この記事を読んでいるあなたは、

こんな疑問や悩みを持っていませんか?
  • 卸販売をしたいけど、始め方がわからない・・・
  • 卸売業と商社、小売業って何が違うの?
  • そもそも卸売って何?
 

どれも聞いたことはある言葉だけど、

きちんと違いを説明するのは

なかなか難しいですよね・・・。

その気持ちは私、佐野もよくわかります。

 

また、実際に卸売を始めてみたいと思っても

これまたわからないことだらけ・・・

でも初めはみんな同じですので大丈夫ですよ!

 

この記事は卸売について知りたいあなたに向けて、
  1. 卸売業とは何か
  2. 卸売業と商社の違いは何か
  3. 卸売業と小売業の違いは何か
  4. 卸売業を始める際にすべきこと
をお伝えしていきたいと思っています。

 

初心者の方にも分かっていただけるよう、

できる限り丁寧に解説してきます。

あなたもこの機会に、ぜひご覧くださいね♬

佐野佐野

販売ビジネスを拡大する際には、卸の知識を持っている方が断然有利です。まずはその第一歩としてこの記事で勉強してみてくださいね!

卸売(販売)業とは何か?

悩んで困っている男性

あなた(女)あなた(女)

卸売業って何だろう?難しそう・・・



卸売業のというのは、

「メーカーから調達して小売業者へ売る」

業種を指します。

 

私たち消費者とは直接関係がないので、

おそらくあなたも馴染みがないですよね?

でも、きっちり解説するので大丈夫です!

 

それでは、
  1. 卸売業者が担っている役割
  2. 卸売業者が行っている業務内容
をより具体的に見ていきましょう。

 

卸売業の役割

卸売業者の役割は、既にお伝えしたとおりで

「メーカーから商品を調達して小売店へ売る」

ことです。

 

ただ、今回はより詳しく見ていきたいので、

役割を以下の3つに分類しました。
  1. 商品を調達して小売業者へ流す
  2. メーカーの資金的負担を軽減させる
  3. メーカーと小売業者へ有益な情報を提供する
 

それぞれの役割を業務内容ともに確認していきましょう。

 

卸売の業務内容

まず1つ目の

「メーカーから商品を調達して小売業者へ流す」

についてです。

 

卸売業者が存在しなかったら

流通がどうなるのかを考えてみましょう。

 

つまり、スーパーや小さい商店が製造元から

直接調達するという状況です。

 

その場合、一度に大量に注文しなければなりません。

 

それは小さな商店でも大きめもスーパーでも同じです。

では仮に小さい商店で、同じ製品を数千点仕入れた場合、

どうなると思いますか?

もちろん売れ残って困りますよね?

 

そういった状況を起こさないためにも

卸売業者が製造元から大量に買って、

小分けにして小売業者に販売しているわけですね。

 

続いて、2つ目の

「メーカーの資金的負担を軽減させる」

について見ていきましょう。

 

製造元にとって卸売業者は

大量に商品を買ってくれる強い味方です。

 

しかも消費者の手に商品が届く前に

購入代金を支払ってもらえるので、

仮に小売店で商品が売れ残ったとしても

製造元会社自身は金銭的なダメージを受けずに済みます。

佐野佐野

そのため、製造元は自社の資金を次の製品開発に素早く投資でき、より良い製品を開発することに専念できるわけです。



最後に3つ目の

「メーカーと小売業者へ有益な情報を提供する」

について見ていきましょう。

 

卸売業者は製造元と小売業者の

間に入っているので、どちらの情報も

握っているわけです。

 

製造元に対しては小売業者から得た情報、

つまり現場でどういった製品が売れているのか

教えることができます。

 

逆に小売業者に対しては製造元から得た情報、

つまり新製品の情報や製造元会社内で売れ筋の商品

教えることができます。

 

両者から有益な情報を吸い上げて、

提供するのも卸売業者の役割の1つです。

 

卸売業と商社の違いは何か?

卸売業と商社の違いは何か?

あなた(男)あなた(男)

商社も製造元と小売業者の間にいるよね?卸売業者と何が違うの?



確かに商社と卸売業者の

置かれているポジションは似ており、

違いがわかりにくいかもしれませんね。

 

では、
  1. 商社が担っている役割
  2. 商社が行っている業務内容
  3. 卸売業者と商社の違い
をより具体的に見ていきましょう。

 

商社の役割

商社の主な役割は、

「売り手と買い手をマッチングさせ、

売買に対するアドバイス等を行う」

ことです。

 

では業務内容について

見ていきましょう。

 

商社の業務内容

現在の商社に問われているのは、

「商社を利用する付加価値とは何か」

という点です。

 

商社はモノを右から左に流し、

仲介手数料を抜いているだけ。

 

こういった意見は常にあり、

中には「商社不要論」を唱える人までいます。

 

確かに製造元の会社側が必要な原料を

独自に入手しようと舵を切れば

商社の協力を仰がなくても

ビジネスは継続できます。

 

そのため、商社は「バリューチェーン」

という付加価値を提示して存続を図っています。

佐野佐野

このバリューチェーンとは何か?金属資源を使う製造業を例に見ていきましょう。



従来の商社の場合、金属資源をを売りたい会社と

それを買いたい会社をマッチングさせて輸入等の

手続きをサポートするに留まっていました。

 

一方、バリューチェーンの考えを持っている商社は

金属資源を一旦子会社等に流して、

使いやすい形に加工してから引き渡しています。

 

今回は金属資源を例にしましたが、

このように何かしらの価値を付加することが

現在の商社に求められている仕事です。

 

卸売業と商社の違い

卸売業者は「物流」をメインに扱います。

製造元から実物の商品を調達して、

小売業者に売るという仕事でしたね。

 

一方の商社は「商流」がメインです。

売り手と買い手をマッチングさせて、

諸々の手続きを仲介する。

これが仕事であり、実際に商品を取り扱いません。

 

つまり、両者の大きな違いは

商品を実際手元に仕入れるかどうか

という部分にあります。

 

卸売業と小売業の違いは何か?

疑問を投げかける男性

あなた(女)あなた(女)

卸売に商社、小売・・・言葉がたくさん出てきたけど、違いがわからないな~



小売業というのは、

「卸業者から調達して消費者へ売る」

業種を指します。

 

もちろん卸売業者を通さずに、

製造元から直接調達する場合もありますが、

そういったケースは一般的ではないので

今回はあまり気にしなくて良いでしょう。

 

スーパーやコンビニなどが小売業者の代表例です。

そう考えると、先ほどご紹介した卸売業者よりも

私たちにとっては身近で馴染みがあるので

理解しやすいですよね?

 

それでは、
  1. 小売業者が担っている役割
  2. 小売業者が行っている業務内容
  3. 卸売業と小売業の違い
をより具体的に見ていきましょう。

 

小売業の役割

小売業の役割は?と聞かれてすぐ出てくるのは、

「消費者に対して商品を売ること」

かと思います。

 

コレはもちろん正解です。

間違っていませんが、

今回は小売業者の役割をより深く細かく

見ていきましょう。

 

代表的な役割は以下のとおりです。
  1. いつでもどこでも様々な商品を提供する
  2. あなたの代わりに商品を保管する
  3. 地域貢献
 

一言だと意味が理解できないかと思いますので、

その役割を担う業務内容を

詳しく解説していきますね。

 

小売業の業務内容

1つ目の「いつでもどこでも様々な商品を提供する」ですが、

もし気軽に利用できる小売店が

ない世界だったらどうでしょう?

 

野菜や米は農家から購入し、

肉は加工業者から購入しなければなりません。

食品を集めるだけでも苦労しますよね?

 

もちろん卸売業者から買うという手もありますが、

いずれにせよ家の近くにあるわけではなく大変です。

 

ですので、小売業者というのは

私たち消費者の代わりに商品を買い集め、

販売してくれているわけです。

あなた(男)あなた(男)

農家や食品工場などへわざわざ出向く手間を省いてくれているわけで、よくよく考えると本当にありがたいでよね。



また、もし旅行や出張で県外へ

行った場合はどうでしょう?

 

ジュースやお菓子を気軽に買える店がないので、

全て事前に準備して持っていかなければなりません。

悩む佐野悩む佐野

もし小売業者がいなかったら、今では考えられないほどに不便な世の中になっているでしょう。



では次に2つ目の

「あなたの代わりに商品を保管する」ですが、

なぜ大量の食料を家に溜め込んでおく必要がないか

考えたことはありますか?

 

もちろん冷蔵庫や部屋のサイズに上限があるから

という理由もありますが、最も大きい理由は

スーパーなどの小売店に行けば簡単に

食料を買えるからではないでしょうか?

 

つまり、あなたの代わりに食料品を

備蓄しておいてくれているとも考えられますよね。

 

最後に3つ目の「地域貢献」についてです。

例えばスーパーに行くと、地元の児童が描いた

絵が飾られているのを見かけませんか?

 

もしくは地域のおじいさんおばあさんの

ちょっとした交流の場になっているお店も

あるかもしれませんね。

 

もちろん様々な食料品が買える

ということ自体が十分に地域貢献と言えますが、

それ以外にも様々な価値をその地域に対して

提供してくれているわけです。

 

卸売業と小売業の違い

卸売業と小売業の違い

既におわかりかと思いますが、

改めて卸売業と小売業の違いを

確認しましょう。

 

卸売業は、

「メーカーから買ってて小売業者へ」商品を流す役割

 

小売業は、

「卸売業者から買って消費者へ」商品を流す役割

 

もちろん今までご紹介してきたとおり、

細かい部分で様々な役割の違いがあります。

 

ただ、最も大きな違いは上記の内容のとおりで

「取引をする相手が異なる」という点です。

 

あなたが卸販売を始めるときにやるべき事とは

指をさす女性

卸販売を始める際にやるべきことは

以下のとおりです。
  1. 仕入先を見つける
  2. ウェブサイトを作る
  3. 販売先を見つける
 

販売先ですが、以下の方法で探してみてください。
  1. メールや問い合わせフォームで営業する
  2. 小売店が見る可能性が高い場所に広告を出す
  3. BtoBの卸サイトに登録する
 

コチラの記事では、卸から仕入れる際に

オススメのサイトを紹介しています。

小売店側の視点を知ることは、

卸売を行う際にきっと役立つはずですよ!

あわせてご確認いただけますでしょうか。
 

また、あなたは国外からの仕入れにも

興味があるかもしれませんね。

 

選択肢がグッと広がるとともに、

国内から仕入れるよりも

安く済む可能性もあります。

あわせてご確認いただけますでしょうか。  

まとめ

今回は卸売業や小売などの

流通について知りたい方に向けて、

基本的な情報やそれぞれの役割の違いを

お伝えしてきました。

 

では内容を改めてまとめますね。
  1. 卸売業は「メーカーから商品を調達して小売店へ流す」
  2. 商社は「買い手と売り手の仲介を行う」
  3. 卸売業は物流、商社は商流を主に扱う
  4. 小売業は「卸から商品を買って消費者へ流す」
  5. 卸販売をするなら「仕入先と販売先確保、サイト作成」を実施
 

ただ、知識が備わっても

稼ぐために必要なマインドがないと、

思ったほど稼げない可能性があります。

 

特に、ビジネス初心者のあなたは

コチラもあわせてご確認いただけますでしょうか。
佐野佐野

流通の世界はもっともっと奥が深いです。この記事で基礎的な内容を理解できた後も、道は長いです。がんばりましょうね!

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする