Amazonアカウントを複数持つことに

興味があるあなたは、

このような不安や疑問がないでしょうか?
  • Amazonアカウントを複数作るにはどうすればいいんだろう?
  • そもそも、複数のアカウントを作って本当に大丈夫なの?
  • 複数アカウント作るときの注意点を知りたい...
 

原則、Amazonのアカウントは

1つしか持てません。

しかし、複数のアカウントを

持つ方法がじつは存在します。

 

複数のアカウントを持つことで、

売り上げのアップや、Amazonアカウントの

停止や削除に対するリスクを

軽減することにもなります。

 

アカウントが1個だけの場合、

そのアカウントが停止や削除に

なってしまったら、全ての売り上げが

ゼロになってしまうわけです。

 

そのようなことになったら、

想像しただけでも恐ろしいですよね...。

 

そこで今回は、
  1. 本当にAmazonアカウントを複数作成することができるのか?
  2. 複数作成するメリットやデメリットはあるのか?
  3. 安全に複数アカウントを作る方法とはなにか?
というあなたの疑問に、

すべてお答えします。

佐野佐野

何も知らずに複数のアカウントを作ろうとしたら、最悪の場合すべてのアカウントが潰れる可能性があります。今日お伝えする正しい知識を持って、複数アカウントに取り組みましょうね


Amazonアカウントは複数持つことができるのか?

Amazonアカウントは複数持つことができるのか?

結論から言うと、

購入用アカウントは複数作ることが可能であり、

出品用アカウントは「基本的」に1人1つしか持てません。

 

なお、出品用アカウントは「基本的」に1人1つなのですが、

ちょっとした裏ワザをやると

複数持つことが可能です。

この裏ワザについても、

後ほど詳しく教えますね。

 

ただし、どちらを作る際にも注意点があるので、

それぞれの注意点をはじめにお伝えします。

佐野佐野

購入アカウントについては軽くふれ、出品アカウントについて、特に詳しく解説していきますね。

購入アカウントの場合

購入アカウントを複数持つ目的として、
  • 仕事で使用する場合とプライベートで購入する場合で別々にしたい。
  • 家族内でアカウントを別々に管理して、Amazonサービスを利用したい。
などと思っている方も多いと思います。

 

しかし、複数のアカウントを

作成する際には、

注意しなければならないポイントが

いくつかあります。

 

まず、Amazonアカウントを追加するには
  1. メールアドレス
  2. クレジットカード
  3. パスワード
について、現在、使っているものとは

別に登録する必要があります。

それぞれ補足説明しますね。

 

メールアドレス

すでにメールアドレスを複数お持ちの方は

問題ありません。

 

しかし、1つしか持っていないのであれば

メールアドレスをフリーで取得できるサービスは

たくさんありますので、追加で取得して

おきましょう。

オススメのフリーメールはGmailです。

 

クレジットカード

カード決済をするのであれば、

クレジットカードも現在Amazonで

使用していないカードを

登録しなければなりません。

 

代金引換やコンビニ払いなど、

クレジットカードを利用することが

ない場合は登録しなくてもOKですが、

カード決済であれば追加でカード登録が

必要となります。

 

なお、クレジットカードを1枚しか

持っていない場合は、

デビットカードでも決済が可能です。

 

デビットカードであれば、

Amazonの審査がありませんので、

簡単に登録をすることができます。

 

パスワード

パスワードについても別に登録が必要なります。

管理面で少し面倒になってしまいますが、

別に設定しなければなりません。

あなた(男)あなた(男)

購入アカウントを追加する場合は、メールアドレス、クレジットカード、パスワードを新たに取得しなければならないんだね



 

 出品アカウントの場合

冒頭でもお話ししたとおり、

個人や法人が1つ以上の

アカウントを作ることは、

Amazonの規約違反になり、

禁止されている行為です。

 

1個人・1法人に対して、

1アカウントというのがAmazonのルールです。

 
あなた(女)あなた(女)

ということは、法人登録をしていれば、法人で1つ、個人で1つのアカウントを作成することができるってことだね。



また、法人に限ってですが、

会社の部署ごとにアカウントを

作成することも認められる場合があります。

 
  • 1つ目のアカウントは、家電商品
  • 2つ目のアカウントは、アパレル商品
  • 3つ目のアカウントは、○○・・・
などと、全く違ったジャンルを

扱っている場合は、Amazonからの許可がおりて、

複数のアカウントを取得することができます。

 

また、

「アカウント登録時の9個の項目を変えることで

アカウントを複数作成する」

という方法もあります。

 

下記9個の全ての項目について、

過去にAmazon一度も登録されていないもので

なければなりません。

 
  1. 店舗名
  2. 担当者名
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. メールアドレス
  6. 銀行口座
  7. クレジットカード
  8. パソコン・IPアドレス(同じPCからログインしない)
  9. ブラウザ(同じ通信環境からログインしない)
 

9個も項目があって、

これら全てを別々に登録する必要があり

正直かなり面倒です。

 

しかし、別々に登録しておかないと

Amazonクローラーと呼ばれている、

監視システムやアカウントスペシャリストによる

目視確認により

 

最悪の場合、

アカウントの停止や削除になってしま

可能性があります。

 

【複数の出品アカウントを作成するためのポイント】
  1. 個人と法人で1つずつのアカウントを取得できる。
  2. 法人で会社の部署(ジャンル)ごとにアカウントを取得できる。
  3. 9個の項目について、過去に1度もAmazonで登録されていない情報を登録すれば、アカウントを取得できる

出品アカウントを複数作成する3つのメリット

出品アカウントを複数作成する3つのメリット

複数の出品アカウントを作成するメリットが

コチラの3つです。
  1. 出店者(店)の専門化ができる。
  2. リスク分散になる。
  3. 回転率が上がり、収益性が増す。
 

それぞれのメリットを具体的に

解説しますね!

 

出品者(店)の専門化ができる

複数のアカウントがあれば、

ジャンルごとに出店することが可能になり、

「専門化」することができます。

 

例えば、一つの出店者(店)が

家電やアパレル商品、おもちゃ、

スポーツ用具など、関連がない

たくさんの商品を出品していると、

 

ユーザーから不信感を

抱くことに繋がってしまいます。

 

また、新品と中古品を売る場合でも、

別々に出店した方がよいです。

中古品の場合は、どうしても評価が

下がってしまう傾向にあります。

 

にもかかわらず、新品と中古品を

同じ土俵に乗せてしまうと、

 

「せっかく新品を売って高評価されたのに、

中古品を売ることで低評価をされてしまった」

ということがあります。

 

万が一のリスク分散になる(アカウントの停止や削除)

Amazonのアカウントが停止や削除に

なってしまう理由はたくさんあります。

 

例えば、
  1. Amazonの顧客満足度が低い
  2. 購入者からの評価が低い
  3. 在庫管理ができない
など、これ以外にもたくさんの

理由が挙げられます。

 

複数アカウントを作成しておくことで、

このような

万が一に備えてのリスクを

分散させることができます。

 

商品販売の回転率が上がり収益性が増す

複数アカウントを取得することの

メリットで一番大きいといえるのが、

相乗り出品の際にカート獲得率

上がることです。

 

例えば、商品ページ

相乗り出品したい出品者が、

自分を含めて5人いるとします。

 

そのときに自分がアカウントを

2つ持っていて、2つのアカウント

同じページに出品した場合、

出品者の合計は5人です。

 

自分が持っているアカウントが

2つのため、カート獲得率が

5人中2人にアップします。

 

また、そのページを見た他の出品者が

「このページにはライバルが多い」と

認識するので、

他の出品者の参入も防ぐことができるのです。

 

このように、商品販売の回転率が上がり、

ライバルの出品者の参入を防ぐ

という意味で、複数アカウントの

メリットが大きいといえます。

 

出品アカウントを複数作成する3つのデメリット

出品アカウントを複数作成する3つのデメリット

アカウントの複数作成は、

メリットがある一方で、

同時に以下のようなデメリットもあります。
  1. アカウント停止の可能性がある
  2. 月額費用がかかる
  3. 売上金がストップしてしまう
 

特にAmazonの許可を得ないまま、

複数のアカウントを取得することは、

非常に危険です。

佐野佐野

複数のアカウントを作成するデメリットについても、きちんと理解しておきましょう。リスクを知ることは、同時に未然防止にも繋がります。

アカウント停止の危険性がある

アカウントの停止になると、

下記のような恐ろしい結末が待っています。
  1. Amazonの売上金がストップする。
  2. Amazonでの販売ができなくなる。
  3. FBAに納品している商品が全て返品される。
 

原則、複数アカウントは規約違反のため、

Amazonの運営側にそのことが知られてしまうと、

アカウントの停止になる可能性があります。

 

月額費用がかかる(登録料・手数料等)

1アカウントの登録料だけで、

毎月5千円の料金がかかってしまいます。

年間にすると6万円です。

 

また、当然ながら販売手数料も

アカウントの数だけ料金が高くなります。

 

複数のアカウント持つ場合は、

登録料や手数料などの

月額費用も頭に入れた上で

取得するとよいでしょう。

 

売上金がストップしてしまう

 アカウントの閉鎖や削除は

売上金にも影響します。

 

停止の場合だと、商品の販売を

することができなくなります。

また、アカウントが削除されてしまうと

売上金が3ヶ月の間、

振り込みされなくなります。

 

また、場合によっては、

問題が解決されるまでの売上金は

支払われない

というケースもあるようです。

 

中には1年以上もの間、

売上金が振り込まれなかったと

という方もいらっしゃいます。

 

売上金を回収するためには、

必死でアカウントを復活させなくては

いけないのです。

悩む佐野悩む佐野

アカウント停止になった場合、98%以上の確率で復活できません。素人ではまず復活は無理でしょう


複数の出品アカウントを取得するためのポイント

複数の出品アカウントを取得するためのポイント

「それでも、出品用アカウントを複数持ちたい!」

というあなたのために、正しく複数アカウントを

持つ方法を教えます。

 

出品アカウントの取得するポイントは

以下の2つです。
  1. Amazonに「複数アカウントを作成したい」と事前に伝えて申請す
  2. メインアカウントとは異なる情報を登録する。
 

一つ目の方法が、1番オススメする方法です。

事前にAmazonからの許可を得られれば、

アカウント停止や削除などを考えずに

正々堂々と複数アカウントを取得することができます。

 

しかし、法人でなくてはいけなかったり、

部署ごとに取得しなくてはいけなかったりと、

ある程度の規模で販売をする方向けの

方法になります。

 

二つ目の方法では、前述したとおり、店舗名から

メールアドレス、クレジットカード、PCなど

9つの項目について、メインアカウントとは

異なる情報で登録しなくてはいけません。

 

アカウントを複数作るときに気をつけるべきこと、注意点とは?

アカウントを複数作るときに気をつけるべきこと、注意点とは?

一番に気をつけなくてはいけないことは、

メインアカウントとサブアカウントの

「関連性」です。

 

個人情報や出品物などに

関連性があると

「2つのアカウント所有者が同一人物である」

とAmazonが把握してしまいます。

 

このように、Amazon公認で別アカウントを

作ったとしても、

1つのアカウントが閉鎖されてしまえば

もう片方のアカウントもつぶれる

可能性が高いので、注意が必要です。

 

まとめ

Amazonの複数アカウントについて

解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

簡単にまとめると、

Amazonアカウントの複数作成は

 
  1. 購入アカウントと出品アカウントをそれぞれ一つずつ持つことが可能
  2.  購入アカウントであれば、家族会員などで複数取得できる。
  3.  原則、出品アカウントは複数取得はできない。
  4. 出品アカウントでも複数取得の方法はある。
  5. 複数アカウントの取得はメリットも大きいが、デメリットも大きい
 

また、Amazonアカウントを守るための防御策を

コチラに詳しく纏めました。

安心してAmazon転売されたいあなたは、

必ずあわせてご覧くださいね
佐野佐野

アカウントの複数取得が原因で、停止や削除の対象にもなります。取得する際は、十分気をつけてくださいね

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする