Amazonで大口販売をする、

シュアーズの佐野です。

 

これからAmazonで転売を始めようと、

販売者登録をしたいと考える時に、

真っ先に悩むであろう壁が・・・

 

それが大口出品にすべきか、

小口出品にすべきか”です。

 

Amazon転売で今後稼いでいく予定なら、

やっぱり大口出品の方がいいかな?

 

でも最初はそんなに販売数多くないし、

何より大口は登録料が高いし・・

最初は小口出品の方がいいのでは?

 

・・・悩みますよね?

 

そこで今回は、Amazonの販売登録は

大口と小口のどちらがいいのか?

明確な違い等をご紹介したいと思います。

 

Amazon販売登録で大口と小口の比較一覧表

まずは、基本的な部分は、以下の早見表を、
見るようにしてくださいね。

 

次に、出品できるカテゴリーの違いや
比較をしたい場合は、以下をご覧ください。

引用元:大口出品と小口出品の違いより

※画像が小さくて見にくいと思うので、
Amazonの公式サイトをご覧ください。

 

Amazon販売で小口と大口の決定的な違いとは?

手数料や月額料金の違い

 

Amazonの小口と大口の大きな違いの一つと

いえるのが、”手数料や月額料金の違い”です。

 

まず大口出品での登録にすると・・・

”月々4900円”かかります。この金額は、

Amazonで商品が販売されようがされまいが

大口出品として登録している間は

確実に差し引かれる金額です。

 

一方で、小口出品の方は、

”月額登録料が無料”になります。

 

ただし、月額登録料こそ無料になりますが、

小口出品の場合は、基本成約料というものがあり

商品が1つ売れるごとに手数料が、

”100円”かかってしまいます。

 

つまり、販売手数料のことを考慮すると

最低でも50商品売れなければ元が、

取れなくなってしまうということになります。

 

Amazonの小口販売は、出品できないカテゴリーがある

あなたが、Amazonで販売をする際に、

小口は大口と違い、出品することのできない

カテゴリーがあります。

 

そのカテゴリーは、以下の通りです。

  • ヘルス・ビューティー
  • コスメ
  • アパレル・シューズ・バッグ
  • ジュエリー
  • ペット用品
  • 食品・飲料品
  • 時計

 

これらのカテゴリーは、大口出品の場合、

申請を出して許可をもらうことが

できれば出品できますが、

小口出品の場合は申請そのものができず、

取り扱い不可のカテゴリーなので、

覚えておくことをおススメしておきます。

 

アマゾンで新規出品が出来るのは大口出品だけか?

 

もし、あなたが、自分だけの新規商品を

アマゾンで販売したいとお考えの場合・・・

Amazonの小口出品の場合は、Amazonに無い

商品は販売することができません。

 

ですので、例えば中国輸入転売などで

中国から安く仕入れることができた商品や

独自商品を、Amazonで販売したい場合・・

 

Amazonに商品カタログがなければ

新規に登録することができないのです。

 

Amazonに商品カタログが無いものは、

小口販売では、当然、自作の、

オリジナル商品も販売はできないので、

こちらも覚えておくことをお勧め致します!

 

ショッピングカートを取ることの意味はわかっていますか?カートは○○販売だけの権利

あなたが、アマゾン転売で稼ぐ為に必要なこと、

それは、”カートを取る”なのですが・・・

 

この言葉、聞いたことありますか?

 

カートを取るとは、購入者が商品を検索した時に

トップページに表示されることを言います。

 

例えばこんな風に、

TOPページに、あなたのお店が掲載される

可能性が高まるわけです。

 

可能性が高いといったのは、

Amazonでは同じ商品を出品している

たくさんのお店の中から一つのお店だけ

商品のトップページに表示するからです。

 

このトップページに表示される状態のことを

「カートを取る」といい、以前は小口出品でも

カートを取ることができましたが、

現在はカートを取るには大口出品でなければできません。

 

またショッピングカートを取るにはFBAと呼ばれる

Amazonが包装・配送などを代行してくれる

サービスがありこの”FBAを利用していた方が、

自己発送出品者よりも、カートを取れる率が格段に上がります”

 

そしてFBAを利用するには、大口出品での

登録でなければなりませんので、ここも

小口出品と大口出品の大きな違いになってきます。

 

配送や支払方法など、お客様へのサービスが充実するのは大口販売です

あなたがお客さんの立場なら、

配送方法や支払方法を選べた方が嬉しくないですか?

 

Amazonの大口販売の場合、配送日時とか

料金などの設定を自由に行うことができます。

 

また支払方法も小口の場合と違い、大口出品なら、

あなたの大切なお客様が、

Edy払いや代金引換やコンビニ決済などを

選べるようになります。

 

小口の場合は、クレジットカードとAmazonの

ギフト券とAmazonショッピングカードのみ

ですので、この部分でも違いが出てくるのです。

 

小口販売は、ビジネスレポートが見れない

あなたが、アマゾンの販売者として活動するなら、

ビジネスレポートが見れないことは、

死活問題かもしれません。。。。

 

あなたがAmazon転売ビジネスを行うなら、

PDCAサイクルを、見直す大切な資料になります。

 

PDCAとはプラン・実行・確認・行動の、

頭文字をとった言葉で、転売ビジネスでも、

大切な考え方でしょう。

 

Amazon転売に限らず、殆どのビジネスは、

計画通りに進むことは確かにありませんが、

計画をすることで考えられるリスクを洗い出し、

ミスや損失があれば、修正を加えることが可能です。

 

ですので、PDCAを考えながら行っていく上で、

ビジネスレポートがないのはデメリットです。

 

ちなみに、Amazonのビジネスレポートは、

とても充実しているという利点があり、

商品ごとの売り上げ数、アクセス数、

訪問者の購入数などが、すべて見やすい表に

まとめてデータとしてチェックすることができます。

 

しかし、このデータを見れるのは、

”大口出品者のみ”です。

 

大口であれば、PDCA理論に基づいて、

Amazon転売ビジネスが透明化されるし、

マーケティングの分析もしやすくなりますね!

 

結局、Amazonで販売する場合、小口と大口、どちらがおススメなのか?

 

一口に大口出品と小口出品と言っても、

出品手数料がかかるだけではなく、

これだけ沢山の違いがあることは分かりましたか?

 

初心者にありがちなのは・・・

最初は販売数も少ないし、利益もないから、

”出品手数料が高い大口出品はやめておこう”

 

というような、安易な考え方で、小口出品に

してしまうと、折角、円滑に転売ビジネスが、

できるチャンスもみすみす逃してしまう、

ことになりかねません。

 

また大口出品では上で、紹介したように

「カートを取る」などの販売を行う上で

重要になってくることがたくさんあります。

 

これから転売を始めようと、

Amazonで登録をするというあなたは

もうどちらがおすすめなのか?

お分かりかと思いますが、声を大にして、

あえて佐野は、はっきり言わせていただきます。

 

”Amazon転売で成功するしないに関わらず、
Amazonでは、大口出品で登録してください。”

 

最初こそ販売手数料など考慮すると、

利益が出にくいかもしれません。むしろ

赤字になってしまう場合もあるかもしれません。

 

しかし、それが半年後、1年後と続いたとき、

あなたは小口出品でAmazonに登録していたら

後悔することになるので、佐野は、

大口出品を強くおススメしている次第です。

 

また、最近では、次のテーマの相談が、

急激に増えています。続きも確りお読みください。

 

仮に小口から始めたとして、小口から大口に移行はできなくなっています

最近になって移行に関する相談を、

物凄く受けるのですが、この相談を受ける度に

だから、最初から大口にしておけばよいのに・・・

と言いたくなってしまいます。

 

これはどういうことなのかというと、

Amazonでは、アカウントの乗っ取り等の、

詐欺業者や不正が多発していることで、

以前はAmazonでも小口から大口への変更はできましたが、

 

”現在、移行は不可になっています。”

 

もう少し詳しくいうと・・・

Amazonのアカウントを乗っ取って

小口出品していた人のアカウントを

大口出品に変更してしまうという、

詐欺被害が続出したからです。

 

そのためにAmazonでは、

対策として小口出品から大口出品に

変更をできなくしています。

 

この措置はいずれアカウントの、乗っ取りが

落ち着いたら、解除されるとは思いますが、

 

今のところこの措置が

解除されるというメドがたっていません。

 

よって最初は転売が軌道に乗せるまでは、

小口出品でいいやと言って登録してしまうと、

いざ転売が軌道に乗り出した時に大口出品に

変更できないという事態になりますので、

くれぐれもご注意ください。

 

まとめ

 

恐らく、あなたは・・・

アマゾンで出品すらしたことがないと思いますが、

Amazonの大口出品登録をするメリットはわかりましたか?

負担ではなく、いかに、円滑にビジネスを行うか?

これに自己投資をすることをお勧めします。

 

まとめますが、あなたが、初心者であっても、

Amazonで転売ビジネスをするのなら

最初から大口出品で登録しましょう。

 

繰り返しますが、小口出品→軌道に乗ったら

大口出品への変更は現状難しいです。

 

将来的にはAmazonの規制が解除され

登録できるようになるかもしれませんが、

そのころには折角の販売チャンスを、

見逃してしまう可能性も高いですし、今後、

新規の大口出品を何らかのハードルを設け、

受け付けをしない可能性もあります。

 

くれぐれもこの記事を読んだら、

お早めに、大口の登録をおススメ致します。

 

佐野佐野

この記事を読んで、大口出品登録が出来たら、私の公式メルマガに登録してみてください。恐らくメルマガの内容にこれでついけいけるともいます。

 

【期間限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、
副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。
また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定
【日時・締切日】
2017年11月11日(土)13時~14時
2017年11月25日(土)13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする