危険物扱うのを怖がる人が多い、今がチャンス!


Amazon転売をしているあなたは

FBAの危険物について、

こんなイメージがありませんか?
  • 危険物は扱えないと思っていた
  • 扱いたいけど、やり方がわからないからやめた
  • 危険物を扱うのは、なんだか怖いし面倒…
 

そう思っている方は、多くいらっしゃいます。

 

扱うのをためらう方が多いということは、

反対にライバルが少ないので

利益を得るチャンスです!

 

ですが、危険物というワード だけで

扱うことをためらってしまいますよね。

 

特殊な液体などを想像するかと思いますが、

実際には、身近にある

あなたも普段使っているものが当てはまります。

 

これが危険物なの?!

と思いたくなるものばかりなんです(-_-;)

 

しかし、やり方をしっかり理解すれば、

難しいものではありません。

むしろ、危険物を扱わないのは

でしかないんです。

 

そこで今回は、あなたが気軽に始められるように、

FBAが定める危険物納品方法、

扱う時の注意点を詳しく教えますね。

佐野佐野

この記事を読めば、危険物への恐怖心もなくなり、やり方もすぐにわかりますよ♫ぜひ、最後まで読んでいただき、危険物をガンガン売っていきましょうね!


書籍プレゼント

FBAが定める危険物とは?

危険物とは

そもそも危険物とは何かを、あなたは

正確にご存じでしょうか。

 

以下の5つのポイントに沿って、危険物の基礎から

シッカリ理解しましょう。
  • Amazonが定める危険物の規定
  • 危険物に該当する商品
  • 危険物を見分ける方法
  • 通常のFBAと異なる点
  • FBAで取り扱えない危険物
 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

Amazonが定める危険物の規定

 

定められている危険物は簡単にいうと、

法律によって決まっている成分

該当するものが危険物とされています。

Amazonが定める危険物の規定

 

画像の②に該当する3つの条件は

パッと見ても危険物っぽいのがわかりますね。

 

この3つの内容は必ず覚えておきましょう。

 

ガイドブックにも記載されていますが、

危険物として規制されているかを

判断するのは出品者の責任になります!

 

あなたが少しでも手を抜いたり

手間を惜しむと自分で自分の首を

しめてしまうということです。

 

危険物に該当する商品はコチラ!

 

法律で定められた成分がダメなのは

わかったが、主にどんなものがダメなのか

わからないですよね(^^;)

 

法によって危険物とみなされる商品は、

以下の表のものになります。

危険物一覧

 

1から9まで項目がありますが、

主に、3の引火性液体

人気商品も多いのでこれから扱う事が

多くなると思いますのでチェックしておきましょう。

 

引火性液体に該当する主な商品はコチラ!

引火性のある商品一覧

こうして見ると、普段あなたの

身近にあるものばかりですよね!

 

普段なにげなく使っているものが、

危険物として扱われているので

想像している怖いものではないですよ♬

 

危険物を見分ける方法

 

先ほども触れましたが、

危険物なのかを確認するのは出品者責任

確認作業は手間に感じますが、

ひとつひとつ確実におこなってください。

 

少しでも手間を省けるように

2つの確認方法を教えますね!
  • Amazonも認める、プライスターを利用
  • AmazonのASINチェックツールを利用
 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

プライスター

 

Amazonせどらーで知らない人はいない

と言えるほど多くの人が利用しています。

Amazonの公式でもおススメされています!

プライスター

プライスターからFBA納品プランを

作成すると自動で危険物かを教えてくれます。

 

プライスターの詳細を

以下の記事でまとめています。

あわせてご確認いただけますでしょうか。  

ASINチェックツール

 

Amazonのセラーセントラルから

ASINチェックツールで確認しましょう!

 

URLはコチラ
「ASINチェックツール」

 

出品者アカウントを持っていれば誰でも利用できます!

 

検索をすれば、すぐに判断してくれるので

ぜひ使ってみてくださいね。

 

通常のFBAと異なる点

 

通常のFBAと一部異なるので要注意です!

 

通常のFBAと異なる点

通常のFBAと異なる点 2/2

 

危険物を扱うと

FBAのパートナーキャリアサービスが

利用できなくなるのが難点です( ;  ; )

 

伝票作成や手数料の先払い

発生するので、普段手数料を後払いに

されている方は注意してください!

 

普段パートナーキャリアを

利用されてる方には不便に感じるかも

しれませんが、作業的には

難しいものではないので

利益を得るためには積極的に

おこないましょう。

 

FBAで取り扱えない危険物

 

「申請すればなんでも大丈夫なんだ!」

と思ってはダメですよ。

 

中には、絶対にダメなものも存在します。

該当する商品をチェックしてくださいね。

取り扱えない危険物1

取り扱えない危険物2

ここに記載されている商品は、

絶対に納品してはダメです!!

 

パーティークラッカーなどは

身近でも販売されているので

取扱可能だと思いますよね?

 

実際には禁止されているので

思い込みで判断してはいけません。

 

万一、間違えて納品してしまった場合

そのミス1つだけで、

Amazonから重大な納品不備と判断されます。

 

アカウントを停止される危険性があり、

あなたの努力が水の泡になってしまいますよ。

 

FBAで危険物を納品する5つの手順と注意点

5つの手順と注意点

 

危険物を納品する手順は、5つあります。
  • マニュアルから危険物の納品ルールを確認する
  • FBA「危険物の取り扱いフォーム」から事前申請をする
  • 危険物に該当するか慎重に確認をする
  • 危険物納品申請をおこなう
  • ルールに則って商品を梱包!
 

それぞれ詳しく解説していきます!

 

危険物納品ルールを確認する

 

1番始めに、マニュアルの確認が必須です!

 

マニュアルはコチラから確認できます。

「危険物におけるFBAのご利用マニュアル」

 

機械の取扱説明書やマニュアルって

読むのめんどくさいな〜

と思って読まずに失敗した経験が

ありませんか?

 

それと同じで、しっかり

マニュアルを読まずに

申請方法だけを確認して

納品すると必ず痛い目にあいます。

 

この手間があなた自身を守ってくれますよ!

 

FBA危険物の取り扱いフォームから事前申請

 

ほとんどの商品が事前申請なしですが、

1つだけ事前申請が必要なものがあります。

 

それは、「引火性液体」です!

 

他の商品は事前申請なしで、

納品許可で済むのですが

引火性液体だけは事前申請が必須です。

 

事前申請で許可を得てから

初めて危険物申請ができる

2重申請が必要な成分なので

忘れずにおこなってくださいね。

 

申請は、大まかに3つの手順が必要になります。
  • 申請書をダウンロード
  • 申請書に記入
  • 申請書を提出
 

それぞれ詳しくみてみましょう!

 

申請書をダウンロード

 

このExcelファイルをダウンロードしてください。

「事前申請書Excelファイル」

 

必要事項を入力して完了!

 

あっという間にできちゃいます(^○^)

 

申請書に記入する内容

 

事前申請書のファイルをダウンロードして

必要項目を入力するだけなので簡単です。

 

入力内容を準備しておけば

5分もかからず完成しちゃいます!

 

新規取扱い申請は、

初めて申請する商品なら「新規取扱い申請」

過去に申請済の商品で数量変更なら

「既存枠数量変更」を選択してください。

 

エクセルのファイル自体に

選択ができるよう作られているので

どちらか1つ選ぶだけになっています。

 

すべて入力ができたら「保存」をして完了です。

 

申請用紙を提出する方法

 

Amazonセラーセントラルから申請します。

 

申請方法の流れは、
  • ヘルプを選択
  • お問い合わせページに移動
  • Amazonから出荷(FBA)を選択
  • 「上記以外のFBAの問題(注文、在庫状況、返送など)」を選択
  • Eメールを選択して送信する
 

文字で説明すると手順が多い・・・

と感じるかと思います

実際は、手順通りに選択して送信する

だけなので簡単にできますよ!

 

ここまでの手順にそって

事前申請をおこない、許可がでれば

危険物申請に移れます。

 

危険物に該当するか確認をする

 

先ほど説明をした確認方法を使って、

危険物に該当するか判断しましょう!

 

この確認が重要なポイントになります!

 

1個1個を丁寧に、確実に

確認をすることを忘れないでくださいね!

 

危険物納品申請

 

納品申請は難しいものではありません。

危険物取り扱いリクエストフォーム

順番に入力をするだけです!

 

入力情報に問題がなければ

だいたい1週間前後で許可されます

 

連絡はEメールでくるので、

普段メールをチェックしない方も

この期間中はこまめに見てくださいね。

 

ルールに則って梱包

 

通常のFBAと3つ違うルールがあります。
  • 危険物ラベルを貼付る
  • 納品できるサイズは小型・標準サイズのみ
  • 通常商品と同梱をしない
 

それぞれ詳しくみていきましょう!

 

危険物ラベルの貼付け

 

危険物のラベルは指定されているので

印刷して貼り付ければ即完了です!

 

このラベルはマニュアルに掲載されていて

ラベルのサイズもAmazonから

指定されているので必ず守りましょう!

 

納品する量によっては

箱が複数にわかれますよね。

その場合は、1つの箱に1枚貼り付けましょう

 

忘れてはいけないのが、

シートの貼り忘れも違反になります。

 

そんな軽率なミスしないよ

と思うその油断がミスに繋がります。

 

ここまでルール通りに準備したのに、

たった1枚貼り忘れて無駄にしないよう

気をつけてくださいね。

 

納品は、小型サイズと標準サイズのみ

 

納品サイズにも決まりがあり、

小型と標準のどちらかで納品してください。

 

サイズだけでなく、重さの確認も忘れずに

 

通常商品との同梱をしない

 

通常商品と一緒に梱包は絶対にダメです!

 

梱包の手間や箱に隙間があると

つい一緒に梱包したくなりますよね。

 

その気持ちはわかりますが、

必ず別々に梱包をしてください!

 

その「つい」がルール違反になり、

あなたにペナルティーが科される

可能性があります。

 

通常商品と同時にプラン作成を

するときにやりがちなのですが、

納品プランは別々に作成してくださいね。

 

そのまま流れ作業で、

一緒に納品プランを作成してしまう方が

いらっしゃるので意識して分けましょう。

まとめ

 

危険物と言われるものは、

実際には身近で

あなたが普段利用している

ものがほどんどでしたね。

 

ルールと手順をしっかり理解すれば

初心者の方でも扱えます。

 

ですが、ひとつでも

ルールを間違えれば重大な違反となり

あなたが不利になるので、

慎重に行いましょうね。

 

あなたの行動ひとつで

あなた自身を苦しめかねなくなります。

 

それさえ理解できていれば、

ライバルも多くないのであなたにとって

危険物の取扱いはとてもプラスになりますよ!

 

この機会に、ぜひ試してみてください。

 

また、AmazonのFBAの仕組みについて

コチラの記事で詳しくまとめているので、

Amazon初心者のあなたはあわせてご覧くださいね。
佐野佐野

いかがでしたか?危険物に対する恐怖心がなくなり、取扱い商品を増やす絶好のチャンスですよね!この記事を参考に今からはじめてみましょう。

書籍プレゼント






【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催

2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】
毎月第2日曜日:13時~14時
毎月第3日曜日:13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません


【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方


> → 今すぐお問い合わせをする