ここでは、あなたが、会社員やサラリーマンという
場所と時間に縛られた状態から、PC1台だけで
仕事をして自由な起業家になれるのか?

このことについて詳しく解説していきます。
今サラリーマンの人は、必見です。

今こそPC1台で起業したほうがよい背景

あなたが住む日本では、世界的に見て、給料も
高いほうで、経済的に豊かと言われている中、

それにもかかわらず・・・

食料品等の物価価格が
上がっている・・・
貯金ができない・・・
カネがない・・・
住宅ローンや養育費の支払いできつい・・・

終身雇用でない時代になってることを考えると、
定年まで安定した生活が送られる保証は一切ない…。

会社員を取り巻く現状は閉塞感に満ちています。

また、「貯蓄がふえない」という声もよく聞きます。
それもそのはず、国税庁の、
民間給与実態統計調査結果によると

給与所得者の平均給与は、
1997年に467万円だったのが2015年は420万円。

前年より5万円増えたものの、ピーク時と
比較して50万円近くも下がっています。

貯蓄をふやすためには「節約して支出を減らす」
「投資をしてお金に働いてもらう」という方法があります。

しかし、収入がなかなか増えない、節約が難しい、
超低金利の影響もあり利率の高い運用が
難しいというのが現実。

そこで、第3の方法として
「家から一歩もでずにPC1台で副収入を増やす」
ことが数年前から注目されています。

大手企業も副業を解禁し始めた今、
サラリーマンも“二足のわらじ”を履く時代になってきています。

パソコン1台で仕事をするスタイルの先駆けは
世の中には、パソコン一台で仕事をしている人たちがいます。

いわゆるノマドワーカーと呼ばれる人ですが、
パソコン1台で仕事をするスタイルの先駆けといえば、

  • プログラマー
  • WEBデザイナー

これらはもともとパソコン1台で仕事を行います。

そのため、基本的にパソコンさえ
あればどこでも仕事ができますが、
いきなりプログラマーになることは難しいはず。

そこで、佐野が行っているネット転売やブログ、
様々な仕事がパソコン1台で作業出来る
時代に突入しているわけです。

ちなみに、何故、今の時代にPC1台の仕事で
稼ぐ時代になっているのか?

もう少し詳しくみていきます。

PC1台で起業をするべき3つの理由とは?

理由1:生産性が劇的に向上するから

パソコン1台で行うノマドワークであれば、
必ずしもオフィスで行わなくてもよく、

与えられたタスクを完遂することができれば、
わざわざ仕事場へいく必要がありません。

毎日、憂鬱な気分で迎える朝。
満員電車へ押し込まれる通勤。

サービス残業や過労死のリスクがある職場など、
職場を持つことによる生産性の悪さを見直す動きがあります。

より労働生産性の高く、より幸福度の得られる
働き方を社会が追い求めた結果ノマドワークが注目されているのです。

シュアーズ代表の佐野も、パソコン1台の仕事を
してから、収入も2倍近くまであがり、
時間的自由度は圧倒的に増えています。

 

理由2:共働き家庭が増加したから

少し前までは男性が家族のために朝から晩まで
仕事をし、女性は働かず家事をするのが常識でした。

しかし、今では共働きのダブルインカムが増え、
女性の社会進出が叫ばれています。

一方で、待機児童問題などの影響により、
女性が職場に行って仕事をすることの難しさがあります。

この問題を解決する手段として、家庭内で
仕事が出来るノマドワークが注目されています。

 

理由3: 終身雇用制度の崩壊

昔は終身雇用で会社から守られて、新卒で
大企業に滑り込めば、一生その身分が
保証される、というのが実情でした。

しかし、終身雇用制度が崩壊した今では、
正社員であってもスキルと経験に応じて雇用され、
実績が出せなければ解雇されるリスクもあります。

単に有名な会社と雇用契約を交わしている
にすぎず、会社員であっても本質は
フリーランスと変わりません。

そのような意味で、これからは全ての人が
ノマドを強いられると考えています。

自分の身は自分で守る時代に突入しています!

 

起業に向けて!パソコン1台の仕事で稼ぐメリットとは?

パソコン1台で稼ぐことのメリットとして大きく3つあります。

メリット1:仕事をする時間が本当に自由

クライアントによっては
コアタイムがある場合がありますが、基本的に
ノマドワーカーは仕事をする時間が自由です。

そのため、途中で家事をするために休憩したり、
子供を迎えにいったり、ライフスタイルに
合わせて仕事をする時間を調節することができます。

休日も自由自在に決めることができます。家族や
恋人、友達に休みを合わせることもできますし、

イベントに参加したいからという理由で
平日に堂々と休むことも可能です。

休日も休憩も、自由自在にスケジュールが
組めるのもノマドワーカーの大きなメリットです。

 

メリット2:仕事をする場所が自由

ノマドワーカーは特定のオフィスを
持たない働き方をするため、
仕事をする場所が自由です。

家で仕事をしても良いし、お気に入りの
カフェで仕事をしても構いません。

パソコン最低1台とインターネット環境さえ
整っていればどこで仕事をしてもOKなのです。

まして、国内問わず海外旅行をしながら、
仕事をしたり、会社運営をすることも可能ですね!

 

メリット3:頑張り次第で収入が大きくアップ

オフィスに通って仕事をする場合は、
基本的な給料の金額が決まっています。

残業やその他の手当などで
変わってしまう人もいると思いますが、
基本的に1時間に100枚の書類を
処理しても1000枚処理しても同じ金額です。

しかし、ノマドワーカーであれば
効率よく仕事をして、早く終わらせる
ことができれば、その分時給が上がって高単価になります。

さらに、仕事を掛け持ちすることもできるので、
仕事の効率性を上げれば上げるほど稼げるようになります。

いくら効率よく仕事を行っても、
全然給料が上がらないという不公平な部分が

ないのもパソコン1台で仕事をする
ノマドワーカーのメリットの一つです。

 

パソコン1台の仕事をすると生じるデメリット

パソコン1台の仕事は、
メリットばかりではありません。
デメリットもいくつかあるので、確りおさえておきましょう。

デメリット1:堕落した生活に陥りやすい

仕事をする時間が自由な分、堕落した
生活習慣に陥りやすくなります。

いつもお昼までたっぷり寝て、遅くまで
夜ふかしをするなんて生活をしている
ノマドワーカーも少なくはありません。

自己管理ができない人は生活習慣が狂って
だらしなくなり、堕落した生活を
送ることになってしまうかもしれません。

一度狂った生活習慣を正すことは大変です。
健康的な生活を送ろうと思っても、つい
だらけてしまいなかなか直らないのが現実です。

オフィスに通って仕事をする生活をしていれば、
基本的には仕事をする時間が確り決まっている為
このように時間にだらしなくなることもあまりありません。

 

デメリット2:仕事をする場所にお金がかかる場合も・・・

カフェなどの飲食店で仕事をすると、
場所代としてドリンク代や食事代等がかさみます。

そのため、電気代は高くなってしまいますが
家で仕事をしている人も多い印象です。

 

デメリット3:効率が悪いと最低賃金以下になるリスクがある

住んでいる地域によってアルバイト等の
最低賃金が設定されており、
最低賃金以上の時給が保証されています。

しかし、ノマドワーカーは歩合制です。
仕事量によって報酬が変わるため、
仕事量が少なければその分単価も低くなります。

だらだらと仕事をしていたり、効率が
あまりにも悪いと、時給換算をした時に
最低賃金以下になってしまうケースもあります。

 

副業から始めよう!いつから休日ノマドワークを始めるべきか?

まずは副業として休日だけでも
ノマドワークに取り組むことをお勧めします。

これを世界では”週末起業”と言ったりします。
具体的にいつから始めると良いのか見ていきます。

 

新年(事業年度の開始)

気分を新たに新年からノマドワークに取り組むのも良いですね。

合わせて、新年の目標に「ノマドワークで年間●●円稼ぐぞ」といった形で
具体的な数値目標を立てると、目標に向かって
効率性を考えた働き方が出来ると思います。

こういった精神的な理由以外に、新年は、
事業年度の始まりなので、経理上、メリットがあります。

例えば、節税の恩恵が受けられる
青色申告の申請期間であること

売上や利益計算を半月・1年単位で
計ることができ、起業の目安になったりするからです。

年度末になったら、パソコン1台の
仕事(副業)や起業を視野に入れてもよい時季です。

 

クリスマスやハロウィン等のイベント

ノマドワークの中でも
特に物販のビジネスに取り組む場合には、
クリスマスやハロウィン等のイベント前に
事業スタートするのも良いです。

これは、物販に限らず、ブログで稼ぐ
場合も同じで、年度末は、アクセスが

うなぎ上りになり、広告報酬や
契約や成約も決まりやすい時季です。

クリスマスプレゼントやハロウィン時は、
イベントに関する商品が非常に売れるため、

イベント前にビジネスを開始することで
ビジネスのスタートダッシュが出来ると同時に、
最大瞬間風速を体感できるので、
パソコン1台でビジネスをするきっかけにもなるわけです。

 

副業は好きなタイミングでもOK

時期を選ぶことは大事ですが、一番良い
タイミングとしては・・・
「あなたがノマドワークしたい」
「パソコン1台で起業を目指したり」と思ったその時です。

あれこれ考えて立ち止まってしまうよりも、
まずはやってみること。
第一歩を踏み出すことこそが最も重要です。

 

パソコン1台で副業をする場所について自宅?オフィス?

本当に自宅で大丈夫

仕事内容によってはプリンターなどの
道具が必要な場合がありますが、最低限

インターネットにつながるパソコンが
自宅にあれば作業が出来ます。

また、経理上、自宅兼オフィスにすることで、
パソコン1台で起業した時に、
合法的な経費削減に繋がるのでおすすめです。

ただ、人が出入りするマンションを事務所に
する場合は、不動産会社との相談もあるので、
初期の段階では、パソコン1台、社長一人が理想です。

 

集中できない時は、wifi環境が整備されたカフェやマック

「自宅だと作業に集中できない!」
「お気に入りのカフェで仕事がしたい!」
「カフェで仕事をすることに憧れている。」

といった場合には自宅以外の場所で
作業することも可能です。

その場合、お店でパソコンの電源が繋がるか、
Wifiでインターネットに接続出来るかをご確認ください。

カフェでなくもホテルのラウンジでも同様です。
インターネットが繋がればどこでもパソコン1台で
仕事はできるので、パソコン1台の仕事や
起業は、非常におススメです。

 

形から入る場合は、シェアオフィスもある

複数の企業が共同でスペースを使用する、
シェアオフィスもオススメです。

電源やネットへの接続環境も完備しており、
事務所としてマンションの部屋を借りるより格安で

オフィス機能を有することが出来るため、
ビジネスを新たに立ち上げる方にとっては
メリットが大きいと言えます。

ただ、10分数百円や月額5万円~など、ある
程度費用はかかってくるので知っておいてください。

 

PC1台で起業するならおススメのビジネスモデルベスト3

ここでは、私が実体験をもとに、
パソコン1台で起業をするならおススメの
ビジネスモデルをランキング形式でご紹介いたします。

 

  1. ネット転売


    恐らく最も最短で結果が出やすいのがネット転売で、佐野自身も僅か8か月で売上830万円を稼ぐことに成功しています。ただ、ネット転売といっても多種多様ありますので、できるだけパソコン1台で自動化できるモデルを選ぶのがおススメです。おススメは、断トツAmazonを使った販売で、納品や梱包を全てAmazonに委託できる画期的なモデルです。
  2. 教える系ビジネス

    教える系ビジネスとは、自分の専門分野を生かして、コンサルタントやコーチとして、稼ぐビジネスを言います。やり方によっては、オンラインだけで展開もできるし、Eラーニングの仕組みで運営することも可能です。具体的なジャンルと言えば、メンタルヘルス、英語、美容、実績に基づく各種コンサルティングがあげられます。

  3. アフィリエイト(広告報酬型ビジネス)

    ネット業界を広くリサーチしてみると、アフィリエイターの稼ぎ方は、本当に凄まじく、億は当たり前の世界になってきました。ただ、難易度は高いですし、絶大な信用が無いと、広告ビジネスとして機能しません。自分だけの強力なメディアやネット媒体を持てることが前提です

 

WEBデザイナーやクリエイターはどうなの?直ぐに稼ぐならネット転売がおススメ?

ここで、パソコン1台で仕事(起業)するなら
Webデザイナーやプログラマーはどうなのか?
こんな疑問も出てきそうです。

確かに、こういった職業を持つ方も、
パソコン1台で仕事をすることもできますが、
どうしても専門的なスキルが必要で、
一般的と言えないです。

また、仲人のように、企業や依頼主に寄り添って、
仕事を展開するため、縛りやストレスも大きい印象です。

そこで、佐野が最もオススメするのは、誰でも
簡単にパソコン1台で稼ぐことができるネット転売です。

理由としてはスキル不要、
即金性の高さ、赤字化の低さ、
初期資金の低さなどが挙げられます。

一方で、アフィリエイトの場合、
報酬が入るまでに自分だけのメディアを創り上げ、
見込み客を獲得するまでが、非常に苦労がいり、
途中で諦める人が相当数いるのが事実です。

しかし、ネット転売においては
売り上げた月のうちに収入が入ります。

また、赤字化のリスクも非常に少ないので、
最悪でもプラスマイナスゼロ近くになります。

データーに基づけば、利益が取れる商品しか
仕入れないため、赤字になりそうな商品を抱えません。

仕入れた後に万が一値下げして販売したとしても、
元々利益分を見込んだ商品のため、
プラスマイナスゼロ近くの状態で売ることができます。

初期資金は最低でも10万円程度で、
ネット転売を開始する人もいるので、

初心者の方でも気軽に始めることが出来るのも、
ネット転売の強みと言えます。

 

教える系ビジネスって?

これは、元々資格や専門性のある方が対象です。
当然のことながら、専門性があれば、ネット転売に
手を出すより、自分の専門を生かした
教える系ビジネスをするのがおススメです。

また、その際に、ブログで運営して、
地域性を高めたり、メルマガやLINEで
見込み客を教育しながら展開していくのがベスト。

教える系ビジネスの典型例として、
学校法人があります。

年100万円の学費を200~400名集めるのが、
学校法人ですし、このオンライン版の仕組みを構築
することも可能です。

他にも月額会員として、会員を1000人以上集め、
ビジネスを展開するこことで、安定収入を見込めます。

一般的には、投資系、英語、健康、美容、
メンタル、せどり・物販、スポーツ等、
大まかなジャンルが決まっている印象です。

 

PC1台で仕事(起業)をするならどんな風に進めていくべきか?

1.まず、自己流でやるべきか?

もし、あなたに優れた感性(センス)が
あるのであれば、まず、自分でチャレンジしてみてもよいでしょう。

しかし、そんなに簡単にうまくいく訳もありません。
自己流は、事故るという言葉があるように、

自分独りでやればやるほど、
時間とお金を浪費する可能性が十分に高まります。

例えば、既に何かの分野で成功をおさめたり、
実績のある方は、自分の感性(センス)に従って、
仕事をしてもよいでしょう。

あなたの感性は、優れているのか?
客観的に見つめる力もパソコン1台の起業で必要です。

 

2.専門家に相談するより、既にパソコン1台で成功している人の真似をする

あなたが、もし、パソコン1台で起業して、
自由になりたければ、忙しい起業家より、
既に成功して暇そうな起業家と手を組むべきです。

カエルの子はカエルと言いますが、
一緒にいるだけで似てしまうものです。

もし、あなたが、心の底から成功を願うなら、
付き合う人を確り考えないといけません。

ちなみに、佐野のある日の
一日スケジュールは、以下の通りです。

10:00~12:00 メールチェック&外注指示
12:00~13:00   ランチ
13:00~17:00  カフェで読書
17:00~19:00  商品リサーチ&在庫補充注文
19:00~22:00  友人と飲み会
22:00~23:00 帰宅、就寝

このように、私は、一日の半分以上を、
ゆっくりと暇していて、今あなたが見ている
ブログの構築や執筆に力をいれることができています。

忙しい人の真似をすると忙しく
なってしまうので、くれぐれもご注意ください。

 

3.コンサルタントやコーチにお金を払って指導を受ける

現在、私は、月830万円の利益を出し、
それを教える系ビジネスもしているのですが、

実際ここまでの道のりとして、学費を工面して、
それなりのコンサルや教育を受けてきました。

もし、受けず、サラリーマンあがりで、
パソコン1台で仕事をしていれば、
今の佐野はいませんでしたね。

あなたは、学校に通ったからこそ、文字も
書けるし、パソコンもある程度できるわけで、

日本人の技術者が優秀なのは、
教育水準が高いからといえます。

大学を真面目に出た人と高卒の人のレベルの差は、
歴然ですし、もし、あなたが、学んで
こなかったのであれば、すぐにコーチや
コンサルタントを雇って、確りと教育を受けるべきです。

私も現在何人かの専門家に教わりながら
ブログを運営し、物販ビジネスで成功しているので、
あなたも同じようにそうしてみることを
心からおススメ致します。

 

サービス一覧を見る