まだメーカー仕入れやってないの?初心者でも出来るやり方や注意点がコレ


メーカー仕入れに興味のあるあなたは、

こんな悩みをお持ちではありませんか?
  • メーカー仕入れをしてみたいけど、個人だし、不安だなぁ
  • メーカー仕入れって資金がないとできないんじゃない?
  • そもそも、転売初心者のうちからメーカー仕入れはできるの?
 

メーカー仕入れと聞くと、

“なんだか敷居が高そうだけど憧れる”

といった気持ちになりますね。

 

それに、“自分もやってみたいけど

いきなりは不安だな…”

と感じている人が多いと思います。

 

その不安な気持ち、佐野も理解できます。

 

もちろん最初は不安かもしれませんが、

メーカーせどりを行うことで

あなたは今よりも稼ぎやすくなります。

 

小売店よりも安く仕入れられるので、

ハッキリ言ってやらないのは損です。

 

しかし、いきなりメーカーと

取引するといっても、

どのようにして交渉すればよいのか、

誰に対して販売するのかなど

わかりませんね。

佐野

メーカーと契約するなんて凄くハードルが高そう・・・


佐野佐野

たしかに始めはそう思いますよね。しかし、メーカーや卸売から直接商品を仕入れて売るのは、いまの時代で稼ぐには必須条件となります。基礎を理解すればあなたでも必ずできますよ♬



そこで今回は、メーカー取引のやり方や

メリットとデメリット、そこからわかる

重要なポイントをすべてあなたに

教えますね。

 

なお、今回の記事は

動画でもお話しています。

動画派の方はコチラからご覧ください。





 
書籍プレゼント

目次

そもそも、メーカーから仕入れてAmazonへ転売する「上流仕入れ」とは何か?

おそらくあなたは少なからずAmazonや

楽天市場を使って、販売をしていると

思いますが、

メーカー仕入れとは下図で言うと・・・

メーカー仕入れ、「上流仕入れ」と言われるやり方とは何か?

”0段階”にあたります。

 

なので、卸業者を通さず、

製造業者であるメーカーから

直取引をすることで、

消費者に商品を流通させる流れになります。

 

他方で、国内せどりや中国輸入をする

場合は、上図で言うと、

1段階or2段階を踏んで、

消費者に流通させるのは

ご存じのことでしょう。

 

とりわけ、Amazon含め、せどりとは、

小売業者から仕入れをするので、

一度市場に流れてきたものを仕入れる

わけなので、これってどうなの?

疑問に思う方もいるはずです。

 

だからこそ、そろそろあなたも

メーカー仕入れに着手して真っ当に

通販事業をしてもよいはずです。

 

Amazonでは出品制限がかかっている商品がある

Amazonのせどりをしている人は

ご存じですが、2017年にメーカー規制が

話題を呼びました。

 

その後、2017年末にかけて、新規の

アカウントを中心に、まず警告が出され

単一商品に対して出品制限(簡単に言うと

そのメーカーの商品でせどり禁止)

かけられてきています。

 

(ただし、古いアカウント

の方は問題ない事例が多い)

 

即ち、これは、新規出品者に対する

せどり対策とも言うべきもので、

小売り間の差益が取りにくくなる流れに

なりつるあるのです。

(背景に、中国人のセラー対策とも言われています)

 

メーカ―の出品規制解除をしても

商品ごとに規制がかけられている・・・

 

もはやこの状態が続けば、せどらーが

生きる道が途絶え、卸やメーカーなどの

上流仕入れが必要不可欠になる

ことでしょう。

 

思えば、ヤフオクでも

2017年11月8日から、

チケットの出品に規制が完膚なまでに、

かけられるようになりました。

ヤフオクルール

当然の流れだと思いますが、

知的財産権、商標権、著作権などの

権利ものを転売する行為は、

今後、さらに規制が強まると思います。

 

いよいよせどりで稼ぎにくくなる状態は、

近づきつつあるので、

この記事を読んだら今すぐに、

準備をすることをおススメしておきます。

 

あなたがメーカーから仕入れるメリット

あなたが、メーカーから仕入れるメリット

開拓した後は基本的にリピート仕入れをするだけなので、”楽”

もし、あなたがメーカーと仕入れが

したくて、いったんメーカーと契約を

取ってしまえば、来月も再来月も

同じ仕入れ先から

ずっと仕入れることができます。

 

これってとても楽ですよね?

契約さえ取ってしまえば、

そのメーカーがあなたの直接取引と

なるので、開拓すれば

するほど、あなたの資産が増えていきます。

 

参入障壁が高いためライバルが少ない

通常のせどりと比べて、

メーカー仕入れって、

このようなイメージを持たれがちです。
  • 「参入障壁が高いのでは…」
  • 「契約取るのが難しそう…」
 

そのため、メーカー取引するライバルは

決して多くありません。

 

せどり人口は今や20万人超えと

言われています。

 

ライバルが年々増えていく一方、

”メーカーとの契約やパイプをもつことは、

あなたの大きな武器”となるし、ライバルを

寄せ付けない勝因をつかみ取れる”わけです。

 

掛け率が低い(=安く仕入れができる)

 

あなたもご存じの通り、上流にいけば

いくほど、安く仕入れることができて、

掛け率が低いです。

 

掛け率とは、商品の値段に対しての、

仕入れ値の割合のことです。

 

たとえば、10,000円の7掛けなら7,000円、

3掛けなら3,000円といった形です。

 

メーカーによっては、「掛け率は50です」

といった%で伝えてくる場合も

ありますので、知っておいてください。

 

メーカー仕入れは、この掛け率が

低くなりますが、せどりでまれにある

利益率50%取れる商品はなく、

平均して利益率は15~20%に

なるかと思います。

 

まぁ、メーカーは仕入れが安定するし、

これでも十分ですよね^ ^

 

Amazonの規制による影響を受けにくい

先述したように、2017年以降、Amazonの

出品規制が凄まじい勢いで頻発する中、

 

メーカー仕入れであれば、

『正規の請求書』を発行してもらえます

ので、Amazonから調査が入っても

まったく心配いりません。

 

せどらーさんの中には、請求書などを

偽造したり、作成代行会社なども存在する

ので、そのような組織に、属している

場合は、今すぐ辞めた方がよいでしょう。

 

真っ当にメーカーとビジネスをすることが、

長続きする秘訣でもあるので、

転売ビジネスは、正しく行いましょうね。

 

逆にそのデメリット

逆にそのデメリット

現金仕入れのことが多い

メーカーにもよりますが、基本的に

あなたがメーカーから仕入れをする

ときは、以下のいずれかになります。

 
  1. 先払いの現金振り込み
  2. 代引き払い
  3. 月末締め、翌月末払い
 

すべて現金での仕入れにはなりますが、

月末締め・翌月末払いをしているメーカー

たくさんありますので、その場合は

クレジットでの仕入れとほとんど変わらず

仕入れることができます。

 

ただし、現段階でクレジットカードが使える

業者は数少ないので、知っておきましょう。

 

大手との取引は、

現金が信用取引になります。

というか、それが基本なんですね!

 

開拓するのに多少時間がかかる

メーカー仕入れに挑戦していない人は、

びっくりすると思いますが、たとえば、

”今日メールを送って、

明日契約ができることもある”ので、

1社2社の開拓ならそこまで

時間はかかりません。

 

ただ、せどりのように、

「今日は見込み利益20万でした!」

みたいな仕入れが”即日で”できるわけでは

ないので、念のためお伝えした次第です。

 

メーカー仕入れの契約をしてから、いろいろな

手続きがあるし、当然、商談が前提なので、

”時間がかかる傾向にある”ことを

知っておいてくださいね。

 

メーカーから商品を仕入れる方法

メーカーせどり 仕入れ 方法

実際にメーカーと契約して

商品を仕入れるためには、自分自身で

メーカーに営業をかけて契約を取る必要が

あります。

 

メーカーと交渉をする方法は具体的に
  1. 訪問営業
  2. 電話営業
  3. メールで営業
  4. 展示会でコンタクトを取る
上記の4つです。

 

これらは基礎中の基礎であり、

これができなければそもそも

メーカーから商品を仕入れることが

できません。

 

逆に、どの手法が契約を取りやすいのかを

理解していれば、あなたのメーカーせどりは

スムーズなものになるでしょう。

大切なことなので、それぞれ解説します。

訪問営業

まずは、企業に直接訪問して

商談する方法です。

 

とにかく数をこなすのが重要で、

まずターゲットを絞って、一日で

できるだけ多くの企業に訪問する

必要があります

 

直接訪問は、

アポイントを取らずに企業に直接赴き、

熱意を買っていただくという方法ですが、

正直、佐野はまったくおススメしません。

 

なぜなら、今のご時世、アポなしで

突然来られても、企業の方は忙しいので

非常識な人だな」と思われるだけで

結果は門前払いされる可能性が

非常に高いからです。

 

まずは、事前にアポイントを

取るように心掛けましょう。

 

電話営業

コチラは訪問ではなく、

企業に電話をかけてアポイントを取る

もしくはそのまま営業をかける方法です。

 

インターネットで『株式会社○○』と

調べると代表電話番号が出てくるので

そちらから電話をし、担当者に繋いで貰い

営業をかけます。

 

コチラも直接訪問と同様に、

ターゲットを絞り、1日でいかに多くの

企業とコンタクトを取れるかが重要です。

 

ただ、契約率はそこまで高くありません。

大体5~10%程度です。

そのため、たくさんの会社に電話をかけることが

重要になってきますね。

 

メールで営業

続いては企業担当者にメールを送り、

コンタクトを取る方法です。

 

特に初心者の方にとっては、

この方法がもっとも基本的な手法であり

常識的でもあります。

 

メーカー側もメールであれば

然るべき担当者が定期的に

チェックしてくれます。

 

企業にメールでコンタクトを取る場合は、

まず、そのメーカーのホームページを

閲覧しましょう。

基本的には『問い合わせフォーム』が

ありますのでそこからメールを送ります

 

メールを送る際に重要なのが

担当者にいかにあなたのことを

アピールできるかということです。

 

『その商品を自分であればどれくらい

売れるのか』ということを端的に

送るように心掛けましょう。

 

展示会でコンタクトを取る

最後は、展示会に出向いてメーカー担当者と

コンタクトを取る方法です。

この方法もおススメです。

 

なぜなら、展示会というのは消費者ではなく

商品を販売してくれる企業や個人に向けて

PRするためのイベントだからです。

 

普段はコチラから時間をくださいと企業に

お願いをする立場ですが、展示会の場合は

企業側から「営業に来てください」と

言われているようなものなのです。

 

展示会でコンタクトを取る場合は担当者と

直接お話ができます。ライバルと差をつける

ためには、メールを送る時と同様に、

「その商品を自分ならどれくらい売れます」

というPRを熱意を持って行いましょう。

 

展示会はメーカー仕入れの契約を

取るにあたって、この上ない機会なので

イベント情報は常にリサーチしておき、

可能であれば、

必ず参加するように心掛けましょう。

 

メーカー仕入れを成功させる3つのポイント

メリットとデメリットわかったところで、これらからわかるメーカー仕入れの3つのポイントとは?

これからの時代、メーカー取引は必須

先述したように、Amazonの出品規制は、

年々強化され、請求書の提出依頼

Amazonアカウントの停止など、

日常茶飯事のように頻発しています。

 

そうした中で、メーカーと取り引きして

いれば、万が一Amazonから何か言われて

も、請求書や領収書などの書類をすぐに

提出できるので、安心して

Amazonで販売できます。

 

今までのせどりのやり方でうまくいっている

人でも、ある日突然アカウントの停止や

閉鎖に追い込まれることがあります。

 

長い目で見たときに、メーカーとの取引を

真っ当に進めることは、

もはや必須と言えるでしょう。

 

ターゲットは中小メーカー

あなたが、メーカー仕入れからの~

通販事業をしたくて、取引を結ぼうと

メーカーに連絡しても・・・

 

”大手メーカーは

ほとんど相手にしてくれない”でしょう。

 

良くても、すでに商品を卸している

会社を紹介されるだけです。

 

そこで、狙うのはズバリ

“中小メーカー”です。

Amazonで売れている商品を製造する

中小メーカーは、膨大にあります。

 

中小メーカーに取り引きの相談を積極的に

持ち掛け、契約していくのがおススメです。

 

取引メーカーを増やせば、あなたの資産も増える

メーカーと一度契約すれば、

よほどのミスがない限り、

半永久的に契約が続きます。

 

つまり、取引すればするほど、

あなたの資産(取引メーカー数)

増えていくのです。

 

早く行動した人ほど、

メーカー取引のうま味を味わえるので、

この記事を読んだら直ぐに

行動してみてください。

 

メーカー仕入れでよくある疑問とその回答

よくある質問

最後に、メーカー仕入れについて

佐野がよく質問を受ける内容をお答えして

いきたいと思います。

 

これからメーカー仕入れを

チャレンジされるあなたは、

必ず目を通してくださいね。

自分のホームページはあった方がいいですか?

あった方がいいです。

ホームページの有無であなたの信用度が

変わる可能性があるからです。

 

たとえば、あなたが取引をするか迷っている

会社があるとしましょう。

その会社の評判を調べたい時に、

インターネットで検索してもホームページが

なかったらどう思いますか?

 

無料で作成できるものもありますので

ホームページを持っていない方は

作成しておきましょう。

 

メーカー仕入れ用のメアドはいりますか?

あった方がいいです。

 

理由は、

色んなサイトに登録しているメアドを

使用すると、メーカーからの

メールを見落としやすくなるからです。

 

仮に、契約メーカーが出てくれば

かなりの数のメールでのやり取りをする

ことになってきます。

 

きちんと管理ができるように、

専用のメアドを作成しておきましょう。

名刺は必要ですか?

必ず必要です。

 

なぜなら、上記でも解説した展示会では

名刺がないと入場できない場合がほとんど

ですし、入場できたとしてもメーカーと対面

しての交渉になるため、ビジネスマナー

として名刺が必要だからです。

 

なければ作成しておきましょう。

初心者でいきなりメーカー仕入れにチャレンジしても大丈夫ですか?

寧ろ、チャレンジすることを推奨します。

早期の段階でチャレンジしておけば

安定した仕入先をいち早く作ることが

できるからです。

 

十分な資金があるならぜひスタートして

みてはいかがでしょうか。

一度の発注でどれくらいの量を仕入れますか?

これに関してはメーカーによります。

 

メーカーでも『○○円以上で送料無料』

という条件がある所も多いので

状況に応じて少しでも利益率を上げられる

ように意識して仕入れますね。

 

個数は1つからでも発注可能な場合も

たくさんありますので、メーカー仕入れは

一度で大量に仕入れなければならない

なんてことはありませんよ。

法人ではなく個人でもメーカーと契約はできますか?

もちろん個人事業主として

契約できます。

対面で契約するのですか?

対面の場合もあれば、

契約書の送付でやり取り

することもあります。

どのようにしてメーカーを探すのですか?

佐野独自のルートもありますが、

基本的にはAmazonやカタログから

リサーチしていますよ。

現金取引しかできないのですか?

メーカーによっては現金取引のみの

ところもあります。

資金はしっかりと準備しておきましょう。

【まとめ】

メーカーせどり まとめ

 

メーカー仕入れのメリットとデメリット、

基本が、わかったところで・・・

今後の流れ的にも、”間違いなく、

メーカー仕入れに取り組むべき”です。

 

そうしないと、今後のせどり(転売)業界で

生き残るのは、非常に難しいです。

 

目の前の売上や数字ばかり

追っているうちに、

気づいたらチャンスを逃していた・・・

後発組になっていた・・・なんてことが

ないようにお気をつけください。

 

目先の利益も大事ですが、せどりを

ビジネスや経営と考えているのであれば、

長期的に稼げる仕組みを構築することが、

あなたの生活を豊かにすることにも

繋がります。

佐野佐野

もし、あなたがメーカー仕入れに興味を持ち、もっと詳しいことを知りたい場合には、佐野に個別にご相談ください。メーカー仕入れは早めに取り組むべきですし、個別のコンサルティングでがんがん教えています。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前

アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。


●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする