売店から仕入れ

消費者に販売します。

 

小売店は消費者の誰もが利用できるので、

わざわざ転売屋が間に入る必要がなく、

モノの流通の流れが変わってしまいます。

 

メーカーが希望する売り方や値段と

相反する販売をされ、

営業妨害になってしまうことも。

 

ここ最近の例としてPSVRが挙げられます。

PSVRは発売当初から価格が高い・・・

購入を踏みとどまる人も多かったです。

 

そんな中、転売ヤーが買い占め、

さらに価格を上げたことにより

PSVRの売れ行きは険しくなりました。

 

実際にPSVRを転売ヤーが買い占めたあと

売れずにどんどん

値下がりしていっています。

 

コチラはkeepa(キーパ)で検索した

1年間のPSVRのAmazonでのグラフです。

keepa

 

新品商品約4万円、中古約2万円が

平均値で売れていた商品でしたが、

買い占めによって一時期大幅な値崩れを

したことがグラフから分かります。

 

実際に、PSVRを転売した人がどうなったのか?

以下の記事で詳しく紹介しています。  

意図しない形で販売されるのは、

何のメリットも生み出さないので

転売が悪のイメージを持たれるのは

当然と言えば当然かもしれません。

 

Amazonリサーチの定番ツールだった

モノレートがなくなりましたが、

「keepa(キーパ)」で、同じように

情報を得ることが可能です。

 

無料で利用できるツールなので

ぜひ、活用してみてください。

 

keepaについては、コチラの記事で

詳しく解説しています。

合わせてご覧ください。  

転売とせどりのメリットとデメリット

転売とせどりのメリットとデメリット

 

ここまでの解説で、転売とせどりについて

ご理解いただけたと思います。

 

どちらとも「差額を利益とする」

至ってシンプルなビジネスになります。

 

メリットやデメリットも

ほぼ共通しており、2つの特徴を

捉えておくとより深く理解することができます。

 

そこで、ここでは、

転売とせどりの共通したメリットと

デメリットについて詳しく解説していきます。

 

転売とせどりのメリット

 

「誰でも気軽に、場所を選ばずに

始められる」ことが最大のメリットです。

 

安く仕入れて、高く売るので

仕組みが分かりやすく、低資金から

始められる比較的リスクが低い

ビジネスになります。

 

それでいて、仕入れ方法が2つあります。

店舗せどりや電脳せどりと呼ばれる

方法からできるので、家の中でも外でも

時間を選ばず行うことができます。

 

普段なかなか時間が取れない

会社員や主婦の方も会社帰りや

夕ご飯の買い物ついでにできるのは

魅力のひとつだと言えるでしょう。

 

また、ブログやアフェリエイトと違い

自分で1から集客する必要がありません。

 

Amazonやメルカリ、楽天など

既に集客力や信用力がある

プラットフォームを活用すれば

すぐに結果を出すことが可能です。

 

コチラの記事に

仕入れた商品を転売しやすいサイトや

稼げるコツを詳しく纏めました。

合わせてご覧くださいね。  

デメリット

 

反対に、デメリットは

「手間がかかること」と「資金が必要」

の2点になります。

 

まず、場所がとられる事ですが、

仕入れた商品は出品するまでに検品を

する必要があります。

 

商品の状態の傷や汚れなど

状態を確認し、値札シールを剥がすなど

細かい作業を行ったうえで

商品に見合った価格を設定します。

 

その後、売れるまで自宅保管をする為

売れるまでの期間、場所が必要になります。

 

保管方法が雑だと余計な傷や

汚れをつけてしまい、クレームに

繋がりかねません。

 

商品のサイズに見合ったスペースの

確保に悩む方も少なくありません。

 

もし、あなたがAmazonで販売をするので

あれば、FBAを利用すれば検品以外の

保管から発送までの作業を行ってくれるので

保管スペースに悩まずに済みます。

 

また、作業と別に転売やせどりをするなら

「古物商許可証」と「確定申告」

必要になる場合があります。

 

申告や取得の手続きに

手間がかかりますが、どちらも疎かにすると

法律違反となってしまします・・・

 

古物商許可証と確定申告について

コチラの記事に纏めたので

合わせてご覧ください。  

次に、商品を仕入れるにはお金が必要です。

 

月何十万稼ぎたいとなると

それなりに資金も必要となります。

 

人それぞれ準備できる資金は違うので

あなたの予算で仕入れる商品を限定し

コツコツと資金を増やしていきましょう。

 

現金の準備が厳しい方は、

クレジットカードを利用して

仕入れるのもおススメです。

 

返済期間を先に伸ばす事ができるので

その間に出品して売れれば

売上金から仕入れ値を支払う事ができます。

 

FBAやせどりで利用するのに

おススメなクレジットカードについて

コチラの記事に詳しく纏めました。

合わせてご覧ください。  

実際に、転売(せどり)は稼げるの?

 

結論から言うと、稼げます!

 

もっと具体的に言うと、

「コツを掴めば稼げるビジネス」です。

 

ここまでの解説で、安く仕入れる

高く売るビジネスだと言うことを

説明してきました。

 

「相場の価格よりも安く仕入れるコツ」

「売れる商品を見つけるコツ」を

掴めば誰でも安定して転売だけで

生活ができるようになります。

 

しかし、中には間違ったやり方をして

商品が売れずに損害を抱える方もいます・・・

 

それは、自己流のやり方で市場を

理解しないまま闇雲にやっているからです。

 

転売ビジネスに限らず、全ての

ビジネスに言えることですが、

初心者が自己流で初めても成功しません!

 

まずは、成功者の真似をして

経験を積んでから

自分のやり方をみつけて下さい。

 

経験をしていく内に、市場が求めるものや

安定して売れる商品が分かるようになります。

 

コチラの記事にせどりで失敗する

要因や佐野が失敗から学んだ成功の秘訣を

具体的に纏めました。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

【まとめ】

転売 せどり 物販

今回はモノを売る商売である

「転売」「せどり」「物販」

について紹介しました。

 

何度も言いますが、

どれも安く仕入れて高く売る

という根本的な部分は同じなのに、

 
  1. なぜ転売だけイメージが悪いのか
  2. そもそもそれぞれの違いはなんなのか
 

このような議論は色んなところで

されていますが、

日本語的な意味で言えば、

どの商売も転売にあたります。

 

転売そのものもを否定的に見るのではなく、
  1. その転売行為は社会貢献になっているか
  2. 消費者に不利益を与えていないか
が重要です。

 

転売をしている身としては、

常にこの2点を頭に入れて

目先の自分の利益だけにとらわれ

ないようにしていきましょう。

 

自分の利益だけ考えていると、

他の転売屋にも迷惑ですし、

思わぬ大きな失敗をしてしまいます。

 

自分の利益だけを考えた末に

逮捕されてしまった転売ヤーの事例

を以下の記事で紹介しています。
佐野佐野

他にも、せどり(転売)に役立つ情報を LINE@で配信しています。今なら11個の特典も期間限定でプレゼントしています。よろしければ、コチラからご登録くださいね。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】
毎月第2日曜日:13時~14時
毎月第3日曜日:13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする