デリバリープロバイダに興味があるあなたは、

このようなお悩みをお持ちではありませんか?
  • 最近、Amazonから荷物がとどくのが遅くなった
  • 知らない人がAmazonの荷物をとどけにきた
  • 届く商品に時間指定をしていたのに違う時間にきた
 

これまでならアマゾンで注文した商品は、

大手の運送会社によって配達をされていました。

 

ところが最近では、大手の業者に代わって

地域限定のデリバリープロパイダ(ADP)から

自宅へと配達されるようになったのです。

 

そして、厄介なのがこのADPの対応

宅配をADPへ依頼してからというもの、

配送品質の低下が目立つようになりました。

 

"あまりにも雑すぎる"、

"送料払ってでもいいから大手に頼みたい"

購入者の不満は収まりどころがありません。

 

でも、どうしてここまで

悪く言われているのだろうか・・・?

なぜアマゾンはADPに頼るのだろうか。

なにか、回避方法はあるのだろうか。

 

この点について、佐野が徹底的に調べました!

その結果をあなたにすべて教えますね。

 

具体的には、
  1. Amazonデリバリープロパイダとは?
  2. AmazonがADPを使う理由
  3. ADPによる配達を回避する3つの方法とは?
について解説していきますよ。

佐野佐野

この記事を読むことで、あなたもストレスなくAmazonで買うことが出来るようになりますよ。ぜひ最後まで丁寧にお読みくださいね


Amazonから委託を受けるデリバリープロバイダとは?

amazonから委託を受けるデリバリープロバイダとは?

デリバリープロパイダ(ADP)とは、

Amazonと提携を結んでいる

地域限定の配達業者の総称です。

 

2020年現在のADP担当はこちら
  1. TMG
  2. SBS即配サポート
  3. 札幌通運
  4. 丸和運輸機関
  5. 若葉ネットワーク
  6. 祇園デリバリーサービス
  7. ヒップスタイル
  8. 遠州トラック
  9. ロジネットジャパン西日本
以上、9社が配送を担当します。

 

この他にも、

株式会社ファイズが担当していましたが、

現在は担当を外れています。

 

配送品質の低下問題からいち早くの脱却でしょう。

アマゾン依存から抜け出すとの建前はあれど、

業績修正のため現在は社名を変更されています。

 

そのように会社側にもかかる問題を考えると、

Amazonの自社物流が整うまでは、

今後も担当が入れ替わる可能性があります。

 

評判が悪い3つの理由とは

amazonデリバリープロバイダの評判が悪い理由 

Amazonで注文して

デリバリープロパイダから配送された場合、

どのようなトラブルがあるのか

実際の例と共に見ていきましょう。

 

具体的には、
  1. トラブルを招く不在票問題
  2. 非常識な対応に問題がある
  3. 犯罪行為を引き起こしてしまう
ということです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

トラブルを招く不在票問題

Amazonから届く荷物に

非常識な対応が多いとの報告があれば、

それは決まってADPからの配達です。

 

まず「荷物が届かない」という問題について、

こちらのツイッター記事をご覧ください。

 

ADP 荷物が届かない

このようなTwitterを見ていると

今後Amazonを使うことが

不安になってしまいますね。

 

荷物が届かない ADP

そもそも、不在票すら入っていないといった

報告をたくさん見かけます。

 

Amazon デリバリープロパイダ 不満

ここに挙げている例はほんの一部です。

不在票がないと、

荷物が届いたのかすらわかりません。

この問題は一刻も早く対処してもらいたいですね。

 

不在票がない ADP

 

ヤマトのありがたみが身に染みます。

必ず、不在票を入れておいてくれますから...。

 

非常識な対応に問題がある

また、ADPは配達員の対応にも問題があります。

それは、頼んだ配達時間に届かないで、

朝や深夜に届くことがあるということです。

 

非常識な対応に問題がある デリバリープロパイダ

小さなお子様のいる家庭は要注意です。

深夜に配達されることほど迷惑なことは

ありません。何より、怖いですね。

 

また、「荷物がタバコ臭い」といったことも。

ADP 悪評 タバコくさい

特にベビー服なんかは、

今後Amazonで購入できなくなりそうです。

もちろん、プレゼントはできません。

 

従業員の教育にまで手が回らない経営なのか、

雇っているアルバイトの人数が少ないのか、

会社側が対策していないから起こるトラブルです。

 

犯罪行為になることまで 

最後に、ADPの担当ドライバーが

勝手に受け取り伝票のサインをする

といった被害が多く取り上げられています。

 

ADP 受け取りサイン

インターホンを鳴らさないのは

もうほとんど仕様といっても過言ではないADP。

しかし、届先の荷物を他人が署名するのは犯罪です。

 

ADP 受け取りサイン デリバリープロパイダ

いかがでしたか?

どれも最悪としか言いようがない事実。

Amazonはこういった現状を知りながらも、

どうしてADPに頼らざるを得ないのでしょう。

 

それでもamazonがデリバリープロバイダに依頼する理由

それでもamazonがデリバリープロバイダに依頼する理由

消費者の不満がつのる中、

それでもAmazonがデリバリープロパイダに

依頼する理由について解説します。

 

もともとAmazonでは

配送業者の不足が目立っていました。

そんな中での2017年、

ヤマトから配達料金の値上げを要求されました。

 

この値上げに対してAmazonの講じた対策が、

地域の配送業者に依頼するといった内容です。

それからは安価で依頼できるADPから

皆様の元へ荷物が配達されるようになりました。

 

悪評が続いても依頼し続けるのは、

ヤマトと折り合いがついていない現状にありました。

 

ところが最近になって

回復の兆しが見え始めたと噂されています。

なぜなら2019年、Amazonは

ヤマトから配送料の値下げを提案されたからです。

 

さらに2021年に入ると、

ヤマトは子会社7社を事業に含めて

コスト削減を測る事業改革を始めるそうです。

あなた(男)あなた(男)

このことを受けて、今後はAmazonとどういった契約を結んでいくのかに期待したいですね。


デリバリーが担当する荷物の追跡方法とは?

デリバリープロパイダが担当する荷物の追跡方法

荷物が予定通りに届かないことや

不在票が入らないトラブルに対応するため、

ADPが担当することになった荷物は

追跡することが可能です。

 

その方法を以下にお伝えしていきますね。

まずAmazonのサイトにある

注文履歴」を確認しましょう。

 

デリバリープロパイダ 荷物 追跡

続いて該当する商品を選び、

配送状況の確認」から追跡番号を確認できます。

 

デリバリープロパイダ 荷物 追跡

しかし、一部のADPによる業者からは

荷物の追跡ができないことがありますので

ご注意ください。

 

デリバリープロパイダからの配達を回避する3つの方法とは?

デリバリープロパイダからの配達を回避する方法

デリバリープロパイダからの

配達にお困りのあなたに。

ADP担当の配達を回避する方法

ご紹介したいと思います。

 

具体的には、
  1. お届け日時を指定する
  2. 近くのコンビニかヤマト営業所で受け取る
  3. マーケットプレイスを利用する
といったことです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

Amazonプライムナウを利用する 

まずは、Amazonプライムナウ

利用するという方法です。

プライムナウは名前の通り

プライム会員限定のサービスになります。

 

東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の

一部の地域でしか利用できませんが、

最短で1時間以内の配送を行ってくれます。

そして、プライムナウの配送は

Amazon専門の配送業者が担当するというものです。

 

Amazonのお急ぎ便を選ぶよりときも

確実な配送をされるとのことで、

対応している地域にお住まいの方は、

ぜひ利用してみてください。

 

プライム会員についての詳細は、

こちらの記事で詳しく解説しています。

よろしければご参考にしてくださいね。  

近くのコンビニかヤマト営業所で受け取る 

次に、上記以外にお住いの人も

コンビニやヤマトの営業所で受け取る

といった方法もあります。

 

受取りまでに多少の手間はかかりますが、

コンビニへ行き自分で受け取ることによって

ADPが自宅へ配送することを防げます。

 

置き配不在票なしといった

トラブルを防ぐことにもなりますので、

コンビニやヤマト営業所が

お近くにある人はぜひ利用しましょう。

 

マーケットプレイスを利用する 

最後にAmazonでの注文を

マーケットプライスの商品に限定する

といった方法もあります。

 

Amazonのマーケットプライスに

出品されている商品は、

自社発送に対応していることが多いです。

つまり、個人の出品者やお店から

直接あなたの元へ商品を届けてもらえます。

 

その際に利用している発送業者は、

「ヤマト」や「郵便局」のような大手業者が

ほとんどですので、ADPが担当する可能性は

通常よりも低いものとなります。

悩む佐野悩む佐野

逆に、プライムマークの付いた商品はAmazonの倉庫に納品されている(つまり、Amazonが選択した発送となる)ことがありますので注意が必要です。


まとめ

いかがでしたか?

Amazonデリバリープロパイダについて

詳しく解説いたしました。

 

ADPは直接の宅配業者ではありませんが、

企業として担当しているからには

早急に対策をしてもらいたいところです。

 

この記事で挙げたようなトラブルを避けるためには、

現状は自身でも回避することをオススメします。

 

他にもAmazonで購入する際は、

サクラレビューに気をつけましょう。

こちらの記事で紹介していますので、

あわせてご確認くださいね。
佐野佐野

ADPを大手の運送業者と比較してしまうのは酷なことかもしれません。しかし、改善をいそがないままではAmazon自体の信頼度も低下します。ヤマト運輸の値下げによる新たな契約と、今後のサービス向上を期待したいところです。

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする