収入を増やす5つの方法
 

ダブルワークに興味のあるあなたは、

こんな不安を抱えてはいませんか?
  • なかなか収入が上がらず現在の生活が不満
  • 一つの仕事だけじゃ収入が足りない・・・
  • 将来に不安があるため、ダブルワークを考えている
 

収入をあげるための手段として、

ダブルワークをはじめることはおススメです。

 

ただ、ダブルワークってすごく大変そう!

というイメージもありますよね。

 

実際、かんたんではありませんし、

覚えるまでには時間がかかります。

ですが、成功したときの喜びや

収入の増加の方というメリットは大きいです。

 

まずはダブルワークのメリットと

デメリットを理解して、

あなたの目指す方向を決めましょう。

 

そこで今回は、ダブルワークの詳細と

おススメの3選をすべてあなたに教えますね。

佐野佐野

収入を増やしたい方や、ダブルワークに悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。



なお、動画でも今回の記事をお話しているので、

動画派の方はコチラをご覧ください。



 
書籍プレゼント

ダブルワークとは

ダブルワークとは?

 

「ダブルワーク」の意味は、

分かりやすくいうと2つの仕事を

掛け持ちしていることです。

 

本業の収入を補填するという定義があり、

基本は本業、その傍で別の仕事をする事を

ダブルワークと言います。

 

政府が打ち出した「働き方改革」により

近年、会社でダブルワークや副業OKの

企業が増えつつあります。

 

それに伴い、本業の会社員とは別に

収入先を確保する人も増えてきました。

中には、「トリプルワーク」と呼ばれる

3つの仕事を掛け持ちしている人もいます。

 

実際、会社員のみの収入は上限があります。

今の収入以上のお金を稼ぐのは難しく、

逆に給与が下がったという話は珍しくありません。

 

最近では、コロナウィルスの影響で

会社の倒産や大規模なリストラがあり

クビになったサラリーマンが後を経ちません。

 

感染拡大が終息に向かっても

また、このような事態が起こるやもしれません。

 

収入アップ以外でも、そういった社会情勢に

飲まれない対策として、もう一つの収入先を

確保しておくのは必要なことだと言えます。

 

主なダブルワークの職種

 

さまざまなダブルワークの職種が

ありますが、主に人気なのは以下の3つです。

 
  1. 内職
  2. アルバイトや派遣
  3. スマホやパソコンを活用したネットビジネス
 

一般的に、本業後に出来る仕事を

探している人が多いように思います。

 

例えば、好きな時間に作業を出来る

仕事であれば内職。

少しお小遣い稼ぎ程度であれば

稼ぐことが可能です。

 

その次に、アルバイトは

働ける時間によって職種が異なります。

 

コンビニや倉庫作業、ラウンジの受付など

さまざまな職種でアルバイト求人をしています。

最近では、夜でも事務職を募集している

ところがあります。

 

派遣であれば、長期契約または短期(短時間)を

選ぶことができ、すぐにお金が必要な場合

派遣会社に登録をしておくと

その日に日払いで働ける職場を紹介されます。

 

また、スマホを活用して収入を得ることが可能です。

せどり(転売)やモニターなどネットを利用して

稼ぐ方法は多種多様にあります。

 

例えば、モニターなら試作化粧品の試供や

エステの体験などがあり、ただ働くだけでは

なく日頃の疲れを癒しながら収入を

得る方法もあるのです。

 

どの職種がいいか悩んだときは、

あなたが働ける時間や日数を

考慮して本業のスケジュールに支障が

ない職種を選択するようにしてくださいね!

佐野佐野

この後、あなたの状況に最適な働き方を具体的にアドバイスします。楽しみにしててくださいね♬


ダブルワークをするには?

 

選択した職種によって異なりますが、

面接が必要なアルバイトや契約社員などは

履歴書を準備したうえで、求人申込みをすれば

直ぐに企業の方から面接の日程確認の連絡がきます。

 

履歴書は、虚偽の内容がないように

学歴、志望動機、希望勤務日数を

書けば問題ありません。

 

志望動機の内容に悩んだときは、

Googleで「志望動機 例」で検索すると

見本が出てくるので参考にしてみて下さい。

面接にふさわしい服装も一緒に

参考にしておくと面接官の印象も

グッとあがりますよ♬

 

副業とダブルワークの違いは?

ダブルワークと副業の違いは?

 

そもそも、副業とダブルワーク

並んで使われることの多い両者、

違いは何なのでしょうか?

 

よくわからない方も多いでしょう。

実際のところ、大きな違いはありません。

 

どちらも、本業以外に収入を得るため

働くことを指しています。

 

ただ、副業については正社員のように

フルタイムの仕事にすでについている

という前提があります。

 

それに対してダブルワーク

アルバイトやフリーランスなど

正社員ではなかったり、

不定期の仕事についていたりする

場合に使われることが多いようです。

 

ただ、どちらにせよ

正社員として働いている場合には

副業・ダブルワーク分が

年間20万を越えると

確定申告と、課税義務が生じます。

 

主婦や学生の方で

複数、あるいは不定期の仕事から

収入を得ている場合

年間103万円以上の収入を超えると

同様に義務が生じます。

佐野佐野

現在の税金の範囲で、または課税されずに仕事をしたい場合は、面倒ではありますが収益を計算する必要があります。


あなたがダブルワークをするメリット

あなたがダブルワークをするメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、こうやって書くと

ダブルワークをすることには

デメリットが多いのでは、

と思う方もいるかもしれません。

 

実際は、メリットのほうが多いといえます。

メリットは大きく分けると以下3つです。

 
  1. 収入アップ
  2. 暇な時間をおカネに変えられる
  3. 時間管理の仕方が身につく
 

それぞれ詳しくみていきましょう!

 

収入アップ

 

一つはもちろん収入アップ

特にアルバイトなど

時間で収入が決まるような働き方の場合

働けば働く分だけ、収入や年収が上がります。

 

生活にも余裕が出るようになるので

貯金を作ることも可能になるのです。

 

今まで、余裕がなかったから諦めたものを

我慢する必要がなくなり、今の職場に

不満があるのなら転職を検討できるのが

ダブルワークの最大のメリットだと言えます。

 

暇な時間をおカネに変えることができる

暇な時間がお金に変わる

 

二つ目は

時間を有効活用できるということ。

ダブルワークであれば、一日の無駄な時間

ちょっとした空いた時間を

おカネに変えることもできます。

 

時間管理の仕方が身につく

 

ダブルワークで収入が上がっても、

本業がおざなりになっては

いけない場合もあります。

 

働きすぎて体を壊してしまっては

すべてが無駄になってしまいます。

何より大切なのがきちんと時間管理することです。

 

2つの勤務時間を上手くコントロール

すれば、自分の時間を確保することが可能です。

 

無理なシフトを組まずに

休息をつくる時間を確保するには

時間管理をシッカリ管理するようにして下さい。

佐野佐野

ただ、ダブルワークすることによって、キッチリした時間管理のすべを体感的に身に着けることができれば、仮にダブルワークをしなくなったとしても、その能力を本業や趣味など他のことにいかせるでしょう。


逆に、ダブルワークをするデメリットとは?

ダブルワークのデメリット

 

ダブルワークには3つのデメリットがあります。

    今なら11個の豪華特典を無料でプレゼント中

    mail_matsu
    特典の受け取りは、LINEなので
    お忘れなくご登録ください!


    毎月1名限定のコンサルティングはお早めにどうぞ!

    コメントを残す