amazon(アマゾン)広告の利用を検討している

初心者のあなたは

こんな疑問や悩みがありませんか?
  1. amazon広告を使うメリットがよくわからない
  2. amazon広告は、どんな種類があるの?
  3. 広告の仕組みを知りたい
 

確かにはじめての人にはわからないことが

たくさんあって、色々不安になるかと思います。

 

そこで今回は、amazon広告初心者のあなたへ
  • amazon広告のメリット・デメリットとは?
  • 広告の4つの種類と、費用はいくらかかるか?
  • 広告の仕組みを種類別に解説!
これらについて解説していきます。

 

広告の仕組みの基本から解説しますので、

この記事を読めばあなたの悩みや疑問が

すべてスッキリ解決できますよ!

佐野佐野

今日ご紹介する内容は初心者の人にも、わかりやすい表現にしています。安心して読んでいただければ幸いです♬


amazon広告を利用するメリットとは?

Amazon広告の メリットは 2つあるよ

amazon広告を利用するメリットには

以下の2つが挙げられます。
  • amazonでショッピング利用をする人が多い
  • 購入目的の人達へアプローチできる
amazon広告の運営者は、この2つの

メリットを得るために利用するのです。

 

amazonでショッピング利用をする人が多い

『amazon』という言葉を聞いて

知らないと答える人の方が少ないのではないでしょうか?

 

それだけamazon経由でショッピング利用をする

人達が多いということなのです。

 

つまりショッピングサイトとして

絶大な規模を誇るamazonで広告運用をすることは

集客にも大きな影響が出るということになります。

 

だからこそamazon広告を利用するメリットがあるのです。

 

購入目的の人達へアプローチできる

amazonから商品を購入する目的の人達へ

アプローチができるのは大きなメリット

だと言えるでしょう。

 

あなたがamazonを利用するのは

気になる商品や欲しい商品を探す目的や

購入する目的がほとんどではないでしょうか?

 

amazonを利用するほとんどの人達が

何かしらの商品を購入するのが

目的である場合が多いのです。

 

そのような人達へ

amazon広告を出稿するということは

ピンポイントでアプローチできるということ

なので商品を購入して欲しい人にとっては

大きなメリットになります。

 

逆に、デメリットは?

逆に、amazon広告を利用するデメリットは?

広告を利用するメリットについては

ご理解いただけたと思います。

 

では、デメリットはないのでしょうか?

当然ですが、デメリットもあります。

 

それはコチラです。
  1. 広告費用がかかる
 

広告費用がかかる

勿論ですが、広告を出稿するので

広告費用がかかります。

 

クリック課金型が基本なので自分で価格設定ができます。

 

しかし費用対効果を得るためには

ある程度の予算投資をすることになります。

 

例えば

1クリック5円の1日100クリックで設定するとしたら

1日の上限が500円になりますよね。

 

500円×1ヶ月(30日間)=15,000円

1ヶ月の広告予算が15,000円になります。

 

この予算で費用対効果が得られなかった場合は

さらに予算をあげることになります。

 

このように広告を利用するには

費用がかかるというデメリットが挙げられます。

 

amazon広告には4つの種類がある

広告の種類は 4つです!

amazon広告と言っても実は種類があります。

それが以下の4つです。
  1. スポンサープロダクト広告
  2. スポンサーブランド広告
  3. スポンサーディスプレイ広告
  4. Amazon DSP
1つずつ解説していきます。

 

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告

この広告は

amazonで検索をした人の検索結果

の下の方へ広告が表示されます。

 

商品を探している購入目的の人が見つけやすいです。

 

この広告を利用することで、費用対効果が高く

はじめて運用される方には、まずこちらをおススメします。

 

広告費用は、広告をクリックされた際に発生します。

 

1回のクリック費用を

オークション形式で運用者が決めます。

 

決めた金額以上の費用を

超えることはないので安心ですね♬

 

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告

この広告は

amazonで検索をした人の検索結果上部に

広告が最大3つまで表示されます。

 

また登録したブランドロゴも一緒に表示します。

 

この広告はブランドを認知されたい人におススメですね。

 

広告費用は、広告をクリックされた際に発生します。

予算の設定も運営者が決められるので

決めた金額以上の費用を超えることはないので安心です。

 

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告

本来、この広告は日本での運用はできませんでした。

日本で運用ができるようになったのは最近の話です。

以前は「商品ディスプレイ広告」と言っていました。

 

この広告は、amazonで検索をした人が

商品をクリックした商品詳細ページに表示されます。

 

広告費用は、広告をクリックされた際に発生します。

1日の入札額と予算の設定も運営者が決められるので

決めた金額以上の費用を超えることはないので安心です。

 

Amazon DSP

Amazon DSP

Amazon DSPについて解説します。

 

これまでのamazon広告はあくまでも

amazonのサイト内で表示される広告でした。

 

しかしAmazon DSPは

amazon以外のサイトからアプローチ

させることができる広告なのです。

 

広告費用は最低料金で150万円の1ヶ月間です。

この広告は高額なので、

誰でもが運用できる広告ではないと言えます。

 

4種類のamazon広告の仕組み

Amazon広告の 仕組みとは?

amazon広告には4種類あるということを解説しました。

 

ここからは4種類のamazon広告の仕組み

について詳しく解説していきます。

 

【仕組み】スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告の

仕組みを解説します。

 

まず、すでに出品をしている商品で

広告掲載したいものをピックアップします。

 

次にその商品の

「関連キーワード」と「クリック単価の上限額」

を、登録することでキャンペーンの作成が

完了する仕組みになっています。

 

広告をクリックした先は商品詳細ページになります。

 

【仕組み】スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告の

仕組みについて解説します。

 

売りたい商品のターゲティングとカテゴリーを選ぶと

Amazonが推奨するカテゴリーを表示してくれます。

 

そのAmazonが推奨してくれるするカテゴリーから

あなたが掲載したいカテゴリーを選ぶことで

キャンペーンの作成が完了する仕組みになっています。

 

広告はAmazonで検索をして飛んだページの

上部・サイド・中央に表示されます。

 

【仕組み】スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告の

仕組みについて解説します。

 

まずオーディエンスと入札額・1日の予算

を決めて、次に売りたい商品を選ぶことで

キャンペーンの作成が完了する仕組みになっています。

 

広告をクリックした先は商品詳細ページになります。

 

この広告の特徴は、AIが学習をするので

掲載広告の最適化を自動でやってくれます。

 

【仕組み】Amazon DSP

Amazon DSPの仕組みについて解説します。

先に挙げた3つの広告とは性質が異なります。

 

このAmazon DSPは、広告を掲載したい人が

直接、運用をすることができません。

 

Amazon DSPを運用できるのは
  • 広告代理店
  • Amazon
このように限られています。

 

先に解説をしていますが

費用は最低150万円からという

簡単には手が出せない金額です。

 

しかも

『Amazon DSP』のアカウントを取得している

広告代理店を通すほかにないので

一般的な広告主では、運用ができない

ということを覚えておいてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は

amazon広告の利用を検討している

初心者のあなたへamazon広告の種類や仕組み

について解説をしてきました。

 

amazon広告には

誰でも利用可能な3つの種類と広告代理店を

通すほかにない『Amazon DSP』の

合わせて4種類あることが理解できたかと思います。

 

この4種類のamazon広告は

それぞれ仕組みが異なります。

表形式で比較したのでご教示いただけますでしょうか。
広告名 料金体系 おススメ
スポンサープロダクト広告 クリック課金型 はじめて広告運用をされる人におススメ
スポンサーブランド広告 クリック課金型 ブランドを認知されたい人におススメ
スポンサーディスプレイ広告 1日の入札額と予算を設定 認知拡大をしたい人へおススメ
Amazon DSP 最低150万円から 一般的な広告には向かない
 

上記にもある通り、

はじめて広告を出す場合はスポンサープロダクトを

使うのがおススメです。

 

スポンサープロダクトを上手く使う

コツをコチラに詳しく纏めました。

良ければあわせてご確認いただけますでしょうか
佐野佐野

amazon広告の運用は、効率的に商品購入者をアプローチできます。amazon広告を有効活用して売り上げアップにつなげてくださいね♬

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする