あなたは、このように考えたことは

ありませんか?
  1. 儲かる仕事をしたい!
  2. でも、何をやったら儲かるんだろう?
  3. 儲かる仕事をやるために、気をつけることとは?
 

仕事内容やキツさは変わらないけど

年収やボーナスが全然違う、

という仕事が世の中にはたくさんあります。

 

そういったすごく儲かる仕事を見つける上で

欠かせない重要な視点が、

実は4つあります。

 

なぜ儲かるのかという理由

知っておくことで、あなたも

本当の意味ですごく儲かる仕事を知れるのです。

あなた(男)あなた(男)

儲かる仕事を見つけるコツがあるんだね!


佐野佐野

はい。だからこの記事では、儲かる仕事を見つける方法やおすすめの副業を紹介しますね


儲かる仕事を見つける方法

儲かる仕事の見つけ方

まず最初にお伝えしたいのが、

具体的にどのようにして

すごく儲かる仕事を見つけるのか

ということです。

 

これにはいくつか方法があるのですが、

基本的には下記の4つを抑えましょう。

  1. 業界・市場規模を知ること
  2. 競争率や参入障壁の高さを知ること
  3. その仕事に将来性はあるのか
  4. その仕事の平均年収を知る
 

すごく儲かる仕事には、

必ず儲かる理由があります。

その理由を紐解くにあたり、

この4つの分析が役に立つのです。

 

それぞれ詳しく解説しますね!

 

業界や市場の大きさを知る

まずは業界・市場の分析をしましょう。

なぜなら、一定の規模がないと

絶対に儲かることがないからです。

具体的には、客単価という考え方です。

 

例えば、駄菓子屋のターゲットは

お小遣いを持っている子どもですよね。

 

一人当たりの客単価は100円とすると

1日100人がお店に来ても

1日の売り上げは1万円しかありません。

 

これにお店の賃料や仕入れ、人件費など

諸々の費用を除くと、

全く儲からないと分かります。

 

駄菓子屋は極端な例ですが

客単価が低いと儲けるのは難しいです。 


また、単に客単価に注目しすぎても

市場規模が小さいと無意味です。

 

たとえ客単価1万円でも

国内での需要が少ない市場なら

1ヶ月に1〜2人しか買わないなど、

売り上げに繋がらないからです。

 

業界の客単価と市場規模の

バランスが取れているかを

チェックしてくださいね。

競争率や参入障壁の高さを知る

事前にビジネスの競争率と、

参入障壁のチェックも欠かせません。

 

まず、競争率に関しては

同じようなビジネスをしている会社が

他にどれくらいいるのか調べます。

 

自分がやろうとしていることを

既にやっている会社が多ければ

儲けるようになるまで

非常に時間がかかります。

 

なぜなら、ライバルのパイを

奪う必要があるからです。

 

既存のビジネスはパイを奪うことで

収益を大きく伸ばすことができますが

競合が少なければ

未開拓の顧客にリーチできます。

 

つまり、競争率が低い方が

少ないコストで収益を上げられる

ということです。

 

その上で注目したいのが

参入障壁です。


これはビジネスを始めるための


準備がしやすいかどうか、ということ。

 

例えば、難関資格が必要な独占業務なら

参入障壁が高くてライバルが少ないです。

 

近所に病院がない、法律事務所がないなど

その地域で需要が高ければ、

競争しなくても儲かる見込みがあります。

 

病院や法律事務所は国家資格が必要なので

参入障壁が高い例ですね。

 

他にも、機材を買ったり

工場を保有したりなどの、

初期費用がかかるビジネスも

参入障壁が高いです。

悩む佐野悩む佐野

競争率が低くて、参入障壁が高い仕事ほど自由に単価を設定しやすいので儲かりやすいんですね。


将来性があると大きく稼げる可能性が高い

将来性があると大きく稼げる可能性が高い

将来性というのは、今後もその仕事が

必要とされる可能性があるか

ということです。


多くの仕事では、AIの発展により


仕事が機械で代用できるとされ、

将来性が見えない状況です。

 

そうなれば、

たとえ参入障壁が高い仕事でも

人間がやる必要がなければ

人件費を抑えるために

AIなどの機械で代用されてしまいます。


一方で、AIの開発や


社内にシステムを導入する

ITエンジニアの需要は伸び続けます。

 

今後、我々の予想よりも

急速にAI技術が発展すれば

エンジニアの需要も急増し、

今よりもっと儲かる仕事になるでしょう。

 

もっとも、今でも十分エンジニアは

すごく儲かる仕事ですけどね。

これに関しては、

次で紹介する平均年収も

参考にしてみてください。

平均年収の高い職業に就く

単純な話ですが、すごく儲かる仕事は


平均年収を見ればすぐに分かります。


参考までに、職種別ランキングを見ると、
2019年版「311職種のモデル年収平均ランキング」1位は3年連続で「システムアナリスト」(1,396万円)となり、2位「コンサルタント(経営戦略)」(1,260万円)、3位「臨床開発モニター(CRA)」(975万円)が続きます。
引用:マイナビ転職

1位は3年間同じ職種です。

 

どの職種も専門性の高い仕事であり、

将来性も高いことが分かります。

これらの職種は今後も継続して、

儲かる見込みがあると言えますね。

 

重要な考え方として、

「AIに代替されやすいか」

に注目してみてください。


年収平均ランキングの上位には、


クリエイティブな仕事などの

独創的な発想が求められるような

職種も多く見受けられます。

 

このような感性はAIには難しいです。

一方、大量のデータ処理や計算などの

数字を扱う仕事はAIの得意分野です。

佐野佐野

この側面を踏まえてデータを見れば、平均年収が今は高くても10年後にどうなっているのかはある程度予想ができるはずですね。


副業で儲かる仕事を始めるのがおすすめ

まずは副業から

一口にすごく儲かる仕事と言っても、

簡単にその仕事ができるとは限りませんよね。


そこで最もおすすめな方法は、


儲かる副業を始めることです。

副業であれば誰でもできますし、

今の仕事を辞める必要もありません。

 

基本的にはノーリスクなので

儲かる副業に挑戦しましょう!

 

おすすめの副業は下記の通りです。
  1. 在宅ワーク
  2. ブログ・アフィリエイト
  3. せどり・転売ビジネス
  4. ネットショップ運営
  5. プロ家庭教師
それぞれ解説しますね

 

専門スキルを身につけて在宅ワーク

今の時代ですと、インターネットがあれば

会社にいなくても仕事が可能です。
特にWeb関係の仕事であれば

在宅で完結する仕事も多いので、

Webに関する専門スキルを磨いて

仕事を獲得できれば儲かります。


どれくらい稼げるかは


専門スキルによって異なります。

デザインやコーディングができれば

サイト制作の仕事が受注できます。

 

サイト制作なら、1件10万円程度

受注することも可能です。

1ヶ月に1件納品するだけでも

年収は120万円ほど上がります。

 

もっと高度なスキルであれば

アプリケーションの開発もできます。

プログラミングができれば

在宅での仕事も幅が広がります。

 

他にも、ウェブサイトの記事を書く

Webライターの仕事もおすすめです。

プログラミング等の知識も不要で

簡単に始められるのが魅力ですね。

ブログ・アフィリエイト

自身でブログを立ち上げたり、

アフィリエイトを副業にしてみるのも

儲かる仕事と言えます。

サイトに広告を貼ることで


アクセス数に応じた広告収入を

稼ぐことができます。

 

ブログであれば、読者をファン化して

メルマガやオンラインサロンといった

コミュニティの勧誘にも使えます。

 

アフィリエイトであれば、

サイトやSNSを利用して集客し、

広告を紹介して報酬を得られます。

 

これらは在宅ワークと違い、

労働時間に関わらず収入を得られます。

アクセス数が増えればさらに稼げるので

すごく儲かる副業なんですね。

ただ、稼ぐのは簡単ではありません。


正しい集客方法を行わないと


全くサイトのアクセスが伸びません。

ですがうまく集客ができれば、

1ヶ月に30万円以上は稼げるでしょう。

せどり・転売ビジネス

せどりなどの転売ビジネスも

儲かる副業として人気を集めています。
販売単価が安い商品を取り扱うのであれば、

数をこなすことで月5万〜10万円は

初心者でもせどりで充分に稼げます。

 

また、売れ筋商品やプレミア価格など

特定ジャンルの徹底したリサーチと

最適な量の仕入れを行えれば

月50万円を稼ぐのも可能です。


そして、せどりのメリットは稼げるまでの


スピードが早いビジネスということ。

「なるべく早く稼ぎたい」

という人にはおすすめですね。

 

せどりをやっている人の実態を

コチラに詳しく纏めました。

良ければご確認いただけますでしょうか。

ネットショップ運営


ネットショップ運営とは、

商品の仕入れから販売までを

自身の運営するWebサイトで

一貫して行うビジネスです。

 

自社商品を開発することができれば

仲介を介さずに売れるので、

高い利益が見込める副業です。

 

一般的な収入の目安を説明すると、

月商100万円のネットショップなら、

手取りは大体30万円前後です。

 

仕入れやサーバー代などの

経費が6割くらいかかってしまいますが

それでも30万円以上は稼げるので

すごく儲かる副業と言えますね。

プロ家庭教師

家庭教師の中でも特に稼いでいる

プロ家庭教師という仕事があります。
これは塾講師や私立学校の職員など

教育系の仕事をしている人が

家庭教師をしている際に

名乗ることが多いです。

 

もちろん教育系の仕事経験がなくても

社会人で専業で行う人のことを

プロ家庭教師と呼ぶこともあります。

 

家庭教師は指導力が必要なので

アルバイトでも高時給な仕事ですよね。


当然プロ家庭教師も儲かる副業です。


指導歴がある先生であれば、

 

時給5千円〜1万円も夢じゃありません。

ただし派遣会社を経由すると

手取りはやや少なくなります。

 

ですので、個人契約が取れれば

仲介会社を通さずに

契約してしまう方法もあります。


時給1万円なら、マージンを引かれず


そのまま手取りになるので

すごく儲かる副業になりますよ。

 

儲かる仕事をやるときの注意点、気をつけるべきこととは

儲かる仕事の注意点


「儲かる仕事がしたい」


と考えている人にありがちなのが

情報収集が足りないことです。

 

儲けるにはそれだけ努力が必要で、

ちょっと調べた程度では、

稼げるようにはなりません。

 

インターネットや本で調べるのはもちろん

周囲の人に相談したり

セミナーに参加して勉強してみるのも

すごく儲かる仕事をするために必要です。

さらに気を付けたいのが、

儲かる仕事の情報を餌にして

高額な教材を買わせる詐欺です。


儲かる情報を求める人を狙って、


情報弱者が引っかかってしまうような

詐欺情報に注意してください。

佐野佐野

必ず信頼できる情報源かどうか確認して、情報収集を行ってくださいね。


まとめ:儲かる仕事を見つけて人生にゆとりを持とう

以上が儲かる仕事の紹介でした。

仕事を変えるのもいいですし

起業や副業もおすすめです。

 

特に副業はノーリスクなので

すごく儲かる仕事がしたい人は、

今すぐにでも行動に移してみましょう。

 

収入が今よりも増えれば、

人生にゆとりが生まれますからね。

佐野佐野

当サイトでは、儲かる仕事を見つける上で役立つ情報を発信しているので、こまめにチェックしてみてくださいね。

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする