メルカリ歴は4年以上な

シュアーズの佐野です!

 

普段メルカリを利用しているあなたは、

どのような発送方法

発送されているでしょうか?

 

普通に定形外郵便やゆうパックなど

一般的な発送方法もありますが、

メルカリでは通常よりもお得な

ゆうゆうメルカリ便やらくらく

メルカリ便を利用することができます。

ところであなたはゆうゆうメルカリ便と

らくらくメルカリ便の違いをご存知でしょうか?

 

これを知らないと、実は損を

してしまっているかもしれません!

佐野佐野

今回はそれぞれの特徴と、これらをお得に使いこなせるよう、両者を徹底比較してみました。

 

なお、動画でも今回の記事をお話しているので、

動画派の方はコチラをご覧ください。

ゆうゆうメルカリ便の特徴

メルカリ利用者のための発送サービス

ゆうゆうメルカリ便はメルカリと

日本郵政が提携して提供している、

メルカリ利用者のための発送サービス

になります。

 

主な特徴としては

次のような事が挙げられます。

  1. 日本郵政の発送サービスを通常より安価に利用できる
  2. スマホ一つで宛名作成可能(入力必要なし)
  3. 郵便局、コンビニから発送可能
  4. 匿名で発送が可能
  5. サイズはA4と100サイズまで
  6. 追跡機能有り、購入者発送者ともにメルカリアプリにて確認できて便利
  7. 発送事故時、メルカリによる全額補償があり安心

 

ゆうゆうメルカリ便のメリット

 

ゆうゆうメルカリ便のメリットについて

お話しします。

 

ゆうゆうメルカリ便のメリット

先ほどでもお話ししたように

かなりたくさんあります。

 

その中でも特に注目すべきなのは

  1. A4サイズ発送が175円であること
  2. コンビニ受け取りが可能なこと
  3. 重量は均一30kgまで可能であること

 

A4サイズ発送が175円でできる

まず一つ目、A4サイズの発送

(いわゆるゆうパケット)が

たったの175円で利用できる

についてです。

 

ゆうパケットはA4サイズ、厚さ3cm、

重さ1kgまでの商品を全国どこにでも

発送することが可能です。

 

らくらくメルカリ便にも同じような

サービスとしてネコポスというものが

ありますが、そちらのほうがサイズも小さく、

値段が195円と割高です。

 

また、似たようなサービスとして

クリックポストというサービスがあり、

こちらは164円で利用できるのですが、

商品破損、紛失等が発生した際の補償を

受けることができません。

 

ゆうパケットでは175円ながらも補償機能

ついていますので安く安全に利用することが

できます。

 

コンビニ受け取りが可能なこと

次のメリットは、

コンビニ受け取りが可能なこと。

 

らくらくメルカリ便を始めとした多くの

発送方法では、コンビニ受け取り

行うことはできません。

 

しかし、日中外出しており受け取りが

困難である購入者も多く、そのような人中心に

コンビニ受け取りをしたいというニーズ

存在します。

 

ゆうゆうメルカリ便はこれらのニーズ

満たすことができるので、非常にメリットの

ある発送方法であると言えます。

 

重量は均一30kgまで可能であること

最後の利点サイズに関わらず

重量が均一30kgまで

対応していることです。

 

らくらくメルカリ便ではサイズごとに

重量制限がかけられている他、

最大サイズの160サイズでも

預けられる重量は25kgまでです。

 

サイズはそれほどないけれども

重量が重いもの(書籍等)は

ゆうゆうメルカリ便の方がお得に

発送できると言えます。

 

逆に、ゆうゆうメルカリ便のデメリットは?

ゆうゆうメルカリ便のデメリット

サイズ展開があまりない点にあります。

 

ゆうゆうメルカリ便

  1. ゆうパケット(A4)
  2. 60サイズ
  3. 80サイズ
  4. 100サイズ

 

までしかなく、それ以上のサイズの物を

出品することができません。

 

そのため比較的サイズがかさばりがちな

大きなバッグや衣類(アウター等)は

発送に向かないと言えそうです。

 

らくらくメルカリ便の特徴

らくらくメルカリ便は、メルカリと

ヤマト運輸が提携して提供している、

メルカリ利用者のためのサービスです。

 

主な特徴としては

次のような事柄が挙げられます。

  1. ヤマト運輸の発送サービスを通常より安価に利用できる
  2. スマホ一つで宛名作成可能(入力必要なし)
  3. 郵便局、コンビニから発送可能
  4. 匿名で発送が可能
  5. サイズはA4と宅急便コンパクト、60~160サイズと幅広い
  6. 追跡機能有り、購入者発送者ともにメルカリアプリにて確認できて便利
  7. 発送事故時、メルカリによる全額補償があり安心

 

らくらくメルカリ便のメリット

次に、らくらくメルカリ便のメリット

ついてお話しします。

 

らくらくメルカリ便にも、先ほど

お話ししたようにたくさんのメリットが

あります。

 

その中でも注目すべきなのは、

  1. サイズ展開が幅広いこと
  2. ネコポス、宅急便コンパクトを利用可能

この2点です。

 

サイズ展開が幅広いこと

ゆうゆうメルカリ便60,80,100

の3種類のサイズ展開しかなかったのに

対して、らくらくメルカリ便では

60~160までの6つのサイズ

展開があります。

 

そのため、大きな商品を発送する際にも

比較的安く発送できる点は魅力的です。

 

また、ここでは紹介する程度にとどめますが、

大型家電などを運送する大型らくらくメルカリ便

なども存在します。

 

ネコポス、宅急便コンパクトを利用可能

また、らくらくメルカリ便ではネコポスや

宅急便コンパクトなどを利用できます。

 

ゆうゆうメルカリ便にはなかった、微妙な

サイズ感でもらくらくメルカリ便では

上手にカバーすることが可能です。

 

微妙なサイズの時でも、ちょうど良いサイズの

発送方法を選ぶことで節約することができます。

 

逆に、らくらくメルカリ便のデメリットは?

逆にらくらくメルカリ便の

デメリットは以下の通りです。

  1. コンビニ受け取りができない
  2. ネコポスなどが若干高い
  3. 重量制限がある

 

コンビニ受け取りができない

まずはコンビニ受け取りができないという

点についてです。先ほど紹介したように

コンビニ受け取りができるのであれば

購入したいというお客さんもそれなりに

存在します。

 

しかしらくらくメルカリ便では住所あてへの

発送しかできないためこのようなニーズ

答えることはできません。

ネコポスなどが若干高い

次に、値段が若干高いことが挙げられます。

 

ゆうパケット175円だったのに対し、

ネコポス195円になります。

 

さらに言えばどちらもA4サイズですが、

ゆうパケットは厚さ3cmまで、ネコポスは

2.5cmまでとなっており、ゆうパケットに若干

劣ります。

 

重量制限がある

最後のデメリットは重量制限が

あることです。

 

らくらくメルカリ便では、60サイズは

2kgまで、80サイズは5kgまでといったように

重量の制限が存在します。

 

ゆうゆうメルカリ便がサイズに関わらず

すべて均一30kgまで預けることができるのとは

対照的です。

 

そのためサイズがないにもかかわらず、

重量のある商品はらくらくメルカリ便

送るのは向いていないと言えます。

ゆうゆうメルカリ便の料金表

サイズ料金
60サイズ

600円

80サイズ

700円

100サイズ

900円

ゆうパケット

175円

ゆうゆうメルカリ便はサイズに関わらず

荷物重量の制限は30kgです。

 

サイズ展開が少ないのがデメリットですが、

ゆうパケットなどはかなり安く

発送できることがわかります。

 

らくらくメルカリ便の料金表

サイズ(重量)料金
60サイズ(2kgまで)600円

80サイズ(5kgまで)

700円

100サイズ(10kgまで)

900円
120サイズ(15kgまで)1000円
140サイズ(20kgまで)1200円
160サイズ(25kgまで)1500円
ネコポス195円
宅急便コンパクト380円

 

表にするとわかりやすいですが、

らくらくメルカリ便はサイズ展開が

多いことがわかります。

 

しかし、重量制限がかなり厳しい為、

やはりサイズが小さいにもかかわらず、

重いものを発送するのには向きませんね。

 

ゆうゆうVSらくらくメルカリ便、料金表的にはどっちが安い?

どっちがいのか迷う男と女

全体的に料金は一緒のように

見えますが、らくらくメルカリ便

重量制限があることもあり、

サイズを満たしていても重ければ

一つ上のサイズ料金になることもあります。

 

そのため、基本的にはゆうゆうメルカリ便

発送するほうが安上がりになることが

多いと言えます。

 

ゆうゆう&らくらくメルカリ便をお得に使い分けるには?

メリットデメリットのところでも

紹介しましたが、らくらくメルカリ便

サイズ展開がきめ細かく行われて

います。

そのため、ゆうゆうメルカリ便では

対応できないサイズの場合や、

宅急便コンパクトでは発送できるけど

 

ゆうパケットではサイズが合わない

といった状況でらくらくメルカリ便

利用するように使い分けるとよいでしょう。

料金表だけで判断してはダメ

どっちを使うのかの結論

いかがだったでしょうか。今回の結論としては

  1. 基本的にゆうゆうメルカリ便が安い
  2. サイズが合わない場合はらくらくメルカリ便

といった形になります。

 

一見すると料金体系が全く同じように

見えがちな2つの発送方法ですが、

重量関係で料金が上がってしまったり、

コンビニで受け取りができる、できないなど

細かな違いが存在します。

 

顧客の要望やサイズ、重さなどを加味して

その時に最もお得に発送できる方法を

模索することが大切です。

 

また、もしメルカリで高く売る7つのコツを知りたい方は、

こちらの記事に7つのコツを纏めたので、

あわせて読んでみてください^^

 

佐野佐野

メルカリでの具体的な稼ぎ方を知りたいあなたは、メルカリ転売で”平均48910円利益が出た”時に私が実践した全てのやり方 まとめ をお読みください(^^♪

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、
副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。
また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定
【日時・締切日】
毎月第2日曜日:13時~14時
毎月第3日曜日:13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする