旅行と、美味しいものを食べるのが大好きな、

シュアーズの佐野です。

 

PC1台で仕事を初めて、サラリーマン時代では

到底得られなかった自由に使えるお金と時間を

手にすることが出来た私ですが、

 

それを使って、この夏4泊5日の、

シンガポール旅行に行ってきたので、

どんな旅だったかお話ししたいと思います。

 

もちろん、パソコン1台を持参して、

シンガポールで少し仕事もしました!笑

 

シンガポールってどんなイメージ?

そもそもシンガポールというと、あなたは、

どんなイメージを持っていますか?

 

➡マーライオン以外に何かあるの?笑

➡船みたいなホテルの上に大きいプールがあるところね!

 

という声が聞こえてきそうですね(笑)

正直、僕もその程度の知識でした^^

 

ただ、行ってみると、意外や意外!

メチャメチャ発展していて、かつ昔の建物も

しっかりと残っている、まさに歴史と

近未来が融合した街”という感じでした。

 

パソコン1台で仕事をするなら、ホテル選びは重要!シンガポールで宿泊したホテルのご紹介

パソコン1台で仕事をする私にとって・・

”ホテル選びはとても重要”です。

だって、ネットが繋がりにくかったり、

セキュリティが甘そうなwifi環境だと、

仕事が全くはかどらないからです。

 

で、ホテル選びのポイントは、ずばり、

シンガポールの場合、4つ星ホテル以上

であれば、問題ないと思います。

 

3つ星になると・・

ホテルの対応が悪くなったり、セルフ感もでるし、

時折、wifiの電波が悪くなったりするので、ご注意ください。

 

そして、今回私が宿泊したのは、4つ星以上の、

”ペニンシュラ エクセルシオール ホテル”でした。

市街地の中心に位置していて、利便性が抜群!

マーライオンへも歩いて行けます(笑)

 

こんな感じの部屋でした。

窓の外には、あの有名な、マリーベイサンズが

見えますし、パソコン1台で仕事しやすそうですね?

 

ラウンジでもパソコン1台で仕事できるかな~、

とチェックするのは日課です♪

 

海外の場合、ラウンジやロビーでも

wifiは繋がっていることが多いです。

屋外にはプールもあります。海外では、

プールでPC1台で仕事をしてる人もいるので、

ここは日本とは違う所ですよね!

 

結局部屋には戻らず、そのまま散策しました(笑)

 

パソコン1台を持参したとは言え、

仕事は、1時間くらいにおさえて、

日中は、観光へ行くべきだと思っています(笑)

 

ホテルから3分ほど歩いてみたところ・・

「PARLIAMENT」と書かれた建物を発見!

 

やたら観光客がこの建物の前で

写真を撮っているな~と、

思って調べてみたところ、なんと、

シンガポールの国会議事堂でした。

 

記念に1枚^^

それにしても、街のど真ん中に国会議事堂があって

警備員の気配が全くないのは、シンガポール

らしいなと思いました^^本当に平和な国です!

 

パソコン1台で仕事をする前に、まずはシンガポールのグルメで腹ごしらえ

 

シンガポールに到着した私は、

正直、仕事のことは頭にあったものの・・

まず、腹ごしらえということ、シンガポールの

定番麺料理である”ラクサ”を食べてみました。

 

このラクサ、ピリ辛で、

いくらでも食べられちゃいます。

しかも、中にライムが入っていて、

これを食べている途中に入れると

味が変わって更に美味しくなります。

 

その後、シンガポールで根強い文化としてある

アフタヌーンティーもしました。

色々なお店でアフタヌーンティーをやっているので

迷いましたが、「チフリーラウンジ」へ行くことに。

 

「チフリーラウンジ」は、

日本でも有名な一流ホテル、

リッツカールトンの中にある、

最高級のアフタヌーンティースペースです。

「チフリーラウンジ」で出てきた、

アフタヌーンティーは、これからホテルに戻って、

パソコン1台でする仕事を忘れさせるくらい、

どれも美味しかったです(笑)

 

 

ピアノの生演奏を聞きながら・・

アフタヌーンティーなんて、贅沢な時間ですね♪

 

食後には、チョコレートがカートで運ばれてきて、

好きなものを選ぶこともできます。

 

アフタヌーンティー以外にも、シンガポール

には美味しいものが沢山ありました。

 

チフリーラウンジの後に食べたマンゴーかき氷。

マンゴーの果汁が非常に濃くて、

日本では食べたことのない濃厚な味でした^^

 

また、シンガポールの家庭料理「ホッケンミー」も

抜群においしかったです!この時点で、

”腹ごしらえをもやはや超えています!笑”

一見すると焼きそばに似ていますが、

中にスープがあり、このトロッとしたスープが

海老の味と確りマッチして、旨味がありました。

 

少し詳しくて恐縮ですが、麺は細麺が9、

太麺が1といった割合でもちもちとした

食感ではなく、かなり柔らかいです。

 

さらに「辛味噌」を絡めて食べると本当に美味しい!

さらにさらに、ライムを絞ると、さっぱりとした

味わいになり変幻自在

 

パソコン1台で仕事をするのをもはや忘れ、シンガポールの観光スポットへ(笑)

シンガポールには観光スポットが色々あるのですが、

マリーナ・ベイ・サンズと並んで有名なのが、

”ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ”です。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとはどんな所か、

一言で表すと”植物園”です。

 

やはりパソコン仕事の前に癒されたい、なんて

ことを考えていたのかもしれません(笑)

 

・・・が、ただの植物園ではありません。

とんでもなく大きい植物園なのです。

どれくらい大きいのかというと、、、

かなり大きいです!

 

手前にある木や、人が小さすぎて

分からないくらい大きい植物がありますね。

こんなのが何本もあります(笑)

 

遠近法を使ってパシャリ

(思いっきり逆光になっちゃいました^^;)

 

他にも、壁か!?と見間違えるような植物があったり。

 

こんなカラフルな植物も^^

  

遠くから見るとこんな感じ♪

 

その他にも・・・

 

シンガポールに行ったときは、一度はセントーサ島に行くことをおススメします。

 

セントーサ島の中には・・

ユニバーサルスタジオやマリンライフパーク、

アドベンチャーウォーターコーブ、カジノがあり、

いま非常に注目を浴びているからです。

 

飲食施設も高級レストランから屋台街まで

充実しており、ショッピングエリアでは、

高級ブランドから雑貨店などが建ち並びます。

 

そんな中で私は”リュージュ”で楽しんじゃいました。

リュージュとは、こんな感じの乗り物ですね^^

子どもがのるソリみたいなものだろうと、

 

最初バカにしていたのですが・・

なんと!これが意外に面白い!笑

 

リフトで丘の上まで上り、そこから・・・

650メートルもの坂を一気に滑り降り、

最高時速は40キロ近くでます。

 

最初かなりビビりましたが、慣れると楽しいです♪

 

ちなみに、リュージュを丘の上まで

運ぶ必要があるのですが、どのように、

運ぶかというと、なんとリフトにのせて運びます。

 

こんな感じ♪

男性の方が少し傾いていて、

なかなか大胆な運び方ですね(笑)

 

完璧にパソコン1台の仕事を忘れて、シンガポールの極上の夜にうっとり

 

この時、パソコンで仕事をすることなんて、

完璧に忘れていた佐野ですが・・・

シンガポールは夜景もキレイなことで有名ですね。

 

そんな夜景を見ながら、美味しいシンガポールを

食べたいなーと思って、向かったのがココ

 

2016年シンガポールミシュランにリスト入りを果たした、

「PALM BEACH(パームビーチ)」です。

こちらのお店はマーライオン公園のすぐ横、

マリーナベイサンズの真向かいという、

最高の立地にあります。

 

PALM BEACH(パームビーチ)で食べたもの!

シンガポールではチリクラブが有名なのですが、

このお店のチリクラブは絶品でした^^

 

絶品の料理を食べながら、

正面にはマリーナベイサンズが見えます。

こんなにロケーションが良くて美味しいものを

食べられたのにも関わらず、1人あたり

約14,000円でしたが、この店では安い方です。

 

食後は、レストランのすぐ隣にある、

マーライオンに行って、お約束のポーズ(笑)

画質が悪くてすみません(^-^;

 

【パソコン1台で仕事をする旅はどうったか?】ラーメンとまとめ

 

結局シンガポールでは、パソコン1台持参は、

したものの、殆ど開かなくても、寧ろ、スマホで、

何とかなった次第です。

私は、外注スタッフを大勢雇っているので、

おもに、指示をしているだけでしたね。

 

あと、おまけの話ですが、佐野は

ラーメンが好きでよく食べに行くのですが、

日本でも有名な”麵屋武蔵”がシンガポールにあり、

とても驚きました。

 

ただ、メニューを見ると・・・

ラーメン屋らしからぬメニューが!

なんと、パンケーキようなものが売ってました。笑

 

他にもセントーサ島にある白い砂浜のビーチや、

カラフルな家が立ち並ぶカトン、美味しい屋台

が並ぶホーカーズなど、見どころは盛り沢山の、

”シンガポール”

 

シンガポールに行っている5日間においても、

スタッフの方が作業をしてくれているので、

パソコン系の仕事は自動で回せていたわけですが、

全体の約8割の作業を自動化しているため、

私が数日いなくてもほとんど問題ないことも、

今回の旅行で、はっきりとよくわかりました。

 

旅行中の5日間もしっかり売り上げています。

 

旅行にいっていた5日間の、

売上が約165万円ってどうでしょうか?

 

私の利益率は、25%なので、約41万円

手にしたことになります。

 

儲かる仕組みを持っていることは素晴らしいな、

とあらためて感じましたし、結局、

パソコンを開いで仕事をするタイミングは、

緊急時くらいなのかもしれません。

 

みなさんも、パソコン1台の仕事に集中し、

自由なお金と時間を一緒に手にいれましょう!

 

佐野佐野

今回の記事を読んで、パソコン1台で起業は可能なのか?と思った方は、宜しければ、パソコン1台で起業はできる?の記事を真面目にお読みください。少なからずお役に立てるはずです。

 

【期間限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、
副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。
また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定
【日時・締切日】
2017年11月11日(土)13時~14時
2017年11月25日(土)13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする