Amazonアカウント乗っ取り


じつは、最近アカウントが乗っ取られる

被害が多発しているんです。

 

アカウント乗っ取りと聞くと、

こんな不安や疑問を抱きませんか?
  • 「なぜ、Amazonアカウントが乗っ取りされるの?」
  • 「乗っ取りされるのが怖い…」
  • 「乗っ取りされないための対策方法を知りたい!」
 

アカウント乗っ取りについては

具体的な原因がわからないケースも多いです。

しかし、対策を講じることで乗っ取られる

危険性を低くすることができます。

 

何も知らずにAmazon(アマゾン)を使って、

乗っ取りにあってしまうのは

絶対にイヤですよね…。

 

Amazonアカウントが乗っ取られてしまうのを

避けたいあなたに、今回は
  1. Amazonアカウントが乗っ取りされる3つの原因と事例とは
  2. 万が一、Amazonアカウントが乗っ取りされたときの対応方法とは
  3. 乗っ取られないための4つのコツ
について詳しく解説します。

 

Amazonアカウント乗っ取りの脅威から

身を守るためには、おさえておきたい

内容ばかりです。

ポイントを理解して安全にAmazonを

利用できる環境を自分で守りましょう。

佐野佐野

今回お伝えする内容を実践すれば、乗っ取られる危険性が低くなり、万が一乗っ取られた場合もスムーズに対応できますよ。ぜひ最後まで丁寧にお読みください。


書籍プレゼント

amazonアカウント乗っ取り被害の実例とは?

amazonアカウント乗っ取り被害の事例

 

2017年4月頃にAmazonで

アカウント乗っ取りにより、

格安で商品を販売するように装って、

金銭をだまし取ろうとする問題が

多発していると報じられました。

アカウント乗っ取りの被害

 

アカウントを乗っ取って出品者に

なりすましたもので、この騒動があってから

Amazonの出品者管理画面である

セラーセントラルでは2段階認証を導入しました。

 

日本国内から乗っ取りをしようとすれば

不正アクセスが発覚するため、海外の

事業者の犯行だと見られているそうです。

 

2段階認証が導入されたことで、

乗っ取り被害の拡大は免れたようですが、

現在でも安易なパスワードを設定している

アカウントなどが乗っ取り被害を

受けたケースが報告されています。

 

アカウント乗っ取りの手口も巧妙化していて、

少しでも怪しいメールやツールは

利用しないという慎重さが大切です。

佐野佐野

2段階認証が導入されたからといって、完全に安心できるわけではありません。


amazonのアカウントが乗っ取られる原因とは

アカウントがなぜ乗っ取られてしまうのか解説!

 

アカウントが乗っ取られてしまう

原因として、有名なのは次の3つです。
  1. フィッシングメールから
  2. Amazon関連のツールから
  3. アカウント情報の使い回し
 

フィッシングメールや悪質なツールなどは

手口の巧妙化により、よく見ないと

気が付けないケースも多いので

十分注意しなければなりません

佐野佐野

身に覚えがないようなメールでも、つい開いてしまうような内容なのが悩ましいですね。


フィッシングメールから

Amazonからのメールを装って、

アカウントのログイン情報などの

搾取を目的としているのが

フィッシングメールの特徴です。

 

新しいシステムを導入したという内容で

アカウント情報を入力させたり、

商品購入メールを装ってキャンセル処理の

偽リンクをクリックさせることで、

カード情報やパスワードを搾取します。

 

場合によっては代引きで注文をしたり、

勝手にレビューをしまくったりと、

悪質ないたずらのような被害もあるようです。

 

本物のAmazonを利用した際に

送られてくるメールに限りなく

似た内容で送られてくるものもあるので、

心当たりがないメールは開かずに

削除した方が良いでしょう。

 

Amazon関連のツールから

Amazonへ出品している方の中には

さまざまな補助ツールを使っている方も

多いでしょう。

 

そんなツールの中にも悪質なものが存在し、

アカウント情報はもちろんのこと、

出品データなども利用されてしまいます。

 

有名なツールはアカウント乗っ取りの危険性が

とても低いので、あまり聞き馴染みのない

ツールは利用しないほうが無難でしょう。

 

アカウント情報の使い回し

Amazonに限らずさまざまなサービスや

アプリなどのアカウント情報を

使いまわしてしまうことはありませんか?

 

それぞれに別々のアカウント情報で

登録すると、手間が増えるので

ついつい同じアカウント情報で

登録してしまいがちですがとても危険です。

 

あなたが楽にログインできるということは

他人も簡単にログインできてしまう

可能性があります。

 

特にChromeのオートコンプリート機能など

自動入力されてしまう機能には、

重要なアカウント情報は覚えさせない方が

アカウント乗っ取りの脅威から身を守ることができます。

 

乗っ取られていると気がついたらすべき3つのこと

乗っ取りに気が付いたらやるべき3つのこと

 

万が一アカウントが乗っ取られてしまったら、

早急に対応する必要があります。

 

特に、優先して対応すべきことが次の3つです。
  1. Amazonカスタマーサポートへ連絡
  2. クレジットカード会社へ連絡する
  3. 不正利用されていないか確認する
 

不正利用されているかどうかに

関わらず、適切な対応をとっておくことで

2時被害を防ぐことにつながります。

あなた(男)

クレジットカードの情報が漏れていたら怖いなあ。


佐野佐野

アカウントの乗っ取りに気が付いたら、落ち着いて対応することが大切ですよ。


Amazonカスタマーサポートへ連絡

まずはAmazonのカスタマーサポートへ

連絡をしてアカウントが乗っ取られて

しまった旨を伝えましょう。

 

本人確認のために、以下の情報を尋ねられるので

事前に準備をしておくとスムーズです。
  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • ログイン用のメールアドレス
 

その後はカスタマーサポートが主導して、

必要な手続きを進めてくれます。

 

Amazon側で確認ができる範囲での

被害状況も確認しておくと良いでしょう。

 

クレジットカード会社へ連絡する

基本的にはAmazonでは自分の

アカウントであっても、伏字で

表示されるので、クレカ情報を

取得することはできません。

 

しかし、あなたが想像できないような手口で

クレジットカード情報を取得されてしまう

可能性もあるので念のため、

クレジットカード会社へ連絡して、

利用停止などの処理をしておきましょう。

 

不正利用されていないか確認する

ここが一番気になるとことかもしれませんが、

Amazonのカスタマーサービスへ問い合わせを

した際に不正利用がされていないかどうか、

必ず確認をしましょう。

 

不正利用されている場合はもちろん、

運よく不正利用がなかった場合でも

乗っ取られたアカウントは停止して、

すべて新しい情報を入力しなおしましょう。

 

可能であればこれまで利用していた

クレジットカードは利用せずに、

新しいカードを利用するのが理想です。

 

Amazonアカウントが乗っ取らりされないための4つの対策とは?

アカウントを守るために対策をしておきましょう

 

アカウントが乗っ取られてしまわないよう、

対策を講じることもとても重要です。

 

次の4つの対策をすれば、乗っ取りの被害にあう

可能性は格段に下がるでしょう。
  1. 定期的にパスワードなどは変える
  2. アカウント情報の保管に注意する
  3. ウイルス対策ソフトを使用する
  4. 2段階認証を設定する
 

日頃利用しているデバイス(端末)には、

あなたが思っている以上に

個人情報が詰まっているので

特に注意しましょう。

佐野佐野

乗っ取り対策は少し意識するだけで、簡単にできるものも多いです。


定期的にパスワードなどは変える

最初に設定したパスワードのまま

ずっと使いつづけるのは危険です。

使い続けている期間が長いほど

危険性は増していきます。

 

定期的にパスワードを変更しておいた方が

乗っ取りの被害を防ぎやすくなります。

設定したパスワードに規則性がなければ

より被害に遭う確率は下がるでしょう。

 

さらに一度使用したパスワードは、

しばらく使わない方が良いでしょう。

 

アカウント情報の保管に注意する

さまざまなサービスのアカウントを

きちんと別々の内容にしていると、

メモせずに覚えておくのがだんだん

難しくなってきます。

 

なんらかの方法でメモしておくことに

なると思いますが、その場合には

クラウドサービスなどのほか人が

アクセスできてしまう可能性がある

場所は避けた方が良いでしょう。

 

また、ログイン状態を維持することも

なるべく避けた方がより安全です。

 

ウイルス対策ソフトを使用する

フィッシングメール対策には、

ウイルス対策ソフトがおススメです。

 

インストールしておけば迷惑メールと

そうでないメールが安全に仕分けされます。

 

最近ではスマホのアドレスをアカウントに

使用している方も多いですが、

フィッシング対策の一環としてPC用の

メールアドレスを使用するとより安心です。

 

2段階認証を設定する

出品者としてログインする際には

初回ログインの二段階認証は必須です。

 

しかし、同じデバイスでログインする場合

2回目以降は2段階目の認証をスキップする

設定ができてしまいます。

ほとんどの方がスキップしているのが

実際のところだと思います。

 

手間を省くにはスキップして簡単に

ログインしまいたいところですが、

より安全に使いつづけるために、

毎回2段階認証の手間は惜しまない方が良いでしょう。

 

【まとめ】

万が一のときはまず相談!

 

Amazonアカウントが乗っ取られてしまうと、

勝手に商品を注文されたり、商品に

対するレビューを書かれてしまったりと

さまざまな被害を被ってしまいます。

 

せっかくこれまで健全な使い方をしてきたのに、

それをめちゃくちゃにされたら

たまったものではありません。

 

万が一アカウント乗っ取りの被害に遭ってしまったら、

慌てずにAmazonカスタマーサービスや

クレジットカード会社へ問い合わせをして

適切な対応を取ってください。

 

アカウント乗っ取りは他人事ではなく、

いつあなたが被害に遭ってもおかしくありません。

今回ご紹介した対策や対処方法を

実践して身を守りましょう。

佐野佐野

アカウント乗っ取りを意識して対策しておけば、被害に遭う確率は激減しますよ。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】
毎月第2日曜日:13時~14時
毎月第3日曜日:13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする