この記事を読んでいるあなたも、

Amazonで商品を購入したことがあるでしょう。

 

そんな多くの人が利用するAmazonですが、

購入した商品をキャンセルしたいと思った場合、

キャンセルできるのでしょうか?

 

逆に、もしあなたがAmazonで出品をしている場合は、

お客様からの注文をキャンセル出来るのでしょうか?

 

結論から言うと、どちらもキャンセル出来るのですが、

不用意にキャンセルするとAmazonで永久的に

購入や出品が出来なくなる可能性があるんです。

あなた(男)あなた(男)

Amazonが永久的に使えなくなるのはスゴイ嫌だな...



そこで今回は、
  • Amazonで注文した商品のキャンセル方法
  • Amazonに出品した商品が売れた場合、取引を途中でキャンセルする方法
  • キャンセルした場合の具体的なペナルティとは?
について詳しくご説明いたします。

佐野佐野

今回の記事を読むことで、Amazonから受けるペナルティを回避できます。Amazon初心者のあなたは必見ですよ


Amazonで商品を購入したときのキャンセル方法とペナルティ

Amazonで商品を購入した場合、キャンセルはできる?

佐野佐野

まずは、あなたが商品を購入した後にキャンセルする方法をお伝えしますね



あなた(男)あなた(男)

Amazonを良く使いますが、改めて考えたこと無かったです。よろしくお願いします!


キャンセルの方法

商品を購入した後、キャンセルをする場合、

画面左上のメニューにある

「三」ボタンをクリックします。

TOPのハンバーガーメニュー

 

次に、「注文履歴」の画面にアクセスします。

注文履歴

 

注文した商品が表示されるので、

キャンセルしたい商品をクリックします。

キャンセルする注文履歴を選択

 

商品の配送ステータスが表示されます。

商品届けステータス

コチラの4つのステータスが表示されます。
  • 「本日注文済み」
  • 「発送済み」
  • 「配達中」
  • 「〇〇曜日にお届け」
 

このとき「注文済み」の状況であれば、

キャンセルが可能です。

「注文をキャンセル」を選択します

注文をキャンセル

 

キャンセルの理由を選択しなくても

問題なくキャンセルできますが、

一応入力しておきましょう。

 

以下画像の11項目から選択できます。
キャンセルの理由2
キャンセルの理由1
これで、注文がキャンセルできました。

簡単ですね!

あなた(女)あなた(女)

支払ったお金はどうなるのですか?



佐野佐野

Amazonのヘルプでは、『クレジットカードへの請求は注文商品が出荷された時点で発生します』とあります。発送前の段階でキャンセルできた場合は支払も未完了ですので、これで取引が完全にキャンセルされたと考えて大丈夫です!



あなた(女)あなた(女)

思ったよりも簡単ですね!


キャンセルできない場合

購入履歴画面でキャンセルができない場合は、

以下の3点が理由となります。
  • 『発送済み』の場合
  • 『配達中』の場合
  • 『〇〇曜日にお届け』の場合
 

上記の場合で、どうしてもキャンセルしたい場合は、

商品が到着後、出品者と直接やりとりして

承諾される必要があるのです。

佐野佐野

但し、出品者にはキャンセルをする義務はありませんので、あくまでもは出品者がキャンセルにOKをした場合となります。!



あなた(男)あなた(男)

もしもキャンセルに応じてくれた場合は、感謝しないといけませんね!


キャンセルするときのペナルティは?

キャンセルすることによる

ペナルティはあるのでしょうか?

 

Amazonでは、Amazonの購入者、出品者ごとに

利用状況を点数化しているとの噂があります。

 

購入者側としては、注文キャンセル履歴が

マイナスの評価として残ることになります

 

そして、大量の注文を一気にキャンセルしたり、

頻繁にキャンセルを繰り返していたりすると

(4回の注文で1回など)

Amazonの購入者としての利用が

停止されてしまう可能性もあります。

悩む佐野悩む佐野

Amazonで商品を全く買えなくなるのは非常に痛いですよね。あまり無茶なキャンセルはしないよう気をつける必要があります


Amazonで商品を出荷したときのキャンセル方法とペナルティ

Amazonで商品を出荷した場合、キャンセルはできる?

次に、Amazonであなたが商品を出品していた場合、

お客様からの注文をどうやってキャンセルするのか?

キャンセル方法を具体的に教えます。

佐野佐野

ただ、出品者の場合は、購入者側よりもキャンセルが難しいと言えます



あなた(男)あなた(男)

購入者の方が権利が強い感じはしますよね。具体的にはどういうことですか?



佐野佐野

簡単に言うと、キャンセルできる条件は購入者側と同じなのですが、キャンセルする際のペナルティの判定がより厳しくなっています。この後詳しくご説明していきますね。



 

キャンセルの方法

商品売却をしている場合、

購入のキャンセルができるのは

商品の発送ステータスが
  1. 「発送前」
  2. 「保留中」
の注文のみとなります。

 

「発送前」「保留中」の場合に

キャンセルをするためには、

「Amazon seller central」の画面で

「注文」の項目の「注文管理」を選択します。

 

この注文リストでキャンセルしたい注文について

アクションで注文の

キャンセルボタンをクリックします。

 

注文のキャンセルページで、

キャンセル理由を選択し

送信をクリックします。

これで、注文がキャンセルできます。

佐野佐野

注文のキャンセル方法は簡単ですよね。ただ、以下からがちょっと面倒な話になります


キャンセルできない場合

出品者側で注文キャンセルができない場合は、

以下の3点が理由となります。
  • 『発送済み』の場合
  • 『配達中』の場合
  • 『〇〇曜日にお届け』の場合
商品のステータスとしては、

購入者側の時と全く同じですね。

 

商品を発送するかどうかは、

出品者側のアクションですので、

自分側の都合で商品のキャンセルが可能かどうかを

決定できることになります。

 

キャンセルするときのペナルティは?

それでは、キャンセルすることによる

ペナルティはあるのでしょうか?

佐野佐野

あります!Amazon出品から悪質であると判断された場合は、出品者ライセンスを取り消しされてしまいます。



あなた(男)あなた(男)

出品に厳しいAmazonですから、一度取り消しされると復活は厳しそうですね...



佐野佐野

そうですね。だから絶対に取り消しされない様に、キャンセルとペナルティについてルールを学んでおきましょう。相当悪質でない限りは、アカウントは即座に停止となることはなく「Amazon seller central」画面で「お客様のアカウントが一時停止となるおそれがあります」と表示されるので、そこは安心してください



あなた(男)あなた(男)

はい!



では、商品をキャンセルする際に

ペナルティとならない様に気を付けるべきこと、

一発でアカウント停止となりうる

危険な取引とは具体的にどの様なものがあるでしょうか。

 

前提として、キャンセル際、

あなたには2つの選択肢があります。
  1. 「出品者都合によるキャンセル」
  2. 「購入者都合によるキャンセル」
 

ここで「出品者都合によるキャンセル」を選ぶと、

出品者側にマイナス評価がつきます。

 

そのため、お客様からのご依頼という理由であっても

出品者側でキャンセル処理を行うのではなくて、

極力、購入者に「キャンセルリクエスト」

をしていただく様にしましょう

 

実際には「購入者都合」であったとしても、

出品者様がキャンセル処理を行った場合、

出品者によるキャンセルということで

評価が減点されてしまいます。

 

この様な通常のキャンセルであれば、

回数が多くない限りは、

一発でアカウント停止とはなりません。

 

但し、非常に悪質なケースですと、

アカウント停止処分

最悪、出品だけでなく商品購入すらも

できなくなる可能性があります。

 
  • 大量数の商品キャンセルを短期間に行う
  • 多額の商品キャンセルを数回行う
  • 人気商品、売り切れ商品など、購入者側のキャンセルによるデメリットが大きい
この様に、出品の場合は、商品購入の場合よりも

厳しいペナルティが課されます。

まとめ

最後にまとめです。

 

Amazonでの購入キャンセルについては、

購入者側も出品者側も

「商品発送前」であれば、キャンセルが可能です。

 

一方で、キャンセルができない場合も同様です。
  • 『発送済み』の場合
  • 『配達中』の場合
  • 『〇〇曜日にお届け』の場合
 

Amazonで何回もキャンセルしていると

「悪質なキャンセル」と判断されてしまい、

アカウント停止となる可能性があります。

そうなったら復活には多大なお金と労力がかかります。

 

特に、下記の取引に関しては

キャンセル回数が少なくても

Amazonから大きなマイナスの評価を

つけられることになります。

 
  1. 大量数の商品キャンセルを短期間に行う
  2. 多額の商品キャンセルを数回行う
  3. 人気商品、売り切れ商品など、購入者側のキャンセルによる
    デメリットが大きい
あなた(女)あなた(女)

改めてルールとペナルティを確認できたので、安心してAmazon取引が楽しめそうです!ありがとうございました!!



佐野佐野

ルールをしっかり守って、快適なAmazonライフを楽しみましょうね

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする