「すい臓を壊して脱サラした僕が、

パソコン1台で暇人になれた理由とは?」

の著者である、シュアーズの佐野です。
 
今回、あなたの大切なAmazonアカウントを
閉鎖・削除から守るために、
どうすればいいのか!?
これについてお話したいと思います!
 
アマゾンアカウント閉鎖・削除を受けた場合
アカウントはどうなるのか?
どうした場合に閉鎖・削除になってしまうのか?
 
実際に起こったパターンも合わせて。
お伝えしていきます。
 
佐野佐野

Amazonで販売していく上で知らないとまずいことばかりです!その方法をお教えしますので、是非最後までご覧ください^^


 
なお、動画でも今回の記事をお話しているので、
動画派の方はコチラをご覧ください。



Amazonアカウントの停止・閉鎖(削除)とは?

転売(せどり)で必須の販売プラットフォームは、
なんと言ってもAmazonですよね。
 
しかし、規約違反してしまった場合の
ペナルティが大きく、
問答無用のアカウント停止・閉鎖も十分ありますし、
その後の処置も厳しいことで有名です。
 
しかも常に規約改定が行われており、
どこが規約違反なのかわかりにくいです。
 
まずは、そもそもAmazonアカウントの停止や
閉鎖(削除)がどういったものかご説明します。
 

Amazonアカウント停止とは?

Amazonアカウントが停止されると
商品の販売・売上金の入金がストップされます。
 
あくまで、"一時"停止なので明確な
改善点をAmazonに示せば、
アカウントの復活は可能ですので、
焦らず落ち着いて対応しましょう。
 
ただし、しっかりした改善点が示せない場合は
アカウント削除に移りますので注意してください!
 

Amazonアカウント閉鎖(削除)とは?

 
アカウントを削除された場合の処分については下記の通りです。
  • 90日間の入金停止
  • FBA在庫の返送
 

90日間の入金停止

90日間購入者への
返金や補填に当てられ、
その後入金されます。
 
もちろんその間に返金などが
あった場合は入金予定の金額から
差し引きされるので、
満額入金されるかはわかりません。

FBA在庫の返送

閉鎖時点でFBAに預けている商品が全て、
問答無用で返送されます。
 
悩む佐野悩む佐野

在庫が全て家に返送されて家中荷物だらけになる可能性があります。考えただけで、ゾッとしますね・・・


 
また、アカウントが削除された場合、
アカウントが復活することはほぼないので、
ちょっとした裏技を使わない限り
再度Amazonで販売することはできません。

Amazonアカウント停止・閉鎖(削除)の理由とは何か?

アカウント停止の理由

アカウント停止の理由は、
Amazonユーザーに対して良くない販売者や
Amazonの規約を守れない販売者が
対象になってきます。
 
具体的には、以下のいずれかが

原因でアカウントが停止します。
  • Amazon顧客満足度の低下
  • カスタマーレビューの操作
  • Amazon規約違反
 
しっかり対処すればアカウントは復活しますが
停止中は入金が止まりますので、
現金もそうですが、時にクレジットカードで
仕入れしている方は痛いですよね。
 
このあと、1つずつの原因について、

更に詳しく解説していきます
 
佐野佐野

原因を把握しておけば、未然に防ぐことができます。丁寧にお読みくださいね

 Amazon顧客満足度の低下

顧客満足度が低下した理由として、
こちらの5つがあります。
  • 注文不良率
  • キャンセル率
  • 出荷遅延率
  • ポリシー違反
  • 回答時間
この5つからアカウントヘルス
の目標値をAmazonはチェックしています。
 
目標値に対する達成状況は、

Amazonの管理画面(セラーセントラル)の
パフォーマンス指標の画面からも

確認できます。

 
 
下回っても削除まではいきませんが、

カート獲得率の低下など、

いろいろな影響が出ます。

カスタマーレビューの操作

Amazonユーザーは意外と

カスタマーレビューを見て、
買うかどうかを判断しています。
 
しかも、レビュー数はAmazon内のSEOの

「A9」にも影響してきますので、

特にAmazon転売初心者の方は、

いかにレビューを集めるか考える必要があります。

 
ちなみに、

お金を払ってレビューをお願いしたり、
自演でのレビュー操作を行うことは
アカウント停止の対象となります。

Amazon規約違反

Amazonの規約は、大きく2つあります。
  • Amazon マーケットプレイス参加規約
  • Amazon マーケットプレイス出品規約
 
もっとも注意しないといけないのが、
Amazonの出品規約違反
です。
これを違反してしまうと、
アカウント削除の可能性大です!
 
ただ商品が説明と違った、
といった軽微な場合は

アカウント一時停止になる
ことがほとんどです。

 
何が重大で、何が軽微なのかは
販売者側で判断できるものではないので、
いかに規約違反をしないかが大事ですね!

アカウント削除の理由

アカウント削除の処置になるのは、
こちらの2つです。
  • 法律違反
  • アカウント停止から反省が見られない場合
 
法律違反行為をした場合か、
アカウント停止から反省が見られない場合の
2パターンです。

法律違反

Amazon転売で特に注意しなければならない

法律5つがコチラです。
  • 商標権
  • 知的財産権
  • 薬事法
  • ポリシー違反
  • 特定商取引法
 
商標権のクレームを頻繁に送るメーカーを
こちらの記事に纏めましたので、
必ず読んでおいてくださいね。

 
 
知的財産権とは、一言で言うと、

「権利」です。

 
あらゆる商品は、基本的に

その販売元のメーカーが

商標権などの権利を持っています。

 
その商品を無許可で誰かに販売されると

「権利が侵害された」と解釈されることがあります。

このような流れでメーカーからの
クレームにつながるわけです。
 
他人の権利を侵さない対策として、

メーカーからクレームが来た時は、

基本的に内容通りに対応しましょう。
やるべきことは以下の流れです。
 
  • 1. 出品を取り下げる
  • 2. メーカーにメールを返信する
 
メーカーの目的はあくまで

その商品のAmazonでの販売をやめさせることです。

出品者を攻撃したり

争うことが目的ではありません。

 
なので、上記のように対応すれば

基本的にそれで終了です。

 
クレームが来たら
すぐにその商品を取り下げないと、
Amazonに通報され
アカウントが停止されてしまいます。
 
せどりをする際は、メーカーからクレームが来る
商品かどうかを見分けることも大切です。

 
見分ける方法は、リサーチの時に、

この3つでチェックしてください。
  • Googleで調べる
  • 出品者をチェックする
  • モノレートで判断する
 
この確認をすることで、

リスクを減らして

仕入れをすることができます。

 
それぞれの確認方法を、
更に詳しくお伝えします。

Googleで調べる

仕入れ判断の時に、

 
  • 「商品名 知的財産権」
  • 「商品名 せどり」
 
でGoogle検索してみましょう。

せどり系のブログなどで

「知的財産権の侵害に関する記事」などが

出てくることがあります。

 
そこに仕入れ対象の商品名が載っていたら
アウトということです。

出品者をチェックする

仕入れ判断の時に

出品者の名前をチェックするようにしましょう。

 
その中にこちらの3つのいずかが、

出品者でいたら注意です。

 
  • 正規(公式)販売店
  • 正規代理店
  • メーカー公式ショップ
 
具体的には。こういった商品です。

 
メーカー公式ショップなどから、
警告が来る可能性が高いので、
仕入れは避けた方が無難でしょう。

 

モノレートで判断する

リサーチの時に

モノレートで「出品者数のグラフ」を

チェックしましょう。

たとえばこちらの商品。

 
出品者数はずっと1のままです。
 
このような商品は

正規販売店だけが販売できる商品だと考えられます。

 
このような商品を出品すると

メーカーから警告が来る可能性が高いです。
 
もしモノレートの見方がわからない場合には、

こちらの記事に詳しく書いたので、

ご確認いただけますでしょうか。

 

アカウント停止から反省が見られない場合

アカウント停止措置を受けると、

17日以内に同じ違反が出ないための
改善策を提出する必要があります。
 
もし17日経過しても改善策を示せない場合、

反省が見えないと判断され、アカウント閉鎖となります。

 
一度アカウントが削除されたアカウントと

何かしらの情報が紐づいてしまえば、

現在運用中のアカウントが問題なくても
アカウントが削除されてしまいます。
 
アカウントが閉鎖されたからと、

再びアカウントを作成しても、

 
  • IPアドレス
  • 口座番号
  • 住所
 
が1つでも同じだったり、

前の販売商品が同じだと

停止アカウントと認識され削除されます。

Amazonアカウント停止を回避する3つの極意

アマゾンで本気で稼ぎ続けたいのであれば、

Amazonから提示されたヒントを守って、
アカウント削除のリスクを回避しましょう!

 
アカウント削除のリスクを下げる、

3つの秘訣をお伝えしますね。
  • Amazonから提示されたヒントを守る
  • アカウント健全性(アカウントヘルス)の目標数値を維持する
  • 1ヶ月の返金率が当月の受注数の5%未満
 
この3つは必ず守るように、意識してください

Amazonアカウント停止から復活するには?

万が一アカウントが停止しても、

アカウントを復活できる可能性があります。
 
復活するヒントとして、Amazonからこちらの5つが

提示されています。

 
  • 商品を適切に分類し十分な説明することで購入者が混乱しないよう努めてください。
  • 購入者からの問い合わせがあった場合には迅速かつ丁寧に対応してください。
  • 丁寧に梱包し、配送中に破損することがないようにしてください。
  • 受注から2営業日以内に出荷してください。
  • 返金、返品、交換など、取引完了後のサポートも手稲に行ってください。
 
Amazonは顧客に商品をできるだけ

早く届けたいという思いがあります。

ユーザーに安く商品を届けたいという思惑もあるのです。

 
Amazonから真贋調査依頼のメールが
届いたにも関わらず、
該当商品をカタログから削除のみ行い
確認書類を送らなかった場合も、
アカウント停止になります。
 
アカウント停止になった場合は、

アマゾンに改善計画書を提出する必要があります。
反省文みたいなものですね

 
改善計画書は。以下の形に沿って書いてください。

そうすると、復活する可能性が多少上がります。
 
  • 【今回発生させた規約違反の内容】
  • 【同じ違反を起こさないための具体的な改善策】
  • 【改善策を実施した場合の効果】
  • 【改善策の実施期日】
  • 【改善策の効果が見込まれる時期】
  • 【改善策実施責任者氏名】
  • [チェックを入れる] Amazonの出品者利用規約と出品の成功事例を読み、確認しました。
  • [ チェックを入れる] 申請に記載されている情報に偽りはなく、正確です。
 
Amazonから提示されたヒントを守って、アカウント削除のリスクを回避しましょう!

Amazonアカウント閉鎖(削除)から復活(再開)する方法は?

アカウント削除から復活(再開)する可能性は、
ほぼゼロです。
削除になるには致命的なミスを犯してしまっているので

削除からの復活は諦めた方がいいです。

 
アカウントの停止になってしまった場合は、

類似の問題が起こらないようにするための

改善をしていくことが大切です。

佐野佐野

アカウント削除にならないように、対策をしていきましょう。


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アカウント停止、閉鎖に関係する事例の

一部をお伝えしてきましたが、

日ごろからしっかりと規約を遵守し、運営していれば
必要以上に怖がることはありません。

 
一方で、Amazonは出品者に対する

規制を強化していて、

事実無根でアカウントが停止されることもあります。
 
その場合には、しっかりと自分自身の
正当性を伝えて、毅然とした態度で臨みましょう。
 
1点注意いただきたいのですが、

アカウント停止時に頭に来たからと言って、

Amazonにクレームを入れてはいけません。
 
クレームを入れると、閉鎖になる確率が

非常に高いです。

 
どんな時でも冷静に、

紳士のように対応しましょうね^^

 
佐野佐野

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。メルマガでも儲かる情報をお伝えしているので、宜しければメルマガに登録をしておくことをお勧めしておきます。



 

【毎月2名限定】無料面談のお知らせ

無料相談では、あなたがアマゾン販売で、

副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。

 

また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、

仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと

あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定

【日時・締切日】

毎月第2日曜日:13時~14時

毎月第3日曜日:13時~14時

※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話

【参加料金】完全無料

【参加条件】テキスト審査に通過した方



> → 今すぐお問い合わせをする