すべて暴露!ふるさと納税で転売する4つのコツと注意点とは?


ふるさと納税の転売に興味のあるあなたは、

このような疑問をお持ちではありませんか。
  • ふるさと納税した商品を転売して稼げないかな?
  • 転売するには、どのような返礼品を選べば良いの?
  • ふるさと納税を使った転売の注意点を知りたい…
 

各自治体に寄付をすることで

返礼品を受け取れるふるさと納税。

オークションでは「返礼品」が

売られているのを見かけます。

 

そもそも、ふるさと納税の

転売は違法じゃないの・・・?

と考える人もいるでしょう。

 

そのことについて結論から話すと、

転売することに法律上の問題はないようです

 

あなたのよく知るメルカリでも、

草津温泉感謝券」が

額面の90%で取引されています。

 

草津温泉感謝券

 

ご覧ください。

すぐに売り切れなるほどの人気です。

 

ですが、こういった事態が続くと

自治体側は好ましくない状況になるため、

今後は規制を強化されるでしょう。

 

本来、ふるさと納税を転売する行為は

すべて自己責任となるものです。

自分で責任が取れない場合は、

うかつに転売を行うべきではありません。

 

この記事では、
  1. ふるさと納税を使った転売のメリット・デメリット
  2. ふるさと納税を転売で使うときの4つのコツ
  3. ふるさと納税を使った転売の注意点2つ
について詳しく解説していきます。

佐野佐野

ふるさと納税から送られる返礼品は、すべての品が転売可能ではありません。このことについては記事中で詳しくお伝えしているので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。


書籍プレゼント

ふるさと納税を使って転売するメリットは?

ふるさと納税を使って転売するメリットは?

ふるさと納税で転売するメリットは、

正直なところ「あまりない」のが現状です。

 

なぜなら、転売で手に入る現金の額よりも

自分で使用した方が得になるからです。

 

どうしてもその時に現金がほしい!

という場合なら別ですが、

得をするということにマトを絞れば、

損をしてしまう可能性の方が高いのです。

以下の例をご覧ください。

 

例:寄附金10,000円で還元率が50%の返礼品を転売

受け取った5,000円の商品を4,000円で売った場合、

手数料・送料を差し引いて約3,500円を受け取れます。

人によっては、梱包代や交通費などがかかります

 

例を見る限りは

利益がでているように思いますが、

元々の寄付金額を負担していることを

思い出してください。

 

さらにプラスしてかかる手数料

販売する手間も生じます。

また、売れ残るリスクを考えれば

転売する需要は少ないと言えるのです。

 

これなら5,000円分の返礼品を

そのまま使った方がお得ではないでしょうか?

佐野

そう言われてみればたしかに。。。


ふるさと納税の転売でデメリットになること

ふるさと納税の転売でデメリットになること

ふるさと納税転売のデメリットには、

今後、規制をかけられる可能性もある

といったことが挙げられます。

 

2019年以降、返礼品の転売を

よく思わない総務省は、自治体に対して

使用ルールの厳格化を強く要請しています。

 

そんな中で転売をしつづけると、

人気のある返礼品や還元率の高い金券は

続々と規制の対象になるでしょう。

金券自体を無効にされる場合もあります。

 

使えなくなった金券を販売すると、

購入者とのトラブルを招いてしまいます。

ですので、返礼品の規制について

事前によく調べましょう。

 

転売用として返礼品を選ぶ4つのコツとは?

転売用として返礼品を選ぶ4つのコツとは?

どうしても転売したい人のために、

ふるさと納税の転売に役立つ

4つのコツをお伝えします。

 

具体的には、
  1. 高還元率の返礼品を選ぶ
  2. 高還元率でも食べ物は選ばない
  3. 家電製品のような返礼品を探す
  4. 落札比率の高い金券を探す
 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

高還元率の返礼品を選ぶ

転売のメリットでもお伝えしたように、

ふるさと納税の転売に需要は少ないです。

 

それでも現金を手元に残したい人は、

高還元率の返礼品」を選びましょう。

 

洲本温泉 ふるさと納税 転売

 

こちらの商品券は

還元率が50%とかなり高いものになります。

 

しかし、いくら高還元率でも

販売先の規約に触れるものは

選ばないように気をつけましょう。

 

還元率については、「ふるなび」などの

ふるさと納税を紹介するサイトから確認できます。

 

高還元率でも食べ物は選ばない

2つ目に「食べ物は選ばない」ようにします。

食品には高還元率の返礼品も目立ちますが、

衛生面賞味(消費)期限

注意を払わなければいけません。

 

ふるさと納税 転売 食べ物

 

また、食品の種類によっては

販売許可が必要になる場合もあります。

この記事では割合しますが、

許可についての詳細が気になる人は、

お近くの保健所などでご確認くださいね。

 

家電製品のような返礼品を探す

3つ目に「家電製品の返礼品」を探しましょう。

家電製品なら売れ残っても自分で使えますし、

またそれを「中古品」として販売できます。

ふるさと納税 転売 家電

 

返礼品の中にある家電製品には

掃除機オーブントースター

全自動コーヒメーカーなど

とても質の良いものが揃っています。

 

即金性は低いですが、

こちらはおススメしたいジャンルです。

 

落札比率の高い金券を探す

最後に「落札相場の高い金券」を探しましょう。

金券は即金性や換金性の高い返礼品です。

 

たとえば、遊園地などのチケット

還元率も高くメルカリでも人気です。

 

ふるさと納税 転売 メルカリ

 

こちらも単に

還元率の高いものを選ぶのではなく、

落札比率の高いものを

選ぶようにするのがポイントです。

 

しかし、金券は規制が入りやすい

返礼品に当てはまります。

フリマなどで販売する際は、

各自治体からのルールを守りましょう。

 

ふるさと納税を使った転売の注意点とは?

ふるさと納税を使った転売の注意点とは?

ふるさと納税で送られた返礼品では、

転売を禁じている自治体もある

ということに注意しておいてください。

 

法律上の問題はないとしても、

返礼品によっては自治体から

転売禁止を発表されているものがあります。

 

ちょうど記事の冒頭で紹介した

草津温泉感謝券」は、それにあたります。

それにも関わらず転売してしまうと、

損害賠償で対抗されても文句は言えません。

 

どうしても現金を手にしたい人は、

町内の施設飲食店などで現金に換えましょう。

協同組合が窓口となって精算を行います。

 

また返礼品の転売において

古物商許可証は必須ではありませんが、

扱う商品やビジネスモデルによっては

必要になる場合もあります。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。  

【まとめ】

いかがでしたか?

ふるさと納税を使った転売の

メリット・デメリット、

注意点などをお伝えしました。

 

近年、規制やルールが

厳しくなってきているのは、

ふるさと納税が自治体にとっても

大切な財源だからです。

 

以前はアマゾンギフト券のような

返礼品も気軽に現金化できましたが、

2019年以降は総務省によって禁止され、

返礼割合も30%以内の金券に代わりました。

 

一方、転売に関してはグレーゾーンのままです。

今後、ふるさと納税で転売をお考えの場合、

すべては自己責任で行うことを心に止めましょう。

 

他にも転売できそうな商品をお探しでしたら、

こちらの記事を参考にしてください。
佐野佐野

ふるさと納税の返礼品には質の高い商品が揃っています。もしあなたが転売をお考えなら、各自治体の方針に沿って利用しましょう。また、せどり(転売)についてご質問のある方は、お気軽にコチラからご相談くださいね。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前

アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。


●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする