こんな悩みや疑問を抱えていませんか?
  • 「酒の転売って稼げるの?」
  • 「稼げる酒の銘柄を知りたい!」
  • 「酒の転売って違法にならないの?」
 

結論から言うと、酒にはジャンルごとに

プレミアになっている銘柄が数多く存在し、

競争率は高いですが定価で仕入れるだけで、

簡単に稼ぐことが可能です。

 

なんと、定価15,000円のお酒が

350,000円で売れたケースもあります!

 

しかし、知識がないままに酒を転売した場合、

違法行為で捕まる可能性すらあることを

あなたはご存知でしょうか?

 

このことはネットニュースでも

取り上げられていました。

 販売休止になったウイスキーがネットで高騰 酒税法違反の可能性も

せっかく儲かっても逮捕されたら

元も子もないですよね...。

 

安全に酒の転売で稼いでみたいと考えている

あなたに、今回は
  1. 酒の転売をするメリットとデメリットとは?
  2. 稼げる酒のおススメ銘柄5選
  3. 実は違法?酒の転売で注意すべきこととは
について詳しく解説します。

 

プレミアがつく酒の銘柄は、ある程度

決まっています。

有名どころを抑えておけば、こまめにチェックして

仕入れるだけでも稼げますよ^ ^

ポイントを理解して積極的に仕入れましょう!

佐野佐野

今回お伝えする内容を理解すればプレミアがつく仕組みが分かり、仕入れがしやすくなりますよ。ぜひ最後まで丁寧にお読みください。


酒の転売はなぜ稼ぎやすいの?

酒の転売はなぜ稼ぎやすいの?

 

酒の転売はとても稼ぎやすい転売手法の一つです。

稼ぎやすい要因としては次の3つが挙げられます。
  1. 専門知識が必要
  2. 定価と実売価格の差が大きい
  3. 手に入る場所が決まっている
 

それぞれ解説しますね!

 

専門知識が必要

海外のワインやウイスキーのプレミア酒を

探すためには、専門的な知識が必要です。

 

居酒屋にいくとたまにいますよね。

「この酒は〇〇で、△△で・・・」

とうんちくを語る人が 笑

 

普段はうざいだけのうんちくですが、

転売するにあたっては役に立つことも多いです。

専門的な知識が必要になるために、

少しだけ手が出しにくくなっています^^;

 

専門知識といっても製造工程や、

味わいについて必ずしも熟知している

必要はありません。

「僕は味覚音痴です!」という方でも

転売には全く関係ありません!

 

なぜプレミアになるのかという点に

関係がある専門知識だけを身につけて

おけば、仕入れに有利になるのです。

 

強いこだわりのあるワイナリーや、

数量限定商品を発売する機会が多い

メーカーを知っておくと、リサーチが

しやすくなり仕入れができる可能性も

高くなりますよ。

 

定価と実売価格の差が大きい

プレミアになる酒は定価と市場価格に

かなりの差ができるため、仕入れが出来れば

かなりの利益が取れるのが特徴です。

何気なくスーパーに買い物にいって、

仕入れるなんてこともできますよ^ ^

 

酒は様々な事情で生産できる数量が

変動したり、生産年によって

価格が変動したりします。

ボジョレー・ヌーボーなんかはその代表ですね!

 

ウイスキーであれば樽ごとに味わいが

異なるので、メーカーによっては樽ごとに

別商品として販売していますし、

ワインも毎年出来が異なるので、

生産された年によって価値が変動します。

 

同じ銘柄でもたくさんの商品があるのは

そういった理由からですね^^;

 

そういったコントロールが効かない

部分が多いために、プレミアになる酒は

一気に価格が高騰するのです。

高くなるとなんとなく良いものに

感じてしまうっていうのもあると思います笑

 

価値のある酒であれば、定価の10 倍を

超えることもあるので、一度仕入れられれば

一気に稼げるというわけですね。

佐野佐野

一攫千金みたいな感覚なのが酒の転売です。


手に入る場所が決まっている

プレミアになる酒でも、基本的には

メーカーから一般向けに販売されます。

そもそも飲んでもらうために

販売するわけですからね^ ^

 

そのため百貨店やスーパー、酒屋などで

仕入れができるので穴場を見つければ

とても稼ぎやすくなります。

今にも潰れそうな酒屋さんに、高価な

銘柄が置いてある可能性もあります!

 

ただし、数量限定の酒でも予約販売

されるケースは少なく、基本的には

早い者勝ちになるのでいかに早く

仕入れられるかが重要です。

 

中には酒蔵で直接販売しているだけの

限定商品もあるので、大手の酒メーカー

だけでなく酒蔵やワイナリーなどからも

情報を仕入れておくと、お金の匂いが

プンプンする情報が手に入りますよ笑

 

お酒を転売するデメリットとは?

酒を転売するデメリットとは

 

反対に、酒を転売する上ではデメリットも

3つほど挙げられます。
  1. 単価が高いものが多い
  2. ヴィンテージの問題
  3. 賞味期限がある酒もある
 

他のジャンルと比べると、仕入れ値が

高いことに加えて日本酒などには

賞味期限があるので在庫のリスクが

高くなってしまいます。

悩む佐野悩む佐野

酒には賞味期限があるものとないものがあります。しっかり確認しないと危ないですね。



 

単価が高いものが多い

転売で稼げる酒は定価そのものが

高値なことが多いので、仕入れの

コストがかかりやすいです。

 

高級なバーに並んでいるお酒をイメージする

と分かりやすいかもしれませんね!

 

プレミア価格になる保証があるような

有名銘柄であれば、すぐに売れるので

あまり問題ありませんが、「どこのお酒?」

というようなお酒を仕入れる際には

注意した方が良いかもしれません^^;

 

ヴィンテージの問題

プレミアになる酒にはヴィンテージがあり、

生産された年によって価値が大きく変動します。

 

生産された年が1年違っただけで

価値が大きく変わる銘柄もあるので、

仕入れる際には注意深くチェックしないと

痛い目を見ることになります...

 

リサーチする際には銘柄だけでなく、

その銘柄の何年産が価値があるのかまで

チェックしておきましょうね!

 

賞味期限がある酒もある

酒には基本的に賞味期限を表示する

義務はありません。

 

よくいるのが、

「ずっと置いておいたら味が変わった!」

というクレーマーですが、保管状態にもよりますが

味が変わるのなんてほんの一部です笑

 

日本酒であれば1年以上は美味しさを

キープしていますし、ワインや

ウイスキーなどの洋酒に至っては数十年

寝かせることで美味しいものが

出来上がります♬

 

よく「〇〇10年」と名前がついている

酒がありますが、そういうものは

賞味期限がないですね。

 

日本酒やリキュール類には賞味期限が

表示されている場合もあるので、

念のため仕入れた日本酒などに、

賞味期限や製造年月日の表示があるか

確認しておきましょう!

 

稼げる酒のおススメ銘柄5選

おすすめの銘柄5選!

 

転売で稼げる酒の銘柄は、ある程度

決まっているというお話をしました。

ここからは特に稼ぎやすい銘柄を

5つをご紹介していきます。
  1. 山崎
  2. 森伊蔵
  3. マッカラン
  4. オーパス・ワン
  5. 十四代
 

どれも少し酒に詳しい方なら、一度は

聞いたことがある銘柄ばかりでは

ないでしょうか?

ぜひ覚えておいて定価で販売されているのを

見かけたらゲットしておきましょう。

あなた(男)あなた(男)

転売目的でなくても、一度飲んでみたい銘柄ばかりだね!


山崎

山崎

 

サントリーが販売している超有名

ウイスキーで、とても人気が高い銘柄です。

居酒屋などでも見かける機会が多いですね^ ^

 

サントリーで販売されている国産の

ウイスキーは、卸会社に割当で供給

されているほどのレアアイテムになっています!

 

画像の山崎12年は定価4200円の商品ですが、

メルカリで15,500円で売れています。

1万円近い利益になりますね!

 

特に「山崎50年」という商品は、香港の

オークションで3250万円という高値で

落札されたほどの、激レア商品です。

 

同じ山崎でも価格の上がり具合は

異なるので、出来るだけ多くの種類を

リサーチしておくと良いでしょう。

 

森伊蔵

森伊蔵

 

森伊蔵は月に1000本しか作られないと

言われている幻の焼酎で、オークションでは

なんと定価の5倍以上の値段で

取引されている逸品です!

 

メルカリでは定価2,700円ほどの720mlが

12,500円で購入されています。

 

定価で手に入れる方法はとてもシンプルで、

「メーカーが行っている抽選で当てること」

のみとなっています。

そのため家族全員で申し込んでいることも

あるみたいですよ^^;

 

毎月15日~25日に抽選を行っていて、

電話での簡単に抽選申し込みができるので、

毎月欠かさず申し込みをしていれば

いつかは手に入れることができます。

 

当選した時点で高利益確実ですから、

気合を入れて抽選に挑みましょう!

 

マッカラン

マッカラン

 

マッカランは現時点ではまだ価格の高騰が

始まったばかりで、あまり利益がとれる

商品ではありませんが、今後品薄で

価格高騰が予想される銘柄です。

 

今では年数表示をやめているマッカランは、

年数表示がされている旧ラベルが

とても人気で、特に年数が多いほど、

高値で取引されます

 

この生産終了とか、数量限定とかっていうのは

転売に共通するパワーワードですね!

 

画像のマッカラン18年は定価で27,000円程度ですが、

55,000円という高値で販売されています。

 

すでに嗅覚の良い転売ヤーは、仕入れを

始めていますので出遅れずに、積極的に

仕入れをしていきましょう♬

 

オーパス・ワン

オーパス・ワン

 

オーパス・ワンはカリフォルニア産の

高級ワインです。

ワインというととても複雑なイメージが

ありますが、その通りです笑

 

基本的な価格高騰の仕組みはウイスキーと

同じで、古いほど高くなります。

 

画像のオーパスワンは、他の生産年とは異なり

マグナムボトルという形状をしているために

定価が50,000円程度ですが、メルカリで

80,000円という高値で販売されています。

 

味はさておきボトルの形状が違うくらいで

3万円の差ですよ!?びっくりしちゃいますよね^^;

 

ただし、ワインにはその年のぶどうの出来

という大きな要素が加わるので、

オーパス・ワンの中でも極端に高い

ヴィンテージのものもあります。

 

特に2012、2013ヴィンテージは、

出来が秀逸だと言われているので高値で

取引されていますよ。

 

十四代

十四代

 

十四代は取り扱いがある店舗はほとんどない、

とてもレアな日本酒です。

佐野もいまだに見かけたことがありません^^;

 

中でも定価15,000円の龍泉という商品は

350,000円もの高値で取引されています。

ここまでくるとちょっと異常ですよね笑

 

日本酒の蔵元によっては、特定の店にしか

商品を卸さないこともあり、十四代も

その中の一つというわけですね。

 

元々の生産量の少なさと、この特約店の

少なさが相まって価格高騰を引き起こして

いるというわけです。

手に入らないとわかると、手に入れたくなる人が

必ずいるものなんですよね^ ^

 

蔵元のホームページなどで、特約店を

調べることができるのでチェックして

通えるようであれば定期的に足を

運んでみましょう!

 

酒の転売は違法?逮捕されたケースを解説

過去の事例を解説

 

酒を販売するには酒類販売免許が

必要になります。

 

継続的に酒を無免許で販売していると、

逮捕されるケースもあります。

実際に逮捕された事例には

このようなものがあります。

毎日新聞
URL:https://mainichi.jp/articles/20161007/k00/00e/040/263000c


 

酒類販売免許を持っていない業者が、

酒を転売していたために逮捕された

という事例ですね。

 

しかし、ネット上では個人が酒の転売を

しているのを頻繁に見かけますよね?

これはどういうことなのかと思いませんか?

 

「継続的な」酒の販売には酒類販売免許が

必要だと定められていますが、

一時的な販売の場合は免許がなくても、

容認されるケースがあるようです。

 

あくまで個人の転売は「継続的な」販売と

見なされていないということですね。

あなた(男)あなた(男)

お酒の販売には免許が必要なんだね。


佐野佐野

無免許で販売すると法律違反になってしまいます。



 

お酒を転売する上での注意点、気をつけるべきこととは?

酒転売の注意点

 

酒を転売は利益が得やすい分、

注意すべきことも3つあります。
  1. 酒類販売免許を取得する
  2. 継続的な販売をしない
  3. プレミアがついた酒を転売する
 

先ほども解説した通り、厳密に言えば

酒類販売免許が必要になります。

個人の場合は一時的なものとして

容認されるケースが多いとはいえ、

注意深く転売する必要があります。

悩む佐野悩む佐野

継続的に転売してしまうと、違法行為として処罰されてしまうので注意が必要です。


酒類販売免許を取得する

「定期的に1.2点ずつ売ってたんじゃ

全然稼げないよ!」というあなたは、

酒類販売免許を取得してしまうのも

一つの方法です。

 

個人とはいえ、ごまかしながら頻繁に

酒の転売をしていると、逮捕される

可能性もあるので不安ですよね。

 

条件や審査がとても厳しいので

取得するには手間がかかりますが、

取得してしまえば何の心配もなく堂々と

酒を転売できるようになります。

 

本格的に酒転売で稼いでいきたい!

というかたは検討してみると良いでしょう。

 

継続的な販売をしない

「酒類販売免許を取得するのは面倒!」

という方は、継続的な販売をしていると

見なされないように、ある程度間隔をあけて

転売するよう心がける必要があります。

 

また、同じ銘柄を立て続けに転売するのも

継続的に販売していると見なされる

危険性があるので避けた方が良いでしょう。

 

幸いにも酒の転売は1点あたりの利益額が

とても大きいので、頻繁に出品しなくても、

十分に稼ぐことが可能です。

 

プレミアがついた酒を転売する

酒の転売にはプレミアのついた酒を

転売する方法と、定価よりも安く仕入れて

定価で販売する方法の大きく分けて

2種類が存在します。

 

しかし、先にご説明した通り個人が

薄利多売で利益を得ようとすると、

無免許であっという間に逮捕されてしまいます。

 

少ない回数でたくさん稼ぐためにも、

プレミアのついた酒は銘柄を狙って

転売していきましょう。

 

まとめ

お酒の奥深さを楽しみましょう

 

酒の転売はプレミアがつきやすい銘柄と

価格高騰の仕組みを理解しておけば

どんどん稼ぐことができます!

 

今回ご紹介した銘柄を中心にリサーチをして、

応用しながらより多くの銘柄を発掘しましょう。

 

ただし、日本では酒を販売するためには

酒類販売免許が必要です。

 

個人が一時的に転売する程度であれば

無免許であっても容認されているようですが、

常態化すると逮捕されてしまう可能性も

あるので注意が必要です。

 

メーカーの新商品情報や、抽選予定を

こまめにチェックしてどんどん

プレミア酒をゲットしましょうね!

佐野佐野

専門知識があまりなくても、ある程度の銘柄と抽選の運があれば稼げるというのも魅力ですね。

 

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする