『Amazonアカウントを利用制限しています』

というメールがあなたには届いていませんか?

実はそのメール、

amazonの公式になりすました偽の通知メールです。

 

要するに詐欺行為なのですが、

メールの内容やリンク先は巧妙に

amazonの公式を似せて作られているんです。

 

とはいえ、きちんと公式のamazonからのメールもあるので、

全て無視すればいいわけでもありませんよね…。

安全にAmazonを使うためにも、

本物と偽メールを見抜く必要があります。

 

そのためこの記事では、

「amazonになりすました偽のメールを見抜く方法」

を詳しくご紹介します。

佐野佐野

これを読めば、偽メールは簡単に見抜くことができますよ!
万が一、偽メールを開いてしまった時の対処法もご紹介するのでご安心下さい。


「amazonアカウントを利用制限しています」という偽メールに注意

「amazonアカウントを利用制限しています」という偽メールに注意

冒頭でもお伝えしましたが、amazonでせどりをする人は

「Amazonアカウントを利用停止しています」

という偽メールに気を付ける必要があります。

なぜこのような偽メールが来るのかというと、

せどりで使う自分のamazonアカウントの

 

メールアドレスが公開されているので、

悪用されてしまうのです。

特商法の関係でメースアドレスの記載が必須である以上、

このような悪質な詐欺行為は

今後も気を付けなければいけません。

 

具体的には、「フィッシング詐欺」という

詐欺行為に利用されてしまいます。
このように、詐欺メールの被害は

注意してても引っかかってしまう人が

出てしまいます。

偽メールはフィッシング詐欺に利用される

フィッシング詐欺とは、

送信元やメール内容を偽って、

受信者にメールを開かせて

個人情報を盗む行為です。

今回紹介している

 

amazonの通知メールのように

「アカウント利用制限」などの

緊急性を装う文面で不安を煽り、

受信者が焦ってメールを開いてしまうという

巧妙な手口の詐欺行為なのです。

 

メールの中にあるリンク先のページを

フィッシングサイトと言い、

そのサイトで個人情報を

入力させるのが目的です。

amazonの偽メールも、

 

フィッシングサイトにはアカウント情報や

クレジットカードの番号を

入力させる項目があります。

なりすましに気付かずに、

 

「アカウントが停止されてしまう!」

と焦って個人情報を入力してしまうと、

その個人情報が悪用されてしまうのです。

偽メールが届いたときの正しい対処法

偽メールが届いたときの正しい対処法

amazonから偽のメールが届いたら、

メールを開く前にまずは下記の対処をしてください。
  1. amazonアカウントを確認
  2. 差出人を確認
  3. メールを削除
佐野佐野

これだけで簡単に対処できるので安心してくださいね!


自分のAmazonアカウントにログインする

まずは本当に自分のアカウントが

利用制限を受けているのか、

amazonにログインして確認してみましょう。

この時、メールは絶対に開かずに、

アプリやWebサイトから

 

amazonにアクセスしてください。

アクセスして無事に利用できれば、

その通知メールは偽物だと分かります。

偽メールの送信元を確認して開かずに削除する

念のため、偽メールの送信元も

確認しておきましょう。

フィッシング詐欺の場合、

でたらめなアドレスを使っているので、

送信元のアドレスを確認するだけで

 

見抜くことができます。

偽メールだと分かれば、

メールを開かないで削除してしまいます。

メールを開くだけで

ウイルスに感染する可能性もありますからね…。

悩む佐野悩む佐野

ちなみに、偽メールのアドレスを受信拒否してもアドレスはコロコロ変わるのであまり意味はないでしょう。


偽メールを開いてしまった場合

「既にメールを開いてしまった」

「メールのリンク先に飛んでしまった」

という人は、落ち着いて下記手順で対処してください。

 
  1. amazonアカウントのログインパスワードを変更
  2. クレジットカードを利用停止する
 

まず最初に、amazonアカウントの情報流出の対策をします。

ログインする際に必要な

パスワードを変更することで、

不正利用を防ぐことができます。

 

フィッシングサイトで

クレジットカードの情報を

入力してしまった場合、

 

クレジットカード会社に連絡して、

クレジットカードの利用停止手続き

をなるべく早く行いましょう。

amazon公式と偽メールを見分ける方法

amazon公式と偽メールを見分ける方法

佐野佐野

最も簡単な偽メールの見分け方は、メールの送信元のアドレスを確認する方法ですよ。


送信元を確認する

送信元はamazon公式のアドレスと照合すれば

公式か偽物かの区別ができるでしょう。

ただ、amazonはいくつかのアドレスがあるので、

フィッシングメールか疑わしい場合は、

公式の送信アドレス一覧に

 

目を通しておきましょう。

amazon公式の送信情報一覧

amazon公式からのメールは、

下記のアドレスから送られます。

amazon公式の送信情報一覧
<Eメールを送信する場合>

amazon.co.jp
amazon.jp
amazon.com
amazonbusiness.jp
email.amazon.com
marketplace.amazon.co.jp
m.marketplace.amazon.co.jp
gc.email.amazon.co.jp
gc.amazon.co.jp
payments.amazon.co.jp

<SMSを送信する場合>

09090097540
08021585817
01085264515445
Amazon
TheDrop

<サービス、その他>

Amazonショッピングアプリ
LINEアプリ
引用:amazon.co.jp

 

これらのアドレス以外から、

「Amazonアカウントを利用制限しています」

といったメールが来ても、

それは偽メールだと分かります。

 

偽メールのリンクにアクセスするとどうなるのか

偽メールのリンクにアクセスするとどうなるのか

もしもフィッシングサイトに

アクセスしてしまったらどうなるのか

気になる人も多いと思います。

今回のamazonアカウント

利用停止メールの場合だと

 

フィッシング詐欺の典型的な

個人情報の抜き取りが行われます。

具体的には、個人情報入力画面に遷移されます。
冷静に見れば、「いきなり個人情報を入力するなんて怪しい」

と気づくかもしれません。

 

ただ、アカウントが停止すると

Amazonで買うことも売ることも一切出来なくなるので、

それに危機を感じて焦ってしまいます。

あなた(女)あなた(女)

人の焦りや不安に付け込むことで詐欺行為に引っかかる人が増えてしまうんですね。


個人情報入力画面に遷移する

メールにあるリンクをクリックすると、

amazonにそっくりのWebサイトに飛ばされます。

ページには、『アカウントが停止されました』

という危機感を煽る通知文章が大きく表示され、

利用停止を解除するために、

 

住所やクレジットカード情報の

入力フォームが表示されます。
これはあくまでも一例で、

他にも存在しないページに飛ばされたりと、

フィッシング詐欺の業者によって

色々な事例が報告されています。

 

皆さんはくれぐれも偽メールのリンクを

クリックしてアクセスしないようにしてくださいね。

(まとめ)Amazonアカウント利用制限メールは落ち着いて対処しよう

今回は偽物のamazonアカウント

利用制限メールを見分ける方法

を解説しました。

 

注意して欲しいのが、

フィッシング詐欺は手口が変化

していくので、今回は大丈夫でも、

次また危ない目に遭うかもしれません。

 

amazonを使う以上、

アドレスの記載は欠かせないので

個人が偽メールを見抜けるように、

個人のリテラシーを高める必要があるんですね。

佐野佐野

また別の詐欺メールが来るかもしれないので、念のためこのページをブックマークしておいてくださいね。

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする