チケット転売


オリンピックチケットの転売に

興味があるあなたには

このような悩みがないでしょうか?

 
  1. オリンピックチケットをうまく転売したい!
  2. オリンピックチケットの転売に違法性はないのか
  3. 合法的に販売する方法はあるの?
 

結論から言うと、

オリンピックチケットの転売で

利益を出すのは違法行為にあたります。

ただ、転売する方法がまったくないわけでは

ありません。

 

この記事ではオリンピックチケットの

転売方法についてできるのか、

違法性や、合法で販売する方法について

徹底的に解説します。

佐野佐野

オリンピックチケットの転売で利益を出すのはハイリスクなのでおススメできません。


書籍プレゼント

オリンピックチケットの転売は可能?

オリンピックチケットを売りたい

そもそもオリンピックチケットの

転売可能でしょうか。

 

簡単にポイントをまとめると

以下の通りです。

 
  1. 公式では禁止されている
  2. 転売チケットだと発覚すると無効になる
  3. フリマアプリの多くでは取り扱い禁止になっている
 

では次で詳しく解説します。

 

公式では禁止されている

オリンピックチケットの転売

公式サイトにて、転売の禁止が明記されています。

 

詳しくは「チケットの取扱いについて(2020年3月30日)

をご確認ください。

それに加え2019年6月から施行された

チケット不正転売禁止法によって

転売を行うのは違法行為であることが明記されています。

悩む佐野悩む佐野

オリンピックチケットの転売は違法行為なので、絶対にやめましょう!


転売チケットだと発覚すると無効になる

オリンピックチケットの転売は転売元だけではなく、

購入側にもデメリットがあります。

 

それは購入したものが不正転売によるものだと

発覚した場合は、チケットが無効になることです。

 

オリンピック会場に入場する際は

本人確認が行われるため、

転売チケットはほぼ確実にバレてしまいます。

 

フリマアプリの多くでは取り扱い禁止になっている

チケット転売はフリマアプリのほとんどで

取り扱いが禁止されています。

 

具体的なサービス名をあげると

以下の通りです。

 
  1. メルカリ
  2. ヤフオク
  3. ラクマ
  4. チケジャム
  5. チケットストリート
  6. チケット流通センター
 

これらのサイトでオリンピックチケットは

取り扱いできません。

 

運営に見つかれば、即削除される恐れも。

あなた(男)

そもそも違法なので当然と言えば当然の対応だね。



悩む佐野悩む佐野

こっそり販売するとしても、販売サイトも限られるため、ネットでの転売難易度はかなりシビアです。


チケット不正転売禁止法とは?その条件は?

チケット転売は違法

オリンピックチケットを

転売できない最大の理由が

チケット不正転売禁止法です。

 

ここでは以下の点を解説します。

 
  1. チケット不正転売禁止法とは
  2. チケット不正転売禁止法だとみなされる条件
  3. 違反したらどうなる?

 

では次で詳しく解説します。

 

チケット不正転売禁止法とは

チケット不正転売禁止法とは、

2019年6月14日から施行された法律です。

 

この法律によって、

チケットの転売は違法行為であることが

明記されました。

出典:「文化庁 チケット不正転売禁止法

 

チケット転売の違法性については

コチラの記事でも詳しく解説しています。

あわせてご覧くださいね。  

チケット不正転売禁止法だとみなされる条件

「でもチケット不正転売禁止法に

引っかからない方法で売れないか」

そう考える人もいるでしょう。

 

チケット不正転売法に引っかかる条件としては

以下のものがあります。

 
  1. 自分と関係のない第三者には販売しない
  2. 大量に出品しない
  3. 高額で販売しない
 

この条件に該当する場合、違法行為と見なされ、

逮捕される可能性があります。

あなた(女)

この条件をすべて満たして転売で利益を出すのは難しいね……。


違反したらどうなる?

「違反したらどうなるのかわからない」

という人もいるでしょう。

 

この法律に違反した場合は

以下の処罰が課せられます。

 
  1. 1年以下の懲役
  2. 100万円以下の罰金
  3. その両方
 

いかに儲けられるオリンピックチケットでも、

捕まれば元も子もありません

佐野佐野

チケット系の転売は場所をとらず、利益率が高いため流行った方法ですが、今おススメできる方法ではありません。


止むを得ずいけなくなった場合は?抜け道はある?

どうしてもチケットが売りたい

本当は行く予定だったけれど、

いけなくなってしまった

そんな場合もあるでしょう。

 

転売目的ではないにしろ、

止むを得ず手放したい場合に、

間違って逮捕されてしまわないか

不安な人もいますよね。

 

止むを得ず手放す場合は

以下の点をおさえて譲渡しましょう。

 
  1. 「来場予定者」の情報を変更し譲渡可能
  2. 公式リセールサイトを利用する
  3. キャンセルはできない
 

この方法で手放せば、チケットを手に入れた側も

受け取る側も安心してチケットのやりとりができますよ。

佐野佐野

あくまで止むをえない方法で、利益を出せる方法ではありません。


「来場予定者」の情報を変更し譲渡可能

オリンピックチケットは

それぞれに名義があります。

 

そのため譲渡する場合は、

名義変更して譲渡すれば、

合法的に譲渡できます。

 

名義はオリンピックの公式サイトの

マイチケット」から変更できます。

 

コチラの情報をオリンピック当日までに

変更しておけば、問題なく譲渡できます。

 

ただしチケットの値段を超えて販売することは禁止

ただし、注意するべき点として

チケットの値段を超えて、

販売することはできません

 

そのため、オリンピックチケットでは

利益を出せないと考えてもよいでしょう。

 

公式リセールサイトの利用

止むをえずオリンピックにいけなくなった場合は、

公式リセールサイトを利用しましょう。

 

コチラの方法であれば、公式が認めているため、

違法性はありません。

 

ただし、チケットの価格は定価での販売で

かつ手数料は出品者が支払うことになります。

あなた(女)

現時点では手数料は明らかになっていません。



また買い手が見つからない可能性もあり、

人気のないものの場合は、売れない可能性

考える必要があります。

 

このサービスは2020年4月時点で

いつ始まるかは明記されていません。

あなた(男)

2020年の春以降に開始予定のため、慌てずに待ちましょう。



悩む佐野悩む佐野

手数料がかかり、利益が出せる方法ではないので、どうしてもいけない場合の選択肢です。


キャンセルはできない

「譲渡先が見つからないので、

キャンセルしたい」

そう考える人もいるでしょう。

 

残念ですが、オリンピックチケットは

購入後キャンセルできません

 

つまり、チケットの代金を

回収したい場合はなんとかして

譲渡先を探す必要があります。

 

(まとめ)オリンピック以外のチケットも転売できないのか?

この記事ではオリンピックチケットの

転売について、その違法性や

適切な譲渡方法について解説しました。

 

オリンピックチケットの転売は

違法であり、売った相手にも迷惑を

かける行為です。

 

そのため、オリンピックチケットの

転売はおススメできません。

 

止むをえない場合は

公式リセールサイトで販売できますが、

利益は出せず、損失しかありません。

 

ただし、オリンピック以外のチケットであれば

合法的に売ることができます。

具体的なやり方やチケットを売れる方法を

すべてコチラに纏めたので、よければ

ご確認いただけますでしょうか。
佐野佐野

リスクを犯さず、安全に売ることが大事ですよ!

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。


あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。


但し、適性を見るために、面談前に、事前

アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。


●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする