転売をして、自宅にいながら

好きな時間にお金を稼ぐことは

今や当たり前の時代となりました。

 

あなたもメルカリやヤフオク転売などで、

稼いだことがあるかもしれませんね。

 

でも、知識なく始めてしまうと

意外な落とし穴に落ちてしまう!

 

そんな危険も伴うのが転売です。

 

そこで今回、転売で安全にしっかり稼ぐためにも、

転売する上で押さえておくべき法律について

佐野が紹介しています。

佐野佐野

転売は軌道に乗せることが出来たら、大きなお金を稼ぐことが出来ます。しかし知識なく始めてしまうと、場合によっては『逮捕』なんて最悪の事態に陥ることもあります。そんなことがないよう、しっかり今日は学びましょう


転売を規制している法律とは、この3つだ!

転売を規制している法律

転売は立派な事業であり

自分でお金を生む楽しみもあります。

 

ですが、責任は自分にあるということを

念頭において転売を始めないと

知らず知らずに違法行為を行ってしまうこともあります。

 

転売を始める上で下記の3つの法については

しっかり勉強しておきましょう。

 
  • 古物営業法
    3年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • チケット不正転売禁止法
    1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金
  • 酒税法(無許可でお酒を売ってはいけない)
    1年以下の懲役または20万円以下の罰金
 

今回、転売において必ずしも知っておくべき

この3つの法律について紹介します。

 

少し難しく感じるかもしれませんが、

この3つの法律を理解しておかないと、

もしあなたが転売でお金を稼いでも

法に触れており、処罰を受けることもあるんです。

 

古物営業法

転売を行う際には原則として『古物商』が必要です。

『○○県公安委員会 12桁の数字』を取得することで、

古物商を取得している証拠となります。

 

古物商を取得せずに

あなたが行う転売が違法と判断されると

3年以下の懲役または100万円以下の罰金

このような罰則を受けます。

あなた(女)あなた(女)

私はメルカリで洋服を出品していますが…違法なんでしょうか?



佐野佐野

多くの人が利用するメルカリですが、古物商の必要は特に必要ありません。ただしメルカリで出品している商品が自分で昔から使っていた不用品や、ダタでもらったものなどに限ります。



 

古物営業法について知ると、真っ先に気になるのが

一度は利用したことあるであろう、

フリマサイトの場合はどうなるのか?だと思います。

 

フリマサイトも商品の売買を行なっています。

 

ですが、フリマサイトに関してはほとんどの場合が

古物商は必要ありません。

具体的に、古物商が必要ないケースは

以下の通りです。
  • 買い付けがない商品
  • 友人から譲り受けた商品
  • 自分で使っていた商品
  • ビジネス目的ではない商品
 

古物商の必要のないケースを一言で表すならば、

『お金を出して売り物として購入していない』商品。

 

この場合は古物商の許可は必要ありませんし、

法律に触れているとは判断されません。

 

チケット不正転売禁止法

チケット転売に関する法律が新たに改正されて、

出来上がったものがチケット不正転売禁止法です。

 

2018年12月8日に成立しましたが、

転売を始める中で特に注意してほしい

法律の一つです。

 

チケット不正転売禁止法は、

コンサートやスポーツなどのチケットを

高額に転売すると法に課せられ

1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金

払わないといけなくなります。

佐野佐野

チケット不正転売禁止法が実際にいつから施工されるかが話題になりましたが、2019年6月から法律が適用されることが、ついに決まりました



 

最近では人気グループ嵐のコンサートチケットを

高額に転売したとしてニュースにもなりました。

 

また、フリマサイトなどでも高い金額を設定して、

スポーツやコンサートチケットを販売する人も、

当たり前のようにいます(それでも売れますからね)。

 

消費者の買いたい!手に入れたい!

そこにつけ込み転売目的でチケットを購入して、

購入金額よりも高い金額を設定して利益を生む

 

このような転売はチケット不正転売禁止法に反し、

罰則を課せられるのです。

 

チケット不正転売禁止法に関しては、

理解しやすい違法行為ですが、新たに成立した法なので

しっかり理解しておきましょう。

 
1.販売に際し、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、その旨が券面(電子チケットは映像面)に記載されていること。
2.興行の日時・場所、座席(または入場資格者)が指定されたものであること。
3.例えば、座席が指定されている場合、購入者の氏名と連絡先(電話番号やメールアドレス等)を確認する措置が講じられており、その旨が券面に記載されていること。
※座席が指定されていない立見のコンサートなどの場合、購入者ではなく、入場資格者の氏名と連絡先(電話番号やメールアドレス等)を確認する措置が講じられており、その旨が券面に記載されていること。

引用:チケットの高額転売が禁止に!~チケット不正転売禁止法 6月施工
 

中には、本当に行きたかったけどいけなくなった…

 

そんなケースもありますが、そのような場合も

リセールサイトなど興行主や興行主から許可を得た

正規サイトを利用してチケットを売り買いしましょう。

 

酒税法(無許可でお酒を売ってはいけない)

嗜好品としてお酒を購入します。

そのお酒ですが、銘柄が有名で頂いたけど飲まない!

そんな時、あなたならどうしますか?

 

友人に譲ったり、身内にあげたり…

このように手元から処分しますか?

 

それともフリマサイトや転売という形で

お金に変えますか?

 

少し前ですが日本でも皆既日食が話題になり、

その時期、

お酒もラベルを作り限定のお酒を販売していました。

 

そこで『限定品』を手に入れたくて、

現地に足を運んだり、ネットで商品を探したり…

そこでネットで目的の商品を見つけ購入。

 

でも販売元が法を犯していた。

なんてこともありますし、

それがあなたであることもあります。

 

つまり、お酒の売買には酒類免許が必要なんです。

 

お酒は必要な免許無しでは販売できません。

 

これは、お酒は日本にとって税収源であり、

また未成年への飲酒へ規制などの観点からも

厳しく取り締まれています。

 

しかし、この法律を知らずに有名ブランドのお酒を

安く手に入れて販売し利益を出す人もいます。

 

売れやすい商品であるがゆえに、

手を出したい気持ちも分かりますが、

法を犯しては元も子もありません。

 

先ほど触れた『酒類免許』は、

お酒の販売形態によりいくつかの許可があり、

その総称としての呼び名です。

 

お酒を販売したいから『酒類免許』を取得しよう!と、

検索してもたくさんの種類の免許が出てきます。

 

今回、転売を行う際に必要になる免許は

『一般酒類小売業免許』です。

 

店舗や通信販売でお酒を販売できる免許になり、

扱えるお酒に制限はありません。

ただし利用できる範囲が1つの都道府県のみです。

 

お酒が好きだから…大量にお酒が手に入ったから…

転売してお金に変えようと考えるなら、

まずは一般酒類小売業免許を取得しましょう。

 

一般酒類小売業免許を取得せずに、

お酒を転売すると…

1年以下の懲役または20万円以下の罰金が科せられます。

お酒でお金を稼ぐ前には、

手続きが必要ということを理解しておきましょう。

 

3つの法律を踏まえたうえで、NGな転売とは?

NGな転売

ここまでご紹介した、この3つの法律を踏まえ...
  • 古物営業法
    3年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • チケット不正転売禁止法
    1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金
  • 酒税法(無許可でお酒を売ってはいけない)
    1年以下の懲役または20万円以下の罰金
実際にやってはいけないNGな転売例を紹介します。

 

中古品の転売

中古品と聞くと、自宅にあるあなたの私有物も

その一つになりそうですが、

先ほども紹介したように、あなたが以前購入して

使っていたものや友人から譲り受けたもの、

ゲームセンターなどの景品はここに該当しません。

 

ここで該当するものは、
  • リサイクルショップで転売目的で購入した商品
  • フリマサイトで格安で転売目的で購入した商品
  • ネットで大量に購入した転売目的の商品
  • 盗品を転売する
 

など、『転売目的の商品』

法律に反し、罰則を受けます。

 

と、なると

『転売目的ではないよ』と言ってしまえばいいのか?

となりますが、ビジネスと判断されれば違法です。

 

このような法律ができた背景には、

盗品を転売しお金にかえるケースが

多発したこともあります。

 

佐野佐野

もしあなたの商品の販売が法に触れる範囲なのか、少しでも不安があるなら専門の行政書士に相談しましょう。


スポーツ・コンサートチケットを個人で高額に販売する

スポーツやコンサートチケットを定価で購入し、

そのチケットを定価以上の額で販売すると、

チケット不正転売禁止法の反し、罰せられます。

 

これはダフ屋と言われる、

チケットを大量に買い付け、大量に高額だ売りさばき、

大きな利益を生む業者が増えたことで、

厳しく処分されているので、

知識なく勿体無いからと販売するのはとても危険です。

佐野佐野

本当に行きたかったけど行けなくなった…手元にあるチケットが勿体ない…そんな時は正規ルートで販売しましょう。儲けはなくても損はしませんよ。


お酒を転売する

お酒が好きな人は好んでお酒を購入しますが、

お酒が飲めない場合は頂いたお酒をどのように処分するか…

 

そこであなたがフリマサイトなどを利用していたら、

商品として販売しようと考えるかもしれません。

 

定価での販売、定価より安く販売したとしても、

この場合は売れてしまったら酒税法に反します。

 

フリマサイトを活用している場合、

商品数を増やしたくて利益を上げていきたくなりますが、

お酒に関して要注意です。

 

売れやすいジャンルではありますが、

売れてお金に変わった時、

あなたは法を犯したことになってしまいますからね。

 

逆に、OKな転売とは

法に触れない転売

転売のルールが少し複雑で、

転売そのものをやめておこうかな…

と考えてしまうかもしれませんが、

転売はルールを守れば賢くお金に変えることはできます。

 

実際に佐野も転売で稼いでいます。

これまで紹介した法律の中でも、

意外に『この範囲ならOK』というものもあります。

 

転売を本業にしたいけど、

でもまだ本格的に始めるための

許可証など揃える余裕がない。

そんな時は法律に触れない範囲から始めていきましょう。

 

不要になった商品を売る

フリマサイトを活用して売買する場合、

多くの人は使っていた不用品を販売します。

 

友人から頂いたけど…使わない。

引き出物、あまり使用しない。

 

このような商品であれば、

転売目的で手に入れたわけではないので、

古物商は必要なく販売できます。

 

また『新品』の商品も古物商は必要ありません。

買い付けで新品を購入して、出品する!

この場合も古物商は必要ないんです。

 

スポーツ・コンサートチケットを定価以下で販売する

スポーツやコンサートチケットはダフ屋の影響もあり

特に厳しくなっていますが、

『定価以下の額での販売』であれば違法にはなりません。

 

ダフ屋はとにかく定価で売れそうなチケットを

大量に購入します。

 

定価以上でも手にしたい購入者は、

定価の倍でもお金を出しますからね。

 

このような場合は、確実に処罰されますが、

行きたかったけど行けずに、

購入したお金を全額無駄にするのは勿体ない。

少しでも戻りがあればと、定価以下での販売であれば、

それは処罰の対象外になるんです。

 

グレー?法律的にあいまいな転売と、その理由とは

法律的にあいまいな転売のルール

ここまで法律を交えたお話ししていますが、

正直不安が残りますよね。

 

知れば知るほど、自分は法を犯していないか…

 

気になると思います。

それは当然なことで、

実は3つの法律全てグレーゾーンが存在します。

 

古物商が必要なのかどうか?

『常識範囲内でならグレー』

チケット不正転売禁止法においては、

『定価以下なら販売OK』

 

酒税法に関しても、

『取得する免許の種類で扱える酒類は限定される』

 

どうしても、素人では完璧に法を守りながらの転売は

難しいというのが事実です。

 

特に古物営業法に関しては、
1.過去一ヶ月に200点以上または、一度に100点以上出品をした出品者。
2.合計の落札額が過去一ヶ月に100万円以上、または過去一年間に1,000万円以上。
3.特定ジャンルで、家電で5点以上、CD・DVD・PC用ソフトで3点以上、ブランド品で20点以上、健康食品で20点以上、チケットで20点以上、同一商品を一時期に出品している。
(ただし、トレーディングカード・フィギュア・中古音楽CD・アイドル写真・趣味の収集物の処分・交換目的の場合は例外)

引用:インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン
 

このように経済産業省が発表した

ガイドラインを参考に判断しなくてはいけません。

 

こうして見ると、転売のルールは曖昧な部分も

たしかに多く、始めるには少し不安を感じます。

 

ですが、しっかり理解して法律さえ守れば、

自由に定価よりも高く販売できるのが転売の魅力です。

 

仕入れ値より高く販売してお金を稼ぐわけですから、

転売を行い際にはそれなりのルールを守り、

安全に効率よく稼いでいきましょう。

 

まとめ

今回、転売を行う中で知っておくべき法律について

まとめました。

 

少し難しい内容になったかもしれませんが、

転売を始める中で必ず理解しておくべき法律です。

転売を始めてやっと軌道に乗り始めた!

そんな時に法に反し、罰せられたなんてことになるのは

避けておきたい事態ですよね。

 

転売は賢く行うことで大きな利益を生みます。

 

そのためには知識も必要ということです。

もちろん慣れてくるとしっかり判断もできるますので、

準備段階では勉強も必要としっかり正しい情報を

集めておきましょう。

 

佐野佐野

今でこそ転売に慣れましたが、佐野も転売を始める当初はなかなか苦戦しました。でもその時期があったからこそ今は安全かつ大きな利益を生むことができているんだと思います。

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする