Amazon,eBay
 

転売に挑戦しようと思った時、
  1. Amazon(アマゾン)に出品すべきか
  2. それとも、eBay(イーベイ)に出品すべきか
悩む方は多いのではないでしょうか?

 

結論からお伝えすると、

「Amazonを絶対に使った方が良い!」

「必ずeBayを使うべきだ!」などと

ハッキリとはいえません。

 

ですが、こまかく項目別で見ると

「〇〇の方が優れている」ということが

いえるようになります。

 

そこで今回は
  1. 5つの項目で見たAmazonとeBayの違い
  2. それぞれのメリット・デメリットとは
  3. どちらが初心者向きなのか?
などについて説明していきます。

佐野佐野

今回お伝えすることを最後まで読めば、あなたに合うのがAmazonとebayどちらなのか、スッキリ分かりますよ♬


豪華11大特典付き

AmazonとeBayの違いとは?

AmazonとeBayの違いとは?

まず、AmazonとeBay

それぞれどのような違いがあるのか

以下の5つの項目別に紹介していきます。

 
  1. サイトの趣旨
  2. 参入障壁
  3. アカウント停止・凍結のリスク
  4. 売れる価格
  5. キャッシュフロー
 

しっかりポイントを

おさえておきましょうね!

 

サイトの趣旨

まず、AmazonとeBayでは

サイトの趣旨が違います。

 

セラーとしてAmazonやeBayを

利用するのであれば、趣旨の違いが

さまざまな部分に影響を与えますので

正しく理解しておきましょう

 

サイトの趣旨の違いは以下の通りです。
AmazoneBay
種類通販サイトオークションサイト
取り扱い商品新品がメイン中古品がメイン
大きな目的Amazon本体が商品を販売して儲けるためのサイトセラーに販売してもらうことがメインなサイト
 

参入障壁

参入障壁の違いは以下のようになっています。
AmazoneBay
出品数制限制限なし制限あり
制限の内容・すぐに数万〜数十万品を出品することが可能・最初は月間10品/月間合計500ドル
・出品枠を広げるための「リミットアップ交渉(30日毎に1回)」を行い、少しずつ枠を広げる必要がある
 

カスタマーサポートに

電話やメールなどで連絡をして、

リミットアップ交渉を行います

 

この時、英語で交渉します

とはいえ、

代行サービスもあるため

英語が苦手な方でも安心ですね♬

 

アカウント停止・凍結

アカウント停止・凍結を受けると

販売できなくなるため

しっかり覚えておきましょう

 
AmazoneBay
停止通知の方法くわしい理由が伝えられずに突然停止、凍結される理由がわかる形で通知される
提出される理由くわしい理由を伝えられないebayの特定のルールに違反
停止される例・過去に停止、凍結を受けたセラーと共通点があると判断されたとき
・無在庫転売
・禁止商品の販売
・不適切な言動 
 

売れる価格

売れる価格は以下の通りです。
AmazoneBay
売れる価格基本的に最低価格最低価格でなくてもOK
理由最低価格でないと上位表示されない出品したばかり、または終了時間が近いと上位表示されやすい
 

加えてeBayは

オークションサイトなため

価格交渉が可能となっています。

 

また、最低価格ではなくても

交渉を受け入れる設定にしておけば

購入される確率が高くなるという

特徴もありますよ^^

 

キャッシュフロー

キャッシュフローは以下の通りです。

 
AmazoneBay
入金までの時間2週間毎に入金される仕組み基本的に即入金
保留条件・売上が急に上がったからなど、何かと入金が保留されることが多い
・アカウントが停止・凍結されると最長で90日間入金されないケースもある
eBayを利用したばかりだと、売れてから21日間資金が保留される 
 

このように

キャッシュフローはeBayの方が

優れていますね。

 

Amazonで売るメリット・デメリットとは?

Amazon,メリット,デメリット

ここまでのお話を一旦まとめて、

Amazonのメリットとデメリット

紹介していきますね。

 

Amazonのメリット

  1. リミットアップがないため、大量に出品することが可能
  2. 出品手数料がない
  3. Amazon FBAが利用可能
  4. 売れ筋商品になれば売上が安定
 

Amazonのデメリット

  1. ライバルが多いため、価格競争が起きやすい
  2. 出品するのにカテゴリー申請が必要なケースがある
  3. 商品の魅力を十分伝えることができない
  4. eBayと比較するとアカウントが停止・凍結されやすい
 

eBayで売るメリット・デメリットとは?

eBay,メリット,デメリット

続いて、

eBayのメリットとデメリット

紹介していきます。

eBayのメリット

  1. Amazonと比較するとライバルが少ない
  2. 禁止方品を出品しない限りアカウント停止・凍結されにくい
  3. 日本のセラーは信頼を得やすい
  4. 越境EC進出サポートがしっかりしている
  5. eBayバイヤーのメールアドレスが取得できる
 

eBayのデメリット

  1. 商品のジャンルが多く料金設定が複雑
  2. 売れ筋商品がオークションサイトならではの商品が多い
  3. 大量に出品できない
  4. リミットアップが必要
  5. 出品手数料がかかる
 

結局、AmazonとeBayどっちがいいの?

結局AmazonとeBayどっちがいいの?

AmazonとeBayを比較して表にまとめると、

以下のようになります。

 
AmazoneBay
米オンラインショップ全体のシェア率・集客力49.1%
集客力はAmazonの圧勝
6.6%
新品の売りやすさ人気商品の新品を販売するならAmazonの方が売れるeBayでも売れるがAmazonほどではない
中古の売れやすさAmazonでも売れるがeBayほどではない商品状態を詳細に説明でき、購入者も中古品を求めているためeBayの方が売れる
出品数制限制限なし制限あり
最初は月間10品/月間合計500ドル
顧客の作りやすさほとんど顧客がつくことはないあなたから購入したいと思うユーザーもいるため顧客を作りやすい
薄利多売Amazon FBAを使用した薄利多売にかなり向いているeBayでもできるがAmazonほどではない
高額商品売れるが、トラブルがあるとすぐに返金されるため知らないバイヤーに販売するのは不安この出品者から購入しているという意識が高いため信頼関係ができていると高額商品を購入してもらいやすい
キャッシュフロー2週間毎に入金即入金
アカウント維持するのは難易度が高いいきなり退場させられることはなく、その前に注意してもらえる
 

eBayでは詐欺などの

トラブルが横行していることもあり、

購入者が安心して購入できる環境を作るため

昔からやっている

セラーが優遇される傾向があります

 

そのため、初心者に対して

最初は月10品/合計500ドルまでと

厳しい出品制限があります

 

出品数を増やすためには

リミットアップを行う必要があります。

その際、

英語で対応しなければいけません。

 

このような背景もあり

転売初心者であれば

Amazonからスタートすることを

おススメします

まとめ

これまで

AmazonとeBayについて説明してきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

今回紹介した要点をまとめると

以下のようになります。

 
  1. Amazonは通販サイト、eBayはオークションサイト
  2. Amazonの方が集客力がある
  3. Amazonの方が参入障壁が低い
  4. eBayの方がアカウント停止・凍結されにくい
  5. eBayの方が最低価格でなくても売れやすく、キャッシュフローがいい
 

総合すると
  1. Amazonは多少リスクがあるが、すぐに大きな成果を出しやすい
  2. eBayは低リスクだが、成果がでるまでに時間を要する
といえるでしょう。

佐野佐野

ちなみに佐野はAmazonを使って、年商1億円をわずか2年弱で達成しました。Amazonで稼げたやり方や11個の特典を無料でプレゼントしていますので、よろしければコチラからご登録くださいね。

豪華11大特典付き
個別コンサルティングの詳細はこちらシュアーズ佐野公式Youtube 登録はこちら

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、
副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。


また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催

【日時・締切日】
毎月第2日曜日:13時~14時
毎月第3日曜日:13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする