副業の経費が認められるものはコレ!3つの主要ネットビジネス別に徹底解説


副業をはじめる人にとって、

注意すべきことの1つのが

「どこまで経費が認められるか」でしょう。

 

経費が増えれば、その分税金が安くなります。

逆に、経費が少なければその分税金が増えてしまい、

せっかく稼いでも税金で多く持ってかれてしまう

恐れがあります…。

 

税理士さんを雇えば経費の扱いも問題ないですが

副業レベルであれば、

顧問料を払うのも大変ですよね。

 

そこで今回は、個人で確定申告をしている人向けに

経費になる可能性が高いお金の使い方を

副業別に解説していきます。

佐野佐野

副業初心者のあなたは、今回の記事が必見ですよ!シッカリ税金の知識を身につけたいあなたは、最後まで丁寧にお読みくださいね


書籍プレゼント

そもそも、副業でも確定申告する必要があるのか?

副業の確定申告は必要なのか
佐野佐野

そもそも副業でも確定申告が必要かどうか、
自分のケースで考える必要があります。



原則、副業で20万円以上の収入を得たら

確定申告をする必要があります。

一定水準を稼いだ人は確定申告する必要がある

たとえば、アフィリエイトやせどりなどで

20万円以上稼いだ場合は、

雑所得として確定申告が必要です。

 

この20万円とは売り上げではなく、

経費を差し引いた所得(利益)です。

 

せどりなら仕入れ額が経費になるので

仕入れや発送費用などのコストを引いて

20万円以上利益が残る場合に

確定申告が必要になります。

経費を増やすメリット

佐野佐野

税金は売上から経費を引いた分が課税所得になります



経費を増やすことで節税対策ができます。

 

経費は自分が先に負担しているため、

利益から差し引かれるお金です。

経費が多ければそれだけ所得が減るため

課税される所得も少なくなります。

佐野

経費は確定申告できちんと計上しないと、単に所得を減らすだけになってしまうんだね…


副業の経費はどこまで計上していいのか?

副業の経費ってどこまでOK?
仕事の内容や働き方など、

経費の範囲は個人によって異なります。

 

ただし、確実に経費になるものを知ると

かなり確定申告がスムーズになります。
  1. 一般的に経費に認められるもの
  2. 一般的に経費に認められないもの
この2点に分けて解説していきます。

経費として認められるもの

一般的に、下記のコストは経費として計上できます。
  1. 仕入れにかかる費用
  2. 人件費
  3. オフィスの家賃や光熱費
  4. オフィスの通信費
  5. オフィスの備品・消耗品の費用
  6. 広告宣伝費
  7. 仕事の移動にかかる旅費・交通費
 

これらは業種問わず、経費に計上可能。

オフィスは仕事のための環境なので

原則、すべての費用が経費になります。

 

個人事業主の場合はオフィスではなく

自宅を事務所にする人も多いです。

佐野

その場合、家事按分という考え方で経費を計算するのが一般的ですね


経費として認められないもの

一般的に、下記のコストは経費として計上できません。
  1. 事業に関係ない備品・消耗品費
  2. 事業に関係ない会食・接待交際費
  3. 事業に関係ない旅費・交通費
 

要するに事業との関連性が問われます。

 

取引先との会食なら接待交際費として

経費計上が認められますが

友達や家族との食事は認められません。

佐野佐野

仕事に影響がない食事ですので、経費計上はできないということですね。


【副業別】経費として認められるもの一覧

副業の確定申告で認められるもの
ここからは副業別に経費計上できる

出費の具体例をご紹介します。
  1. せどり(転売)
  2. ブログ・アフィリエイト
  3. クラウドソーシングなどの在宅ワーカー
個人事業主が多いこの3つを解説します。

せどり(転売)

せどり(転売)の経費は下記の通りです。
  1. 仕入れにかかる費用
  2. 梱包材などの発送費用
  3. 運送費
  4. 有料ツールの利用料金
  5. せどりに必要な電気代・通信費
仕入れにかかる費用はもちろん、

発送やリサーチなどの費用も

経費として計上できます。
副業の場合、せどりの収入は雑所得です。

事業所得ではないので、青色申告の

特別控除を受けることができません。

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトの経費は

下記の通りです。
  1. サイトの運営費用(サーバー・ドメイン取得費など)
  2. ライターの外注費用
  3. 記事内で紹介するサービスの利用料金
  4. サイトの更新に必要な通信費や電気代など
ブロガーやアフィリエイターが注意すべきは

サイトの売上に貢献しているかどうか

という観点で経費を計上することです。

 

食レポの記事を書いて収益を得る人は

原則、食事代金も経費になります。
ただし、収益性がない食費は

経費にはなりません。

 

食レポは書いたけど記事をアップせず

他の人に見られていないままだと

当然経費にはなりません。

YouTubeなどの動画投稿者

YouTubeなどの動画投稿者

の経費は下記の通りです。
  1. 撮影機材にかかる費用
  2. 撮影場所の賃料や光熱費
  3. 撮影で利用したサービスの費用
  4. 作品の出演者や作家への報酬
  5. 動画の投稿に必要な通信費など
 

YouTuberであれば企画にかかる費用や

撮影機材は動画投稿に欠かせません。

それらはすべて経費として認められます。

 

ただし、撮影機材をプライベートでも使うなど

100%事業目的でないのであれば

全額を経費計上できるわけではありません。

佐野佐野

また、動画投稿者もブロガー同様、撮影で使用したものを動画にアップしないと経費には認められません。


クラウドソーシングなどの在宅ワーカー

クラウドソーシングなどの在宅ワーカー

の経費は下記の通りです。
  1. 勤務する自宅の家賃や光熱費
  2. 作業に必要な機材・備品
  3. 仕事の受注に必要なサービスの利用料
  4. クライアントとの連絡やインターネットの通信費など
 

在宅ワーカーは作業内容にもよりますが、

仕事で必要な道具はすべて経費計上できます。

 

パソコンが必要であれば、パソコンやデスクなど

イラストレーターならペンやタブレットなど

業種によって必要な作業道具はさまざまです。

佐野佐野

自宅を事務所にしている人は、
仕事以外の時間や利用面積を計算して、家事按分を割り出すことで経費計上できます。


注意!副業をする人がハマる経費、確定申告の罠とは?

副業の確定申告でハマりやすい罠
副業ワーカーがハマりやすい罠を紹介します。

税金周りは不慣れな人も多いと思いますので、

よくある失敗例を事前に知っておきましょう。

住民税の支払い方法で会社に副業がバレる

副業収入があってもすぐに会社にはバレません。

ただ、住民税を計算する際に会社以外の収入があると

金額が合わないのでバレてしまいます。

 

この場合、支払い方法を「特別徴収」ではなく

「普通徴収」にして自分で納付しましょう。

佐野佐野

会社に副業がバレたくない人は確定申告時に支払い方法を「普通徴収」に変えることをお忘れなく!


20万円以下でも住民税の申告が必要

副業収入が20万円を超えると

確定申告をして所得税を払う必要があります。

 

ただ、住民税は20万円以下でも発生します。

確定申告をすれば住民税も算出できますが

そうでない場合は住民税を申告しましょう。

佐野

所得税と住民税は控除額も違うんですよね?



佐野佐野

はい。
ですので確定申告は所得税しか関係ないわけではありません。


まとめ

以上が副業の経費で認められるものでした。

何が経費になるのかの判断基準は

「その出費が仕事に必要かどうか」です。

 

お金を稼ぐために必要な費用であれば

今回紹介した項目以外でも経費として

確定申告の時にきちんと計上しましょう。

 

経費の理由を論理的に税務署に説明して

納得してもらえれば問題ありません。

 

なお、もしあなた自身で確定申告する場合は、

会計ソフトを使うとかんたんに申告ができます。

安くて使いやすい、おススメのソフトを

コチラに纏めたので、

良ければご確認いただけますでしょうか。
佐野佐野

当サイトでは、副業に関するお得な情報を発信しています。税金やノウハウなどの情報も多いので、参考にしてみてくださいね。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前

アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。


●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする