買い物をしない人はいない位、

もはやAmazonは生活に必須のサービス

なっていますよね。

 

クレジットカードを使って注文すれば、

自宅にいても支払いまで一瞬で完了するので、

翌日にはモノが届く便利さ!

でも、何らかの理由でクレジットカードを

持っていない方はどうしたら良いでしょう...?

 

実は、Amazon(アマゾン)のショッピングでは、

デビットカードを利用することもできるんです。

あなたはデビットカードを使うメリットや

本当にお得なデビットカードが何か、

正確に把握していますか?

 

デビットカードの活用方法を知らないあなたは、

もしかしたら大きな損をしている可能性が

あります・・・。

 

そこで今回は、コチラの内容を詳しく教えます。

  • デビットカードを使うメリットやデメリット
  • 本当におススメなデビットカード3選とは?
  • お得なデビットカードの活用術
佐野佐野

クレジットカードを作れない方でも、基本的にデビットカードは作れます。デビットカードを使ったことがないあなたは必見ですよ!


Amazonでデビットカードは使える?

そもそもデビットカードとは?

デビットカードは、銀行の預金口座から

直接お金が引き落とされるカードです。

 

クレジットカードでは、翌月の決まった日にちに

前月分が一度にまとめて引き落とされますが、

支払いでデビットカードを使うと、

その都度引き落とされる点が最大の特徴です。

 

デビットカードはAmazonでこんな時に使える!

そんなデビットカードですが

日本人は利用者が少ないとのこと。

かくいう佐野もAmazonで使用したことは

今までありませんでした。

 

そこで、実際に使えるかを確認してみると。。。

決済方法の選択画面
決済方法の選択画面


おっ、ちゃんとデビットカードの記載がありましたね~!

登録方法もクレジットカードと同じなので、

かんたんに使えますね。

 

デビットカードをオススメする4つの理由

デビットカード決済のメリット

理由はズバリ、下記の4つです
  • 理由1:クレジット審査がなく、誰でも使える!
  • 理由2:必要なモノだけ買うので節約できる!
  • 理由3:支払いの度に記録が残せる!
  • 理由4:ハイクラスカードを持てるかも?

理由1:クレジット審査がなく、誰でも使える!

デビットカードはクレジットカードと異なり、

借金ではないので、誰でもカードを保有できます

但し、15歳以上、16歳以上といった年齢制限はあります。

佐野佐野

余談ですが、高校生や大学生のお子様のいるご家庭では子どもにデビットカードを持たせるのも良いです。子供用の口座を与えて、月々決まった予算のもとでお金を使う勉強をさせることが大事なんですね。


理由2:必要なモノだけ買うので節約できる!

デビットカードは、クレジットカードの様に

すぐに決済完了するメリットがあります。

 

借金ではないので、使いすぎてしまうという

クレジットカード最大のデメリットがないのです!

 

今まで、お金がピンチになりクレジットカード

が使えなくなった方も、いるのではないでしょうか?

クレジットカードとデビットカードを両方持っておき、

普段はデビットカードで支払うのもおススメです。

あなた(男)あなた(男)

普段はデビットカードで支払って、どうしても必要な場合だけクレジットカードを使って決済するのも良いね


理由3:支払いの度に記録が残せる!

デビットカードを利用すると、

申請時に登録したメールアドレス宛に

使用日時と金額の通知メールがすぐさま届きます。

 

つまり、

(1)支払いの管理がしやすい

クレジットカードだと、

後から明細を見に行かないといけないし、

一か月前の買い物なんて覚えていない

場合も多いですよね。

 

(2)月額定期発注サービス解約忘れに気付ける

最初の一か月間は無料のサービスなど、

解約し忘れていて、後から気づいたことって

ありませんか?

 

佐野も、1か月だけお試しで契約したアプリを

解約するのを忘れていて

半年後に気づいたことがありました。

 

デビットカードを普段使いとしていれば、

翌月には気付けるのです。

あなた(女)あなた(女)

これなら、うっかりしたミスもなくせそう♬


理由4:ハイクラスカードを持てるかも?

ゴールドカードやプラチナカードは

選ばれた人しか持てないモノというイメージ

がありますが、デビットカードは原則審査不要です

あなた(男)あなた(男)

これは嬉しいですね!



佐野佐野

しかも、カードによってはハイブランドカードの申請が通り、ゴールドカード特典を受けられるメリットがあります。


逆に、Amazonでデビットカード決済するデメリットは?

デビットカード決済のデメリット

コチラがデビットカードを使ううえでの

主なデメリットです。
  • 口座残高分しか使えない(残高不足だと使えない)
  • ポイント還元率が低め
もう少し具体的にいうと、

デビットカードの場合はすぐに決済が成立するため、

「今月ピンチだけれど、ローンで乗り切ろう・・・」

といったコストの平準化ができない点です。

 

また、クレジットカードよりも

ポイント還元率がやや低いというのも

デメリットにはなるでしょう。

 

でも、最近はポイント還元だけでなく、

還元率がアップしたり商品紛失保障がついていたりと、

様々なサービス付帯のカードがありますから、

クレジットカードよりもデビットカードの方が

トータルの還元率的にはお得ということもあるのです。

 

今回は、そのあたりの特典もふまえて、

佐野が特におススメするデビットカード3枚を

ご紹介したいと思います!

オススメのデビットカード3選

Amazonでおススメデビットカード3選

おススメなデビットカード3枚がコチラです。
  • 楽天銀行デビットカード(Visa・JCB)
  • Sony Bank WALLET(Visaデビット付キャッシュカード)
  • 住信SBIネット銀行(VISA)デビットカード
それぞれの特徴を具体的にご説明しますね。

楽天銀行デビットカード(Visa・JCB)

楽天銀行デビットカード

やはり、還元率の高さで有名な楽天カードが、

デビットカードについてもおススメです。

 

誰でも加入時ポイント1%という

高還元率は魅力ですよね。

 

ブランドが異なるコチラの2種類のカードがありますが、

どちらも年会費が永年無料です。
  1. 楽天銀行デビットカード(JCB)
  2. 楽天銀行デビットカード(VISA)
 

また、楽天市場での買い物で

ポイント2倍(実質の還元率2%※)

となるのも嬉しいですよね。

※楽天デビットカード利用ポイント1%+

楽天市場利用ポイント1%

 

さらに、年会費はかかりますが、

楽天銀行シルバーデビットカード(年会費2,160円)と

楽天銀行ゴールドデビットカード(年会費5,400円)

とハイクラスカードもありますので、

コチラの方には特にオススメです。

 
  • ハイクラスカードが欲しい!という人
  • 様々な割引サービスが受けたい!という人
  • 旅行に良く行く人
ハイクラスカードの保有者優待は、

シルバーカードでもゴールド同様のサービスが

受けれるので、年に2回以上旅行に行かれる方は、
 
シルバーカードを持っておいて損しないです。

Sony Bank WALLET(Visaデビット付キャッシュカード)

Sony Bank WALLET
『Sony Bank WALLET

(Visaデビット付キャッシュカード)』は、

Sony銀行の発行しているカードです。

 

入会時のキャッシュバック率は0.5%ですが、

銀行の総残高や、外貨預金や投資信託を

利用している人であれば、

 

その残高によって、キャッシュバック率が

最大でなんと2.0%まで高くなります。

(Sony銀行「優遇プログラム Club S」より引用)

 

そのため、Sony銀行にいろいろな

口座をまとめてしまうと、

更にお得!というわけですね。

 

また、ショッピング保険も付いてきます。

購入商品が破損したり、盗難にあった場合、

年間最大50万円までは、

1事故あたり5000円の自己負担で済む

補償サービスが利用できます。

 

年会費無料カードの中では、

ショッピング保険が付くのはかなり珍しいですね。

あなた(男)あなた(男)

無料でショッピング保険は嬉しいな♬


住信SBIネット銀行(VISA)デビットカード

住信SBIネット銀行デビットカード

『住信SBIネット銀行(VISA)デビットカード』の

キャッシュバック率は

カード利用額に対して0.6%です。

 

先にご紹介した2枚よりは

還元率が低いように見えますが、

『住信SBIネット銀行(VISA)デビットカード』は

キャッシュバックが現金で受けられる

のがポイントです。

 

しかも毎月キャッシュバックされますので、

割引されている様な間隔で買い物できてしまいます。

 

更にATM利用手数料も月2~15回まで無料

になります。(※資産条件に応じて)

 

VISAブランドのカードであれば、

利用できないお店はほとんどないのですが、

それでも現金が必要な場合もあります。

佐野佐野

キャッシュカードとして利用する場合に、無料の引き出し回数が多いのは助かりますね


(まとめ)最後におススメのカードベスト3を紹介して終わります!

ここまでご紹介してきた3枚のデビットカードを

表にまとめました。

ご確認いただけますでしょうか。

 
楽天カード
(VISA/JCB)
Sony Bank Wallet住信SBIネット銀行
(VISA)
還元率1%
(楽天市場なら2%)
0.5%~2%
(資産残高で変動)
0.6%
メリット還元率が高いショッピング
保険あり
現金で
キャッシュバック
デメリット特になし資産残高低いと
低還元率
還元率がやや低い
結論としては・・・

 

高還元率が良い人旅行によく行く人は、

『楽天銀行デビットカード(Visa・JCB)』

 

ショッピング保険を付与したい人は、

『Sony Bank WALLET』

 

・デビット決済に合わせて、

キャッシュカードも使用したい人

現金払いをよく利用する人は、

『住信SBIネット銀行(VISA)』

 

優先的に検討されることをおススメします。

 

最近は、新しく口座を開設すると、

クレジットカードとキャッシュカード

の両方同時に開設できる銀行も多いです。

 

デビットカードを1枚も持たれていない方は、

是非この機会に検討されてはいかがでしょうか?

佐野佐野

クレジットカードを使うとどうしても『使った金額が把握できない』となりがちですが、デビットカードを利用すると、お金を管理しやすくなります。まだ使ったことがないあなたは、是非一度お試しくださいね

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする