スマホで撮って サクッと稼ぐ


個人で写真販売をやりたいと考えているあなたは

こんな疑問があるのではないでしょうか?

 
  1. 本当に自分の写真を売って稼げるの?
  2. 個人の写真販売って、どうやるの?
  3. 写真販売で稼ぐコツを知りたい!
 

これまで写真販売といえば、

プロの写真家やフリーのカメラマンしかできない、

というイメージがあったと思います。

 

しかし最近は個人でも写真販売が

簡単にできるようになりました。

 

そこで今回は、個人で写真販売を考えているあなたへ
  • 個人が写真販売をするメリット・デメリット
  • 稼げるおススメの写真販売サイト紹介
  • 個人が写真で稼ぐ為の4つのコツとは?
について詳しく解説します。

 

最近ではプロの写真よりも

個人写真の方が人気が出ています。

 

素人のあなたでも写真を売って稼ぐことが

できるので、この記事を最後まで読んで

写真で稼ぐコツを身につけてほしいと思います。

佐野佐野

写真販売サイトがあるので、個人のあなたでも手軽に写真を売って稼げますよ。初心者のあなたは、最後まで丁寧にこの記事をお読みくださいね♬


書籍プレゼント

個人が写真販売をする3つのメリット

写真を売るとメリットが3つある

 

個人が写真販売をするメリットには

以下の3つが挙げられます。
  1. 初期費用がかからない
  2. スマホ一つで手間いらず
  3. 自分で撮った写真がお金になる
 

一つずつ解説します。

 

初期費用がかからない

写真を販売するには「写真販売サイトへ登録」

をする必要があります。

 

なぜなら、個人で写真販売をする場合

企業などへ売り込んでも買ってくれることはないからです。

 

また1から販売サイトを立ち上げても

売れる可能性は、かなり低いと考えられます。

 

最近の動向は写真販売サイト経由で

必要な写真を購入する方がほとんどだからです。

 

そして個人でも登録ができる写真販売サイトは

ほとんどの場合で登録料が無料です。

スマホさえあれば初期費用はほぼかかりません。

その分、リスクがないのは大きなメリットですね。

 

スマホ一つで手間いらず

写真販売サイトへ登録をすると

誰でも販売ができるようになります。

 

そして、そこへ販売をする写真は

プロのカメラマンのように高額なカメラで

撮影をしたものでなくてもいいのです。

 

素人っぽさが逆に評価される傾向にあるので

スマホで撮影をした画像を、

スマホから登録ができます。

 

要するに特別な機材も技術も何もいらないのです。

必要なのはスマホ1台だけでO Kです。

 

これって個人にしてみたら、

すごく簡単でやりやすいですよね。

だから誰でもすぐにはじめることができるのです。

 

自分で撮った写真がお金になる

やはり個人が写真販売をする一番のメリットは

「自分で撮った写真がお金になる」

ということではないでしょうか!

 

これまで

素人が写真を売るなどということは

発想すらなかったです。

 

しかも特別な機材も技術もなくスマホで撮影した

素人写真が好まれる時代になったのです。

 

スキマ時間にスマホで撮ってサクッと売れる!

本当に良い時代になりました。

 

個人が写真販売をするデメリット

デメリットは 大きく稼げない ことかな

ここまではメリットについて解説してきました。

 

では個人が写真販売をする

デメリットはないのでしょうか?

やはりデメリットもあります。

 

それは
    大きくは稼げない
ことが挙げられます。

 

素人でも写真が売れる時代になり

誰でも簡単に登録ができます。

 

その代わり登録画像数は数百万点にもなっているのです。

 

つまり登録数が多いので、自分が登録をした

写真を見つけてくれる可能性が少ないのです。

 

そのために買ってくれる人が、なかなか現れないのです。

買ってもらわないと収入は発生しません。

だから大きく稼ぐことは難しいのです。

 

個人でも稼げる!おススメの写真販売サイト3選

個人が稼げる写真販売サイト

 

それでは個人でも稼げるおススメの

写真販売サイトをご紹介します。

 

おススメは以下の3つです。
  1. PIXTA
  2. Snapmart(スマップマート)
  3. Shutterstock
 

これから一つずつ詳しく解説しますね。

 

PIXTA

PIXTA

【PIXTAの基本情報】
販売できる素材 写真、イラスト、動画
販売手数料 22%〜58%
審査 あり
売れ筋のジャンル 風景、インテリア、人物、料理、風景
 

PIXTAはプロでも素人でも関係なく販売ができます。

 

登録に必要なのは身分証明書のみです。

 

写真だけではなく

イラストが得意な人はイラストの販売ができ

動画を撮影できる人は動画の販売ができます。

 

【PIXTAで写真を販売するメリット】
  • 他のサイトよりも単価が高い
  • 審査制なので信用される
  • ジャンルが豊富
 

Snapmart(スマップマート)

Snapmart

【Snapmart(スマップマート)の基本情報】
販売できる素材 写真
販売手数料 30%〜60%
審査 なし
売れ筋のジャンル ポーズ、ファッション、食事、男女・複数人
 

Snapmart(スマップマート)は

スマホアプリなので、スマホで撮影をして

そのまま写真の出品ができます。

 

会員登録には「メールアドレス」か

「Facebookアカウント」が必要です。

 

Snapmart(スマップマート)の特徴として、

プロっぽい写真よりも自然な感じの写真の方が

人気があります。

 

【Snapmart(スマップマート)で写真を販売するメリット】
  • 写真の販売価格が決められている
  • 審査がない
  • S N Sで使う写真が好まれる
 

PhotoAC

PhotoAC

【PhotoACの基本情報】
販売できる素材 写真
販売手数料 1ダウンロード2.75円(人物は5円)
審査 あり
売れ筋のジャンル ビジネス、人物、パソコン・スマホ
 

PhotoACは、特にフリーライターの

利用者が多い写真販売サイトです。

 

コチラはジャンルも写真の数も豊富なのですが

なんと無料で写真素材をダウンロードできます。

会員登録は無料なので個人でも気軽に出品ができます。

 

PhotoACの特徴は

出品した写真がダウンロードされると報酬が発生します。

 

またPhotoACでは、日本赤十字社を通して

東日本大震災の義援金へ寄付活動をしているので

社会貢献にもつながります。

 

【PhotoACで写真を販売するメリット】
  • 1作品につき3円ポイントが貯まる
  • 人物写真は10円ポイントが貯まる
  • 利用登録者が圧倒的に多い
 

写真販売で稼ぐ4つのコツとは?

個人の写真で稼ぐ4つのコツ

 

個人が自分で撮影をして

写真販売で稼ぐ為のコツを解説します。

 

個人の写真で稼ぐコツは4つ
  1. コツ①:需要のあるジャンルを選ぶ
  2. コツ②:顔出しできたら稼ぎに差が出る
  3. コツ③:顔出しがダメなら風景で差を出す
  4. コツ④:とにかく数をこなす
 

一つずつ詳しく解説しますね。

 

コツ①:需要のあるジャンルを選ぶ

先ほどおススメの写真販売サイトを3つご紹介しました。

 

写真販売サイトによって

需要のあるジャンルは異なります。

 

その見極めは、各サイトのトップページに

「人気のカテゴリ」「おススメ素材」

として紹介されているので

そちらを参考にすると良いです。

 

しかしある程度「売れ筋のジャンル」はあるので

以下にご紹介しておきます。
  • 人物の写真
  • ビジネス関係の写真
  • フィットネス系の写真
 

コツ②:顔出しできたら稼ぎに差が出る

もしあなたが顔出しOKなら

稼ぎにグンと差が出ますよ!

 

自分以外の撮影は躊躇せずに、誰でも簡単に

できますが、自分の写真を撮って

販売をするのは意外とハードルが高いです。

 

さらにハードルが高いのは顔出しです。

 

モデルさんは仕事と割り切って

顔出しができますが、

素人が顔出しをするのは躊躇します。

 

だから顔出し写真は単価が高いですし

需要もあるので顔出しができる人は稼ぎに差が出るのです。

 

コツ③:顔出しがダメなら風景で差を出す

顔出しはハードルが高いので、顔出しができない人は

風景を撮影して出品するといいです。

 

素人が撮影した風景写真は人気が高いです。

 

その中でも、空の写真や海・山・川などの

何気ない風景写真が好まれます。

 

ドライブや旅行へ行った記念写真とともに

出品用の写真を撮りためておくといいですよ。

 

コツ④:とにかく数をこなす

写真販売サイトで稼ぐには一発狙いはしません。

 

質の良いこだわりの写真を数点出品するよりも

とにかく多くの写真を出品して数をこなす方がいいです。

 

また数をこなす場合は

同じジャンルだけではなくさまざまなジャンルへ

登録をするようにしましょう。

 

数をこなすのは、できる限り人に見つけてもらう

確率を高めるためと写真販売サイトに出品をする

経験を積むためでもあります。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、写真販売を個人でやりたいと考えているあなたへ

稼げる写真販売サイトを3つご紹介し

個人が写真で稼ぐ為のコツを4つ解説してきました。

 

稼げる写真販売サイトは以下の3つ
  • PIXTA
  • Snapmart(スマップマート)
  • Shutterstock
 

稼ぐ為のコツは以下の4つです。
  • コツ①:需要のあるジャンルを選ぶ
  • コツ②:顔出しできたら稼ぎに差が出る
  • コツ③:顔出しがダメなら風景で差を出す
  • コツ④:とにかく数をこなす
もしあなたがはじめて写真販売サイトを

利用するのであれば、

今回お伝えした内容を何度も

読み返していただくことをおススメします!

佐野佐野

この記事では写真販売サイトをご紹介しましたが、写真をスマホで販売したい方にはコチラが参考になりますよ。あわせてご覧くださいね♬

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前

アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。


●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする