自営業として働くことに興味があるあなたは

こんな疑問や悩みがありませんか?

  • 自営業として働いて生活していけるの?
  • たくさん儲かる職種って何?
  • 自営業として働く上で、何を気をつけるべきなの?
 

会社に勤めていないので、

自営業者ってなんだかスゴク不安定な

気がしますよね。

 

実際、年金の面ではサラリーマンよりも

自営業者の方が劣っていると言われています。

ネットニュースでは、自営業者は

「老後5千万円不足問題を抱えている」

なんて報じられています。 「老後5千万円不足問題」まずは国民年金を満期に

 

しかし、結論から言うと、自営業は

自由な働き方であり、あなたが

努力した分だけ儲かる素晴らしい働き方です。

 

自営業を検討しているあなたに、今回は
  1. 自営業として働くメリットとデメリットとは?
  2. 自営業で儲かるためにおススメなのは、ネットビジネス!その理由とは?
  3. 自営業で注意しなければならない点とは
について詳しく解説していきます。

佐野佐野

今回お伝えする内容を実践すれば、あなたも儲かる自営業者の1歩を踏み出せます。ぜひ最後まで丁寧にお読みください。


儲かる自営業者になるメリット

自営業のメリットって何?

 

自営業として働くメリットとしては

次の3点が挙げられます。
  1. 自由な働き方ができる
  2. 収入の上限がない
  3. 自分らしいライフスタイル
 

自営業として働くことで、あなたが

働き方や、稼ぎ方の決定権を持つことになります。

佐野佐野

自営業で働くと言うことはあなたに全ての決定権があるということです。プレッシャーに感じるのではなく、自由な働き方を楽しみましょう。

メリットを詳しく解説しますね!

 

自由な働き方ができる

自営業として働き始めると

勤務時間や、時間帯、休日などを

全て自分の裁量で決定できます。

 

通勤時間や、苦手な人と一緒に働くような

ストレスを感じる場面が少ないのも魅力です。

 

取引相手や作業の依頼を受けるような

仕事内容の場合は、厳密には完全に自由という

わけではありませんが、きちんとスケジュール管理が

できていれば、自由な働き方が可能です。

 

それだけに自営業では時間効率が

とても重要な要素になります。

時間を有効利用して、さらなるスキルアップや

プライベートの時間に使えるように

工夫することが大切です。

 

収入の上限がない

自営業には月収・年収といった固定の収入はありません。

その代わりに、収入の上限もありません。

あなたの努力と工夫次第で、いくらでも収入を

アップさせることが可能です。

 

一般企業では、仕事でどれだけ

成果を上げたとしても、収入の上限があります。

 

インセンティブ制を導入している企業も

中にはありますが、それでも決められた額の

範囲内での収入になります。

 

つまりあなたがどれだけ成果を上げても

儲かるのは企業側ということになります。

 

自営業であれば、あなたの成果は全て

あなたのものになります。

そういったモチベーションが維持できるのも

自営業の魅力的なポイントです。

 

自分らしいライフスタイル

自営業として安定した収入を

得られるようになれば、勤務時間と

収入のバランスを上手くとって

あなただけのライフスタイルが

確立できるようになります。

 

月の半分でひたすら働いて、残りの半分は

自分の趣味などプライベートなことに

時間を費やすというようなこともできます。

 

サラリーマンとして働いていては

実現できないようなことが、実現できるのが

自営業の最大のメリットです。

あなた(男)あなた(男)

自営業なら働く場所や時間も自由だから、毎日のツラい通勤もなくなるね♬


反対にデメリットとは?

自営業の難しいところはどんなところ?

 

自営業は自由な働き方ができる反面、

次の3つのデメリットがあります。
  1. 失敗した時のリスク
  2. 学びの場を確保する必要がある
  3. 社会的な保証がない
 

会社勤めをせずに自由な働き方をすると

いうことは、その代償として守られることも

あまりないという点を理解しておきましょう。

あなた(女)あなた(女)

自由な働き方ができる代わりに、自己責任ということなんだね。

佐野佐野

失敗した時のリスクというと、ギャンブルのような印象がありますが、安定して儲かるビジネスはたくさんあります。

デメリットも1つずつ詳しくお伝えしますね。

 

失敗した時のリスク

自営業のデメリットとして最も大きいのが

失敗した時に、収入などに関して

何も保証がないということです。

 

自営業として自由に働くということは

会社から守られるという権利を

失うことを意味しています。

 

サラリーマンとして働いていれば

1つのミスで仕事を失うようなことは

ほとんどあり得ません。

 

仮にやむを得ない事情で退職することに

なったとしても、失業手当など

手厚い保証が受けられます。

 

しかし、自営業の場合は1つのミスによって

全てを失ってしまう可能性もゼロではありません。

 

決してマイナスな思考になれというわけでは

ありませんが、万が一のために

失敗のリスクを回避する手段は

あらかじめ考えておきましょう。

 

学びの場を自分で探さなければならない

自営業として始めたビジネスを

より深く学び、儲かるためには

自分からあらゆる方法で学んでいく必要があります。

 

セミナーや、講演会など様々な情報を

得られるような機会は必須になります。

 

ビジネスが行き詰まった時に

新しい引き出しがいつでも出せるよう

学びや情報交換の場は確保しておきましょう。

 

社会的な保証がない

社会的な保証がないというのも自営業として

働く上でマイナスポイントになります。

 

これまであなたは、なんらかの組織に

所属してきたはずです。

学生の頃は学校に、社会人になってからは

会社員として、なんらかの団体の

所属として肩書きがある状態でした。

 

しかし、自営業として働き始めると

途端に社会的立場が低く見られてしまいます。

会社に所属している方が、しっかりとした社会人

というイメージはいまだに強いようです。

 

社会的な立場が低く見られてしまうと、

以下のようなときに不利になる恐れがあります。
  1. 家のローン
  2. クレジットカードの審査
  3. 世間的な目
 

特に、クレジットカードの申し込みなどは、

独立前に済ませておきましょう。

 

儲かる自営業者になりたいならネットビジネスがおススメ!

自営業として働くならネットビジネス

 

あなたが儲かる自営業者になりたいなら、

ネットビジネスをやることを

強くおススメします。

 

ネットビジネスをおススメする理由としては

次の3つが挙げられます。
  1. パソコン1台あればどこでも仕事ができる
  2. 資金が少なくても始められる
  3. 時間効率が良いので、自分の時間を確保できる
 

ひと昔前までは、自営業といえば飲食店や

カフェ・居酒屋といった独立開業の

イメージが強くありました。

 

最近では田舎での畑仕事が再注目されたり

マツエクなどの女性向けのサービスで

出店するケースも多く見られます。

 

しかし、儲かる自営業になりたいなら、

圧倒的にネットビジネスがおすすめです。

 

まず、パソコン1台あればどこでも仕事ができるので

決まった場所に通勤して、決まった場所で

嫌いな上司に会うこともありません。

 

佐野もネットビジネスを始める前は

サラリーマンを9年ほどやっていました。

サラリーマン時代は苦痛の連続でしたが

脱サラして独立してからは、快適そのものです。

 

佐野の場合は、ネットビジネスに充てる資金を

十分に確保した状態でスタートしたので

初めからしっかりと事業への投資をしていましたが

資金が少ない人でも始められるのが

ネットビジネスの良いところです。

 

資金が少ない方でも年商5,000万円くらいは

余裕で射程圏内になります。

 

また、ネットビジネスは時間効率良く

働けるので、自分の時間を自由に使えます。

一日のノルマをこなしていれば、

残りの時間でネットサーフィンして

2chを見ていたとしても、誰にも怒られません 笑

 

仕事の場所に縛られないので

休日平日に関係なく、遊びに行けたり、

海外旅行も気軽にできます。

 

効率よく、大きく稼いでいきたいのであれば、

ネットビジネスを始めた方が良いんですよね!

佐野佐野

儲かる自営業者として独立するのであれば、より自由度が高く稼ぎやすい仕事をしていきたいですよね。


自営業の注意すべき点

自営業の注意点

 

サラリーマン時代とは違い、保証がない

ということも影響して自営業として働く上では

注意点も3つほどあります。
  1. ローンやクレジットカード審査が厳しくなる
  2. 資金はある程度確保しておく
  3. 税金や経理に関する知識が必要
 

いずれもお金に関する内容になります。

サラリーマン時代には、必要なかったような

知識や情報も自営業になると必要になってきます。

悩む佐野悩む佐野

特にローンやクレジットカードに関しては、独立してからでは審査通過が難しくなる場合があるので、独立前に済ませておきましょう。


審査が必要なことは済ませておく

自営業のデメリットの部分でも解説しましたが

独立して自営業になったあなたは

社会的立場が低く見られがちです。

 

社会的立場がとても重要な、ローンや

クレジットカードの審査では、自営業だということが

不利に働いてしまう場合もあります。

 

独立してから、ローンやクレジットカードの審査に

落ちてしまったのでは、打てる手が少ないので

独立する前に、審査が必要なことは

できるだけ済ませておきましょう。

 

資金がない状態での独立はしない

自営業として働く上で、ある程度の資金を

確保した状態で独立することはとても重要です。

 

あなたが始めたビジネスですぐに稼げる保証も

ありませんし、様々な投資が

必要になるケースもあります。

 

そういったときに資金がなければ、選択肢が

狭まってしまうことになりかねません。

 

最低でも、全く収入が得られない状態でも

半年間は生活していけるだけの資金は

確保した状態で、独立すると良いでしょう。

 

税金や経理に関する知識が必要

自営業として働いていくにあたって

サラリーマン時代にはあまり必要なかった

税金や経理に関する知識が必要になってきます。

 

例えば、個人事業主として独立するまでの

準備費用は開業費という形で、事業の費用として

認められるので、納税額を少なくすることができます。

 

こういった、知らなければ損をしてしまうという

知識が税金や経理関係にはたくさんあるので

そういった知識を少しずつ身につけていく必要があります。

 

まずは税理士に相談しながら、基礎を学んで

一通り理解できたら、自分で手続きするのが無難です。

 

まとめ

ネットビジネスであなたらしいライフスタイルを!

 

自営業として働く上で儲かるビジネスとしては

ネットビジネスがとてもおすすめです。

 

自由な働き方を実現でき、収入をどんどん

増やしていけるという自営業のメリットを

より追求できるのがネットビジネスです。

 

パソコン1台でどこでも作業できる自由さと

資金が少なくても始められるというのが

ネットビジネスの大きな魅力です。

 

ただし、ネットビジネスを含めた自営業には

失敗した場合になんの保証もないというリスクと

社会的な立場が低く見られてしまうという

デメリットもあることを理解しておきましょう。

 

特に社会的な立場が低く見られることで

ローンやクレジットカードの審査にも

影響が出るケースが多いので、独立前に

済ませることができるのであれば、事前に

審査に関することは済ませておきましょう。

 

自由な働き方で、自由に稼げる自営業は

あなたのライフスタイルを確立するためには

理想の働き方です。

 

今回お伝えした内容を理解して

自営業でどんどん稼いでいきましょう!

佐野佐野

佐野も自営業者としてビジネスを始めて、わずか2年弱で年収4000万円稼げました。そのやり方をコチラの動画講義ですべてお伝えしています。期間限定の公開となりますので、興味があればご覧くださいね。

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする