メルカリ転売 確定申告


メルカリ転売をしているあなたは

「税金」に気を付けていますか?

 

副業として「転売」をしているけど、

「そもそも確定申告は必要なの?」

ともし思っているのであれば、非常に危険です。

 

確定申告をしていない事が

ばれてしまうと、重加算税」などの

罰則を受けてしまう可能性があります。

 

もちろん、メルカリで転売をしていても

確定申告を必要としない場合もあります。

 

ですが、確定申告を必要とするのか

把握しておけば、面倒なトラブルを

あなたも回避できるようになります。

 

そこで、この記事では、
  • 実際にあった、確定申告をしなかった人の末路
  • メルカリ転売で確定申告が必要なケース
  • メルカリ転売における確定申告の方法
これらをあなたに教えます。

 

メルカリ転売に興味があるあなたは、

最後まで読んで参考にしてみて下さいね。

佐野佐野

この記事でお話しすることは、他人ごとではありません。誰でも気軽にメルカリ転売で稼げるからこそ、あなたも知っておかなければならないのです。最後まで読んで、確定申告にお役立て下さい。


書籍プレゼント

恐怖!確定申告しなかった人の末路とは

税金徴収の怖い話

 

そもそも確定申告とは、

毎年1年間の所得にかかる税金」を計算して

税務署に申告・納税することを指します。

(1月1日〜12月31日までが対象期間)

 

ここでいう所得とは、売上金から経費を

引いた金額のことです。

基本的に、1年間で20万以上の

所得があれば確定申告が必要となります。

確定申告をしなかった人の実例

佐野

そうは言っても、確定申告しなくてもバレないんじゃないの?



もしかして、

あなたもこのように思っているかもしれませんね。

しかし、下手なことをしてもバレるので

必ず確定申告するべきです。

 

ではここで、実際に確定申告しなかった人が

どうなったのか。とある人Aさんの末路を

お話したいと思います。

 

Aさんはあなたと同じようにメルカリで

転売をして稼ぐようになり、

収入を得るようになった時は

「少額だからバレない」

と思っていました。

 

だけどいずれはやってくる、

確定申告はしなければいけないんだ

先延ばしにした結果、

1年半後に税務署の人が自宅に来ました。

 

税務署の人が自宅に来た

 

ピンポンとチャイムが鳴り

モニターを見た瞬間に

「税務署の人だ」

と思ったそうです。

 

「税務署の者です。」

このように言われたら

あなたならどうしますか?

 

居留守を使う、観念する。

この2つしか方法はありません。

ですが、居留守を使ったとしても

税金から逃れられるわけではありません

 

観念して玄関のドアを開けると

名刺を渡されました。

 

この方は「確定申告をしなければいけない」

という事を知らない体で話していました。

 

「平成○○年から○○年までの

確定申告をしていませんよね?」

このように言われ、

確定申告の義務があると伝えてきます。

 

そして書類を渡し、去っていきました。

 

税務署の人が来たら諦めよう

 

このように税務署職員が家に来てしまったら、

諦めて税金を納めるようにしましょう

 

基本的には、個人に対して納税について

話をしにくる場合は、

任意での質問となっています。

しかし、この時に応じなければ、

場合によっては徴収部門の職員が

やってくることもあります。

 

この徴収部門の職員には、

裁判所の発行する令状を持っていなくても

差し押さえができるなど

さまざまな特権を持っています。

 

また、訪問に来る前に

税務署からのお尋ね」という通知書が

お手元に届くはずです。

 

これが意味するところは、

確実に申告していなかった転売収入がバレる

ということです。

 

そのため、諦めて納税に向けて動くことが

一番無難な解決策となります。

 

メルカリの確定申告が必要になるケースとは?

確定申告が必要なケースとは?

 

メルカリで確定申告が必要か否かについては、

利益額で変わってきます

 

この時基準となるのは

売り上げの金額ではなく、

売上から経費を差し引いた利益の金額

あることに注意しましょう。

 

経費とは、「メルカリでの転売の際に

使用する費用」のことです。

 

具体的に該当する経費は、以下の通りです。
  • 商品の送料や手数料
  • 消耗品などの梱包材費用
  • 商品の仕入れ額
  • 店舗回りなどで利用した交通費
 

また、確定申告をしなくていい

上限については、

会社から給料をもらっているか

どうかで上限額が変わります

 

会社からの給料がある場合には

「20万円以上」で、

会社からの給料がない場合には

「38万円以上」で、

それぞれ確定申告が必要となります。

 

また、この際に注意することとしては、

品物の内容があります。

 

というのも、

生活で必要な消耗品・非消耗品や

生活用動産などに関する所得は、

課税対象外となっています。

 

内容としては、

洋服や車などが含まれます。

 

そのため、

これらの商品を取り扱う場合には、

前述した上限金額の計算には

含まれないので注意しましょう。

 

副業に関する経費について

コチラの記事にさらに詳しく纏めました。

ぜひご確認いただけますでしょうか。

副業の経費が認められるものはコレ!3つの主要ネットビジネス別に徹底解説

反対に、確定申告が不要なケースとは?

不要なケース

 

冒頭でもお伝えしましたが、

メルカリで稼いでも確定申告を

する必要がないケースもあります。

 

具体的に以下の通りになります。
  • 所得が20万円以下の場合
  • 個人の不用品を売った場合
 

冒頭でも説明したとおり、

確定申告には「20万円ルール」があるため

所得が20万円以下であれば確定申告は不要です。

 

つまり、20万以上の利益があっても

経費などを差し引いて、「20万以下の利益や

赤字」の人は、確定申告をする必要がないのです。

 

また、個人的に自宅にある不用品や

中古品を販売した場合も確定申告を

する必要はありません。

 

要は、「営利目的」で販売していない人は

確定申告をする必要がないのです。

 

だからと言って、本当は営利目的なのに

不用品販売と偽ってはいけません。

まれに、通報されるケースもあります。

上手く誤魔化せても、必ずバレることを

忘れないようにしてください。

 

メルカリで本気で稼ぐのであれば

確定申告はキチンと行いましょう。

メルカリでの確定申告のやり方

メルカリ 確定申告方法

 

メルカリ転売での確定申告の方法に

ついて見ていきましょう。

 

確定申告の準備は手間がかかりますが、

ここで説明するやり方で準備すれば

スムーズに行うことができますよ♫

 

また、確定申告には

青色申告と白色申告があり

それぞれ経費の枠などが異なります。

 

あなたが使いやすい方を

選択して利用してください。

 

1.収支内訳書の書き方

 

まずは収支内訳書の方から書いていきます。

 

このとき記入が必要な内容としては、
  • 売上
  • 仕入れ
  • 減価償却費
  • 地代や家賃
  • 給与賃金・事業専従者
    などとなっています。

     

    そのため、これらの金額がわかるように

    レシートや領収書、カード明細などを

    キチンと保管しておきましょう。

     

    その後、これらの内訳の合計額と

    それ以外の経費の合計額を記入し、

    所得金額の計算を行います。

     

    また、帳簿が必要となりますが、

    メルカリには「メルペイ」と呼ばれる

    機能があります。

     

    売上金や売上履歴を確認できるので

    他のフリマサイトやオークションサイト

    と比較すると、楽に管理ができますね♫

     

    2.確定申告書第一表の記入

     

    確定申告書第一表の

    (ア)~(サ)と(1)~(58)の連番で説明します。

     

    確定申告書A 第一表

     

    左上から順に、

    まずは収入金額の(ア)の欄と

    所得金額の(1)の欄を、

    収支内訳書を転載して記入します。

     

    その次は、

    所得から差し引かれる金額の欄に、

    それぞれの控除額を計算して記入していきます。

     

    そして、右側の税金の計算に移ります。

     

    (9)の数値から(25)の数値を引くことで(26)を

    計算できます。

     

    その後、所得税額にあたる項目の

    (27)、(38)、(40)を計算します。

    これができたら、(41)の計算をしましょう。

    最後にこれらを足すことによって、

    (42)と(47)の税金の計算が完了します。

     

    3.確定申告書第二表の記入

     

    第二表を記入する場合、

    状況に応じて記入箇所が変わります

     

    確定申告A 第二表

     

    例えば、配偶者や16歳未満の

    扶養家族がいる場合に、

    氏名やマイナンバーの個人番号

    などを記入します。

     

    そのため、

    各種控除証明書などを

    参考に記入しましょう。

     

    節税!メルカリの売上から差し引ける経費は?

    メルカリ 経費

     

    それでは続いて、

    確定申告の際に計上できる経費について

    お話ししておきましょう。

     

    まず、大前提として、

    経費として計上する場合には、

    レシートが必須となります。

    それがなければ、

    一切経費にはできません

     

    経費として計上できるものとしては、

    基本的には以下のようなものになります。
    • 切手代
    • 仕入れ代
    • 送料
    • 通信量(商用部分のみ)
     

    このとき、仕入れ代については

    少し注意が必要です。

     

    というのも、仕入れ代に計上できるのは

    「売れたもの」の仕入れ代だけだからです。

     

    そのため、品物を10個仕入れても

    5個しか売れなければ、

    残り5個の購入費用については

    経費として計上することはできないので

    気をつけるようにしましょう。

     

    また、仕入れ代として計上できるのは

    消費税を抜いた商品価格になりますので

    間違えないようにしましょう。

     

    通信費について、多くの場合には

    プライベートで使用するスマホで

    メルカリを使っている人が多いでしょう。

     

    しかし、経費に計上できるのは、

    メルカリでの転売に使った通信分のみです。

    そのため、申告が非常に難しくなっています。

     

    経費の枠を増やすことができる

     

    さらに経費部分を増やすには、

    個人事業主として開業届を提出する

    という方法もあります。

     

    この場合は、

    たとえば自宅を事務所とすれば

    以下のようなものも経費にできます。
    • 家賃
    • 電気代などの光熱費
     

    このように、

    考え方によってはさまざまなものが

    経費として計上できます。

     

    そのため、

    自分の使用しているものについて

    一度考えた上で、

    税務署などに相談してみるといいでしょう。

     

    確定申告する際の注意点

    確定申告をする際の注意点!

     

    メルカリで稼いだお金を

    確定申告する際に、以下の2点

    に気をつけてください。

     
    • 会社や勤め先にバレる可能性がある
    • 扶養を外れる可能性がある
     

    非常に大切なことなので、

    それぞれ詳しく説明をしていきます。

     

    会社や勤め先にバレる可能性がある

     

    サラリーマン(会社員)や公務員、

    JAに加入する農家の方など

    本業とは別に、「副業先」として

    メルカリを利用する方が年々増えています。

     

    副業OKにしている会社も増えて

    きましたが、まだまだ副業に対して

    禁止している職場も少なくはありません。

     

    あなたの勤め先が副業を認めていれば

    関係のない話ですが、もし、

    認めていない状態で、隠れてメルカリで

    儲けているのであれば危険です・・・

     

    なぜなら、確定申告をすることで

    勤め先にバレる可能性があるからです。

     

    先ほども説明をしましたが、

    もしあなたが、営利な目的で

    年間20万円以上儲けているのなら、

    確定申告が必要となります。

     

    その際に、住民税の課税が発生します。

     

    住民税は、前年度の所得を合算して

    規定の税率をかけて計算され天引きされます。

     

    そのため、本来であれば会社の給与所得のみで

    計算されるはずなのに、副業の収入が加わり

    納税額が高くなることで、給与以外の所得が

    ある事が発覚し、職場にバレてしまうのです。

     

    禁止されている副業を隠れて

    行うのは、非常にリスクが高いです。

    最悪の場合、解雇になることも

    あり得ます。

     

    リスクを承知したうえで、

    副業を行うようにしてください。

     

    扶養を外れる可能性はあるの?

     

    専業主婦やアルバイトさんなど

    家族の扶養に該当するあなたは、

    確定申告をするうえで、

    「扶養を外れなければならないのか?」

    という点を不安に感じいませんか、

     

    結論から言うと、

    「年間103万円を下回る収入」

    得ていなければ、扶養を外れる心配は

    ありません。

     

    例えば、パートの収入が62万円、

    メルカリ転売の収入が40万円の場合、

    転売分の確定申告は必要となりますが、

    合計で103万を下回るため

    扶養を外れる必要はありません。

     

    このように、パートやアルバイトを

    している方は、103万円を超えないように

    せどりの販売利益を抑えたり、

     

    経費を上手く利用したりして

    扶養枠を外れないように気をつけて

    やってみてくださいね。

     

    【まとめ】

     

    ここまでメルカリで

    確定申告をしなかった場合の

    問題などについてお話ししてきました。

     

    たかがメルカリだからと言って

    確定申告をしなければ、

    その先には面倒ごとが待っています。

     

    たしかに確定申告をするのは

    手間が多く、レシートの保管など、

    面倒なことも多いです。

     

    しかし、これを怠ったがために

    犯罪者になってしまうというのは

    あまりにも悲惨ですよね。

     

    そして、税金を払わないことはできなくても、

    経費としての計上などによって、

    支払う税金の金額を最低限に

    抑えることが可能となっています。

     

    そのため、

    面倒だ、税金を払いたくない、

    などと言わず、

    きちんと確定申告をするようにしましょう

     

    この記事を読み終えたら、

    一度あなたが今現在、年間でいくら

    稼いで所得がいくらなのか

    計算をしてみてください。

     

    もし、確定申告が必要な金額であれば

    焦らずに申告の準備ができますし、

    経費を利用して節税ができるはずです。

     

    また、早いうちから必要なものを

    準備しておくと確定申告の時期が

    きても焦らずに対応することができます。

     

    この記事を参考に

    準備をしてみてくださいね。

     

    メルカリに限らず、

    ヤフオクやラクマで稼いでいても

    同様に確定申告が必要となります。

     

    そこで、せどり(転売)で使える

    確定申告についてコチラの記事に

    詳しく纏めたので

    合わせて参考にしてみてください。
    佐野佐野

    確定申告をしないと、後々大変なことになるのをご理解いただけたかと思います。納税は、国民の義務です!もし、あなたが今メルカリで稼いでいるのであれば、シッカリと確定申告をする準備をしてください。

    書籍プレゼント






    【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


    無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

    副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

     

    また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

    仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

    あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
    あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

    但し、適性を見るために、面談前に、事前
    アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

    ●オンライン面談開催

    2名限定募集 ※次回開催日は未定

    【日時・締切日】
    毎月第2日曜日:13時~14時
    毎月第3日曜日:13時~14時
    ※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


    【面談形態】Skype or 電話
    【参加料金】完全無料
    【参加条件】テキスト審査に通過した方


    > → 今すぐお問い合わせをする