アマゾンでの出品に興味のあるあなたは、

こんな悩みや疑問はないでしょうか?
  • Amazonには誰でも出品できるの?
  • Amazonに出品してみたいけど、むずかしそう・・・
  • 出品してから、発送はどうすればいいの?
 

アマゾンには大量の商品がありますが、

それらを個人でも出品することができます。

また、うまく販売すれば"好循環"の優れた

ビジネスモデルを体験できると言われています。

 

とは言え、むずかしく考えなくても大丈夫!

まずは手元にある不用品から販売し、

アマゾンで出品から発送するまでの流れを

ひとつずつ覚えていくのが良いでしょう。

 

あなたも実際に出品を行ってみることで、

「あ、こんな感じでいいんだな」

と、すぐにイメージを掴めますよ。

 

ただし、出品するときの注意点もあり、

それを知らないと損する可能性も高いです。

 

そこで今回は、アマゾンのアカウントと

出品から発送までの流れについて

すべてあなたに教えますね。

佐野佐野

最初は複雑に感じるアマゾンの出品ですが、焦らずにひとつずつ覚えていくと良いでしょう。今回は発送方法の流れやポイントも解説していますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。


書籍プレゼント

「大口or小口」アマゾンに出品できる2種類のアカウント

アマゾンに出品できる2種類のアカウント

まず初めに、アマゾンアカウントの

2登録方法があります。

 

具体的には、
  1. 小口出品
  2. 大口出品
といった方法です。

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

小口出品

小口出品は登録料無料で、

アマゾンにすでにある商品のみ

出品することが可能な方法です。

 

登録料に限っては無料ですが、

実際には1つの商品が売れるごとに

基本成約料として100円、

アマゾンに支払う義務が生じます。

 

さらに、アマゾンの販売ツールなどを

利用できないため、細かなデータ分析や

効率化を行うことができません。

 

あなた(女)あなた(女)

小口出品は小さく販売したい人に向いている方法です。


大口出品

大口出品は月額5600円の登録料

必要ですが、アマゾンに取り扱いのない

「オリジナル商品」や「セット品」を

販売できる方法です。

 

大きなメリットとしては、

アマゾンへの一括出品管理レポートなどの

各ツールを利用できることです。

 

また、個人で配送料を設定できたり、

荷物のお届け日時を指定することが可能です。

 

あなた(男)あなた(男)

大口出品は大きく販売したい人に向いている方法ですね。



初めに小口出品登録を選んだ場合、

後から大口出品に変更できない

(ときどきある変更可能な期間を除いて

といったデメリットもあります。

 

事前によく検証してくださいね。

 

それぞれの出品方法の比較は、

コチラで詳しく解説しています。

あわせてご確認くださいね。  

アマゾンに個人出品する流れを解説

アマゾンに個人出品する流れを解説

では、アマゾンに個人出品する

流れを解説していきますね。

 

アマゾンへの出品には、
  • 商品ページから出品する方法
  • セラーセントラルから出品する方法
の2通りがあります。

 

今回はわかりやすいように、

商品ページから出品する方法について

見ていきましょう。

 

amazon 商品ページから出品する方法

 

アマゾンへアクセスした後、

出品したい商品ページを見つけたら

ページ右中ほどにある

マーケットプレイスに出品する

という項目を選びましょう。

 

「マーケットプレイスに出品する」

 

出品用のアカウントに登録さえしていれば、

クリックするだけで商品詳細画面に

切り替わる大変便利な出品方法です。

 

早速、出品したいと思います。

まずは「SKU」を入力します。

 

入力方法は自分にとってわかりやすい

商品の管理番号です。

日付や仕入れ値を入力しておきましょう。

 

アマゾン出品の流れ

続いて、「在庫」「販売価格」を入力します。

販売価格にはアマゾンの手数料が発生するため、

わからない場合は少々高く設定しておきましょう。

 

価格などの設定は後からでも変更できます。

そこまで設定できれば、

商品の「コンディション」を選択します。

 

アマゾン出品までの流れ

商品詳細の右上「スライドボタン」を

クリックすれば入力画面が開きます。

 

アマゾン出品までの流れ

コンディションを選ぶ際は、

アマゾンの基準に沿って選択しましょう。

 

コチラで選んだものや入力したものは

後に発行する「納品書」に反映されますので、

ミスのないよう入力しましょう。

 

あなた(女)あなた(女)

以上が個人出品までの流れです。必要項目の入力だけなので、そんなに難しいことではありませんね?



 

アマゾン出品の発送方法「自己発送」の流れ

アマゾン出品の発送方法「自己発送」の流れ

続いて、アマゾン出品後の

発送方法について解説します。

 

まずは「自己発送」という、

自分で発送する流れを教えますね。

 

具体的には、
  1. 納品書を発行する
  2. 梱包作業を行う
  3. 出荷通知を出す
といったことです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

納品書を発行する

商品が売れたら「注文管理画面」から

納品書を発行します。

 

注文管理画面

納品書の発行はボタン一つで行え、

基本的には自宅のプリンターで印刷します。

 

注文1つにつき1枚を発行します。

 



印刷した納品書は商品に添えて、

購入者の宛先へ送ります。

 

また、プリンターのインクは水濡れしやすいため

管理には気をつけましょうね。

 

梱包作業を行う

納品書を印刷したら、

商品を梱包していきましょう。

 

アマゾンで注文した場合、

大きめの段ボールで届くことが多いのですが、

個人で発送する場合は小さな封筒や

箱などでもかまいません。

 

商品を十分に保護できる方法で、

しっかりと梱包しておきましょうね。

 

安く送る方法や注意点に関して、

コチラの記事で詳しく解説しています。

あわせてご確認くださいね。  

出荷通知を出す

荷物の集荷後や営業所への持ち込み後は、

注文管理画面」から出荷通知を発行します。

 

アマゾン出品の流れ

出荷通知を送る際は、

あなたの利用した業者や発送方法、

追跡番号を正しく入力します。

 

出荷通知

入力が終わればボタン一つで発行できます。

 

小口出品の場合はアマゾンで

定められている配送料がありますので、

以下の画像を参考にしてくださいね。

 

アマゾン小口の配送料

以上が出品に自己発送を使う流れです。

 

アマゾン出品の発送方法「FBA発送」の流れ

アマゾン出品の発送方法「自己発送」の流れ

今度は、「FBA発送」を

利用した送り方を教えますね。

 

FBAとはフルフィルメントbyAmazon

というアマゾンに発送を任せる方法です。

 

具体的には、
  1. 出品する際にFBAを選択しておく
  2. ラベルを印刷して商品に貼る
  3. アマゾンに商品を納品する
といった流れです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

出品する際にFBAを選択しておく

FBAを利用したい場合、

出品時点でFBA発送を選択します。

 

出品時点でFBA発送を選択

または「在庫管理画面」の出品画面で、

Amazonから出荷」を選択します。

 

FBA アマゾンから出荷

FBAに納品したい商品を決めたら、

注意事項確認ページが開きますので、

商品に問題がなければ次へ進みます。

 

ラベルを印刷して商品に貼る

商品ラベルを印刷できるページ

切り替わったら、シールシートなどに

ラベルを印刷して商品に貼り付けます。

 

このとき商品1個につき1枚を

バーコードの上に貼り付けてください。

 

【悪い例】

FBA 流れ 【悪い例】

【よい例】

FBA 流れ 【よい例】

また、アマゾンへの手数料を支払えば、

代わりにラベルを貼ってもらうこともできますが、

商品が多すぎると間違いもありますので

なるべく自分で貼り付けを行いましょう。

 

アマゾンに商品を納品する

ここまでできれば、あとは

アマゾンの倉庫に商品を納品します。

納品にはゆうパックやヤマト宅急便など、

お好きな送り方で大丈夫です。

 

FBAで商品が売れると

アマゾンから発送通知が届く仕組み

になっているため、

セラーセントラルから確認しましょう。

 

FBAに関する詳しいことは、

コチラの記事で解説しています。

あわせてご確認くださいね。  

アマゾンで出品するときの注意点

アマゾンで出品するときの注意点

個人で出品すると、

商品が売れた際に販売手数料が発生します。

 

このとき注意してもらいたいのは、

カテゴリーによって手数料が異なる点です。

 

例えば、おもちゃ&ホビーの販売手数料は

現在10%となっており、販売価格から引かれます。

 

さらに、特定のカテゴリーには

販売手数料の他にカテゴリー手数料が

発生する商品もあります。

 

といった具合に、出品ごとの手数料が

発生してしまうので、販売価格の計算を

間違えないようにしましょうね。

 

詳しくはコチラの記事で詳しく解説していますので、

出品時にはあわせてご確認くださいね。  

【まとめ】

いかがでしたか?

アマゾンの出品から発送までの流れ

について解説しました。

 

アマゾンには2種類のアカウント登録があり、

小さく販売するなら「小口

大きく販売するなら「大口を選びます。

 

どちらを選んでも、個人出品に

メリットはあります。

あなたも今回の記事の流れに沿って、

商品の販売にチャレンジしてみませんか?

 

ただし、コンディションの入力や発送などは

ミスのないように気をつけましょう。

 

また、お客様への感謝の気持ちを忘れずに

誠実なお取引を心がけることが大切です。

 

佐野佐野

他にも、せどり(転売)に役立つ情報を LINE@で配信しています。今なら11個の特典も期間限定でプレゼントしています。よろしければ、コチラからご登録くださいね。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする