自営業の副業


あなたには、こんな悩みがないでしょうか
  • 「いまサラリーマンだけど、これから自営業になって副業がしたい」
  • 「逆に、いまは自営業なんだけど別の仕事も副業として始めたい」
  • 「どんな副業だと稼ぎやすいんだろう?」
 

自営業の副業は、

あまり慣れていない人も多く、

社会保険や雇用保険などが

気になる人もいるでしょう。

 

また、自営業の副業は

本業の妨げにならないよう

時間をかけたくないものです。

 

そこでこの記事では、自営業の副業で

効果的に稼ぐ方法や、

無理なく副業する方法をあなたに詳しく

教えたいと思います。

佐野佐野

いくつか副業をする前に注意すべき点もじつはあります。注意点も含めてあなたにすべて教えますね!


書籍プレゼント

会社員が自営業の副業をするのはあり?

会社員が副業しても大丈夫?

自営業の人が副業をするときに

さまざまなことが気になるでしょう。
  1. 社会保険に加入できるか
  2. 雇用保険に加入できるか
  3. 年末調整はどうなるのか
  4. 会社にバレる可能性はあるのか
 

これらの点を確認しておかなければ、

トラブルにもなりかねないため、

1つずつ解説しますね!

 

社会保険に加入できるか

自営業の人が副業をする場合、

社会保険に加入できるかどうか

1つの課題になります。

 

自営業の場合、

国民健康保険しか利用できず、

保険料が高いため、

加入できるなら加入したいもの。

 

副業でも加入条件を満たしていれば、

社会保険が適用できます。

あなた(女)

国民年金も厚生年金に変えられます。


雇用保険に加入できるか

自営業が雇用保険に加入できるか

どうかも気になるでしょう。

 

結論を言えば、雇用保険には

ほとんどの場合加入できず

加入するメリットもありません

 

自営業を本業としている場合

雇用保険には加入できません。

 

自営業を副業として、

その仕事が本業の場合であれば、

雇用保険に加入できます。

 

ただし、雇用保険に加入していても、

自営業をしている場合、失業したときの

失業保険は利用できません

佐野佐野

実質的に雇用保険に加入するメリットはないため、加入しない方がよいでしょう。


年末調整はどうなるのか

自営業者の場合、気になるのは年末調整です。

 

税金の問題を自分で

処理する必要があるため、

確認したいものでしょう。

 

年末調整は自営業者の本業以外に、

副業で収入を得ていて、

かつ源泉徴収が行われている場合

年末調整が行われることがあります。

 

年末調整が行われた場合、

年末調整時の収入含め、

申告する必要があります

 

会社にバレる可能性はあるのか

会社員が個人事業主として副業する場合、

会社にバレる可能性が気になる人もいるでしょう。

 

会社の中には副業禁止のところもあり、

そのような企業にバレれば大きな問題になります。

 

自営業として副業する場合、

会社にバレる可能性をさげる方法はあります。

やり方をコチラの記事にすべて纏めましたよ♬  

また、副業をする場合20万以上の

収入がある場合は確定申告が必要になります。

確定申告しないというのはNGです。

 

申告漏れはいつか税務署にバレるため、

会社にバレるよりもリスクが高いです。

悩む佐野悩む佐野

脱税で逮捕される可能性も……。


自営業の人が副業をするのはあり?なし?

副業の注意点

「自営業の人が副業をするのはありなの?」

そう気になる人もいるでしょう。

 

自営業の副業については、

以下のように言えます。
  1. お金に困っているなら副業もあり
  2. 副業でリスク分散できる
それぞれのポイントについて

次で解説します。

 

お金に困っているなら副業もあり

自営業としていまの収入だと

お金に困っている場合

副業をするのも選択肢としてアリです。

 

アルバイトをしながら、

自営業をすることで、

将来的な自立を目指せます。

 

ただし、アルバイトなどの場合は、

将来的にメリットが薄いため、

いずれは辞めることを

視野に入れましょう。

 

副業でリスク分散できる

アルバイト以外の副業は

リスク分散という観点でおススメです。

 

本業を1つにしている場合、

社会情勢などの何らかの事情で

仕事がなくなったときに、

無収入になるリスクがあります。

 

しかし、副業として収入があれば、

本業が立ち行かなくなった場合も、

リカバリーできます。

あなた(女)

転ばぬ先の杖というやつだね!


自営業の人におススメの副業3選

自営業の人は副業OK?

「自営業の人が無理なく

できる副業が知りたい」

そうお悩みではないでしょうか。

 

副業としてできるものの例としては

以下のものが挙げられます。
  1. ライティング
  2. 動画製作
  3. せどり
それぞれのメリットとデメリットについて

次で解説します。

 

ライティング

自営業の副業として

WEBライティングはおススメです。

 

SEO対策の重要性は大きく、

WEBライティングのスキルを生かし、

本業の広報活動などに活用できます。

 

クラウドソーシングを利用すれば、

在宅でもできることは魅力です。

 

ただし、本格的に稼ぐとなると、

作業効率やスキルが求められるため、

初心者にはハードルが高いでしょう。

 

動画製作

動画製作も副業のおススメの1つです。

 

近年YouTubeなど、

動画の需要は大きい反面、

スキルが求められるため、

供給量が現状追いついていません

 

そのため、動画編集のスキルがあれば、

副業として稼げるでしょう。

 

しかし、動画編集のスキルが

求められるため、スキルがない場合は

おススメできません。

あなた(男)

本業がおろそかになったら元も子もないよね……。


せどり(転売)

せどりは自営業の副業の中でも

おススメできる方法です。

 

せどりは他で仕入れた商品を

より高く売るビジネスのことです。

 

チケット転売などで逮捕された事例もあるため、

違法なのではと不安に感じるかもしれません。

 

しかし適切な商品であれば、違法ではなく、

隙間時間を使って稼げます

 

副業でせどりがおススメな理由は?

せどりがおススメな理由

自営業の人が副業として稼ぐのに

おススメなのは、以下の理由があります。
  1. 隙間時間で作業できる
  2. スキルが不要
  3. 元手がほとんど必要ない
これらの理由があるため、

本業の邪魔にならずに稼げます。

 

隙間時間で作業できる

せどりが自営業の副業におススメなのは、

隙間時間で作業できるからです。

 

自営業で本業をしている場合、

本業に時間を使う必要があるため、

あまり副業に時間を使いたくない人

多いでしょう。

 

せどりであれば、副業の中でも、

隙間時間での作業が可能なため、

本業の妨げになりません。

 

スキルが不要

せどりが自営業の副業におススメなのは、

特別なスキルが不要だからです。

 

アルバイトを除く副業で

手軽に稼げるものは

スキルが求められるものばかり。

 

そのため、スキルがない人の場合は

稼ぎにくいことが多いでしょう。

 

せどりであれば、

スキルは必要ないため、無理なく稼げます。

 

元手がほとんど必要ない

せどりが自営業の副業に

おススメなのは、

元手がほとんど必要ないからです。

 

自営業で本業がある人の場合、

本業に元手を使いたいもの。

 

そのため、副業に元手が必要な場合、

十分なリソースが避けないこともあるでしょう。

 

せどりであれば、回転率の低い商品を扱うことで、

元手をあまりかけずに稼げます

 

まとめ

この記事では自営業がせどりをするときに

注意する点やおススメの副業を紹介しました。

 

自営業の人が副業をする場合、

アルバイトも選択肢です。

 

しかし時間拘束が長く、

稼ぎにも不安がありますし、

将来にも繋がりにくいです。

 

せどりであれば、スキルも不要で、

かつ隙間時間を活用できるため、

本業の合間でも作業できます。

 

「自営業だが、副業で稼げる方法がほしい」

という場合はぜひせどり

検討してみてください。

せどりの具体的な始め方は

コチラにすべて纏まっています。
佐野佐野

自営業の副業として何か迷ったら、まずは行動してみましょう。行動して見えてくることがありますよ

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前

アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。


●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする