お世話になります。

専業でせどりをする佐野です。

 

確定申告時期になると、誰もが、

うんざりして、バタつくと思うのですが、

 

特に・・・

せどりで小金を稼ぐ人は、キッチリ

確定申告をしないと、税務調査が入り、

追徴課税で1.5倍返し!!!!

 

・・・なんてことがあるかもしれません。

 

「いきなり脅さないでください」

とあなたは思っているかもしれませんね 笑

 

佐野も、2月から3月ぐらいに、一応、

時間を割いているのが、この確定申告です。

 

今回はそんな確定申告について、記事を

書きましたので、やさしく解説していきますね。

 

佐野佐野

せどりを始めたばかりで確定申告の仕方がいまいちよくわかっていない人は、是非お読みください。

 

 

目次

副業している人へ。せどりの確定申告はいくら稼ぐと必要か?


あなたは少なからずせどりの確定申告が、

心配だと思うので、早速、結論から

お伝えすると・・・・

 

せどりに限らず、一般的に

”副業の確定申告”には

『20万円ルール』があります。

 

この20万円ルールというのは、

確定申告は20万円以下の所得であるならば、

申告しなくても良いというものです。

 

アルバイトやパートの副業をした場合には、

『収入』の合計が年20万円以下の場合

確定申告をする必要がないのですが、

『せどり』の副業はやや特殊です。

 

アルバイトやパート以外の副業にあたる

せどりの副業は一年間の『所得』が

20万円以下であれば・・・

確定申告をする必要がなくなります。

 

つまり何が言いたいのか?といいますと…

『収入』と『所得』の違いに注意しよう!

ということで、せどりで注意するのは

”所得の数字”なわけです。

 

さて、ここでいう所得とは、

売上から経費を引いた金額のこと

 

せどりの所得の計算方法
所得=売上ー経費(雑費、消耗品、ガソリン代、光熱費etc)

 

上図のように、せどりをしているあなたは、

必ず経費が発生しているはずです。

 

売上や経費の数字を出して、

もう少し例を挙げますね。

 

公式だけではわからないと思うので、具体的な例を見ていきます

 

例えばあなたが、せどりで

100万円の売り上げがあった場合に、

商品仕入れの経費が90万円とします。

 

の時の差し引きは10万円ですね?

 

この場合、20万円を下回っているため

A.確定申告の必要はありません。

 

一方で、売上はそのままに、

経費が70万円だった場合には

差し引き30万円の所得が発生しています。

 

A.この場合は確定申告しなければなりません。

 

このように、せどりをしている人は

売上と経費をきちんと把握して、最終的に、

確定申告をする必要があります。

 

ちなみに、経費を正しく申告しないと、

100万円分の税を払うケースもあります(^-^;

 

では、せどりで所得が、20万円以下の場合は確定申告しなくていいの?

 

あなたがせどりを副業でしていて、

さぁ、確定申告の時期に入ったとします。

 

でも、あなたの年間所得が・・・

所得が20万円以下の場合に

確定申告をするか否かですが・・・

 

”その人の判断に委ねられます。”

 

20万円以下でも確定申告をした方が

むしろお得になる場合もあるため、

自分がどのケースに当たるかは

きちんと調べないといけないでしょう。

 

例えば、損失を繰り越すことができたり、

税金の還付を受けたり、医療費控除がある

場合に確定申告が必要になるからです。

 

ちなみにせどりを、副業ではなく

専業でしている場合・・・

個人事業主のせどらーは所得が、38万円

以上になると確定申告をする必要があります。

 

佐野佐野

専業でせどりをしているなら、38万以上は所得があるはずです。本文中に詳しく書いているので、専業の方も順に丁寧にお読みください。

 

あなたがせどりで確定申告をサボると生じるデメリット

 

せどりに限らず、副業をしていて

稼ぐのは楽しいけど確定申告に対して

小難しい印象を持っていたり、

めんどくさかったり・・・

 

あるいは!

 

一番やっちゃいけない、

納税したくなかったり・・・

とあなたも感じてはいないですか?

 

私も確定申告をやっているので、

その気持ちよく分かります。笑

 

しかし、せどりを副業でするあなたは

確定申告を絶対にサボらないでください!

 

確定申告をサボると、表向きは税務署ですが、

社会的にペナルティを受けて、

信用に大きな傷を付けることになるからです。

 

最悪、前科になる人もいます・・・

 

このように、ペナルティは追徴課税以上の、

非常に重いものになるケースもあるため、

大きな損を被ることもありえます……。

 

悩む佐野悩む佐野

税金を分割払いにした場合の金利も消費者金融並みに高いですよ~

 

また、せどりを副業、または、

専業として、立派にやっているのに、

“確定申告について知らなかった”

という言い訳は基本的には通用しません。

 

佐野佐野

せどりに限らず、他の副業含め、確定申告をしないデメリットを学ぶことは、あなたにとっても大きな意味があるでしょう。さらに、具体的に見ていきます。

 

1、副業をしているのに、副業していないことになる

 

あなたがせどりをしていて、確定申告を

行わなければ・・・つまり、

”副業で得た所得を
申告しないことになりますよね?”

 

これは、どういうことかと言うと・・・

あなたは、副業でせどりをしている!

という社会的な資格はないですし、

せどりで稼いでいることを知人や家族に、

自慢したとしても、所得逃れを

しているわけなので違法なわけです。

 

 

ですので、副業をしているようで、公式に、

副業をしていないことになるんですね。

 

これに、何が問題かというと例えば

赤字になっている時が問題になります。

続きを必ず、お読みください。

 

2、落とせる経費が落とせずに払う税金も増える

 

もし、あなたがせどりで赤字の場合、

例えば本業のサラリーマンのお給料と

副業の赤字部分を合算したり、投資の損失が

ある場合、繰り越せたりできますよね?

 

つまり・・・

損失しても、納税金額を減らせるのです。

 

特にせどりは仕入れのタイミングと

売れるタイミングに時間差があるので、

計算上、赤字が発生する時もあるでしょう。

 

もう一つ分かりやすい例を紹介します。

 

家賃の一部を経費に落とす例ですが、

確定申告をサボると経費にできる根拠を、

喪失することになり、あなたは、

 

”副業していて損を
しているので注意しましょう”

 

サラリーマンしながら副業をしていて、

トントンなのに、毎年税金が来る

パターンが”この人(損な人)”です。

 

せどりを副業とするあなたは、

確実に確定申告を心がけて下さいね。

 

先程も申しましたように、せどりを

するならば、家賃以外に・・・

  • 商品の仕入れ代
  • 配送料
  • 段ボール等の消耗品
  • 仕事で使うパソコン、オフィス製品

 

などの経費があり、確定申告の際に

この経費を売上の一部と相殺して処理できます。

 

経費を処理した結果として、

課税される所得の額が少なくなるし、払う

べき税金を減らせる可能性があるにも関わらず、

確定申告をしなければ・・・

あなたはこれまた損をすることになります。

 

確定申告すれば所得に対し、

課税されますが、せどりは経費が

大きくなりがちな仕事なので・・・

 

”確定申告を行うほうが
トータルではお得になりやすい”です。

 

悩む佐野悩む佐野

Amazonせどりの経費についてもっと知りたい場合は、せどり(転売)をする時の経費を全て知ることで、利益も2倍になるか?をお読みください。経費について知らないのは絶対ヤバいです。

 

3、税務調査が来たときに納税していないことがバレると・・・

 

あなたが副業でせどりをしていて、

確定申告をする必要があるのに、

確定申告をしていなかったとなると‥

 

これはすなわち”脱税”につながります。

つながるとは、疑いに掛けられるという意味。

 

もちろん、イキナリ脱税として

捕まるわけではありませんが、ペナルティは

存在しますし、基本的に、金利上乗せで

お金を払わなければなりません。

 

せっかく副業せどりで稼いでいるのに、

さらにそれ以上払ってしまうなんて

バカらしいですよね。

 

きちんと確定申告をすることが

お金を稼ぐ人の正しい姿勢というもの。

 

確定申告しなければ一時はバレなくても

税務調査によっていつか必ずバレます。

 

それまでの分もきちんと支払った上で、

追加で税金を払うことにもなるし、

積み重なると非常に多くの金額が

追加の課税対象になってしまうでしょう。

 

これに関連する言葉としては、

  1. 『重加算税』
  2. 『無申告加算税』
  3. 『延滞税』

 

などという言葉がありますが、基本的に

確定申告をしなければ、本来払う

金額よりも多く払ってしまうということです。

 

一般的に確定申告をするとこんなメリットがあります!

 

ここまで、せどりを副業でするあなたが、

確定申告しなければならない絶対的な

理由を書いたと自負しています。

 

私が確り書いても・・・あなたは、

  • 「せどりで忙しいし、めんどくさい」
  • 「う~ん、難しそう」
  • 「確定申告って複雑だな。」
  • 「なんだか怖いな~」

 

くらいの軽い気持ちかもしれませんね(^-^;

 

しかし、せどりの確定申告には

圧倒的なメリットも存在します!

 

もちろん、ルールを守って期間内に

手続きした場合に限り、いくつかの

利点が存在しています(^・^)

 

佐野佐野

きちんと申告をすれば税金の支払い額を減らすこともできるので、前提とメリットをご確認下さい。

 

0、前提として白より青色でせどりの確定申告でしよう!

 

せどりをして稼いだ収入を、

確定申告をしようとする際に、

あなたはいずれかの方法で、申告を

することになります。

 

それは、

白色確定申告or青色確定申告の2種類

になりますが、

 

簡単に言ってしまえば・・・

白色は比較的簡単な方法であり、一方で

青色はやや複雑な処理が必要な方法です。

 

ここれで、あなたは、どちらで
せどりの、確定申告をしたいですか?

 

簡単な白色申告に逃げたくなりますが、

おススメは、青色確定申告です。

 

あなたが個人事業主なら特に、

青色確定申告をすることが前提で、

開業の届け出をすると思いますが、

 

副業の場合でも青色申告した方が、

社会的信用にはくがつきます。

 

青色確定申告は準備さえしていれば

怖いものではありませんよ(^・^)

 

以下には青色確定申告のメリット

簡単にまとめました。いい機会なので、

ぜひ、青色確定申告を考えてみてください。

 

1、青色で申告すれば税金控除が受けられる

 

あなたがせどりで青色確定申告をする場合、

”税金控除額が高くなる”

このような圧倒的メリットがあります。

 

ただし、帳簿をつける必要がありますが、

白色確定申告でも記帳が義務化されたことは、

多くの事業者が知っていることでしょう。

 

青色確定申告では複式簿記といって

より詳しく帳簿付けを行っている場合に、

 

、なんと!

65万円までの特別控除を得られます。

 

65万円は結構大きいですよね~。

 

注意点としては最終的に計算された

所得税自体から65万円を引くわけではなく、

あくまでも課税所得から、65万円を控除します。

 

しかし、65万円の所得控除は実に

大きな金額であることは間違いないですし、

この控除はより面倒な記帳をする

ご褒美だと思いましょうね(^・^)

 

また、青色確定申告で、簡易簿行っている

だけでも、10万円の特別控除が得られます。

 

簡易簿記とは名前の通り

複式簿記よりもシンプルな記帳方法です。

 

私のオススメはもちろん、

65万円の控除を受けること!

 

あと、繰り返しになりますが、

近年になって白色確定申告でも

記帳の義務が発生しています。

 

青色と白色の作成負担の格差は

縮まっているので、負担が同じくらい

なのであれば、せどりで利益を出すべく、

頑張って、青色確定申告を目指しましょう。

 

2、青色申告すれば控除対象科目が増える!

 

せどりであれば、

『売上 – 経費 – 控除金額』

によって課税所得が導き出されます。

 

この控除範囲は、控除対象科目に

よって定められているのと・・・、

この控除対象科目は青色申告になると

対象科目が、増えます!

 

難しいと思うので、例をお伝えします。

 

例えば、青色申告では

専従者給与控除というものがあり、

あなたの家族を従業員にして、

給与を支払うケースが考えられます。

 

そして、そのお給料を控除できるわけです。

 

他にも自宅の家賃や光熱費の一部

差し引くこともできます。

これは自宅をせどりのオフィスとして

利用しているケースが考えられるでしょう。

 

このように白色申告と比べ、

青色申告では控除対象となる範囲が増え、

より税金面で有利になると言えます!

 

3、社会的信用があがる

 

せどりに限らず、青色申告で必ず

記帳を行っており、帳簿をつけている

事業者は社会的な信用を得やすいです!

これは当然ですよね(^-^;

 

青にすれば、節税の効果だけでなく、

信用を上げる効果も得られるわけですが・・・

 

例えばあなたが、住宅ローンや車のローン

組みたい時や、新しいクレジットカードを

作る時などにアドバンテージになります。

 

ただ、副業をしていることが、会社にバレたく

ないがために、確定申告をサボる人がいます。

 

しかし、副業していることを隠す方が

まずい可能性が高いです。

 

意図的に納税しないのですから、

最悪のケースでは犯罪ですし、

何かあれば信用は地の底でしょう。

 

とはいいつつも、会社の

信用も失いたくないと思います・・・

 

この問題は、私的に社会問題もでもあると思って

いて、安倍総理含め、自民党が

2018年働き方改革を推進したと思います。

 

悩む佐野悩む佐野

副業せどりで青色申告をすると、社会的責任が増す一方で、会社も首になる恐れもある。ただ、2018年から法律が変わりつつあるので、参考までに、働き方改革で残業代がでない!残業できない!この改革であなたがやるべき5つのこともお読みください。

 

 

せどりに限らず、一般的に、確定申告期間は、いつからいつまでか?

 

確定申告は原則のルールとして

1月1日から12月31日までの所得を、

翌年の2月16日から3月15日の間に

確定申告するのがルールです。

※土日が入ってくるとズレてきます。

 

例えば2018年(平成30年)に申告する場合は

2018年2月16日から3月15日までが

確定申告の期間になっています。

 

注意点としては2018年に申告するのは、

2017年の稼ぎ・所得であることです。


ただし、悪意がなく入院や長期海外出張、

を理由に、確定申告に遅れる場合・・・

期限を過ぎた後でも申告できます。

 

このときは多少とはいえ税金を多めに

支払う必要が出てくる可能性があります。

これを”期限後申告”と言います。

 

多く税金を払いたくなければ

できる限り期間内に確定申告を済ませましょう!

 

どこで申告手続きできるか?

 

確定申告をできる場所は、

一般的に”税務署”になります。

 

悩む佐野悩む佐野

もちろん確定申告の時期は税務署は混んでいますけどね……。

 

しかし、近年、確定申告もネットの

手続きが可能となっていますよね?

これを、e-tax”という電子申告と言います。

 

税務署は本当に2月、3月混むため

相談事がない場合にはネットで

手続きすることを考慮に入れましょう。

 

税務署は基本的に日曜日はあいていません。

※例外として確定申告の期間中は一部の税務署に
限って、
日曜日にも開いていることがあります。

 

もちろん、あてにしすぎるのは問題ですが、

どうしてもタイミング合わない場合には

税務署に確認を取っておくと良いでしょう。

 

また、税務署は月曜日から金曜日の

午前8時30分から午後5時までが

開庁時間となっているため、

この時間内に訪れるようにしましょうね。

 

佐野佐野

ここまで聞くと時間的制約を感じませんか?副業であれ専業であれ、せどりの確定申告は、e-taxがおススメかなとは思います。

 

記帳が全て!せどりの確定申告の具体的な方法

 

税務調査が来てから慌てないように

せどりをしている人が確定申告を円滑に

行うために、記帳を丁寧にすることが

最も大切なことです。

 

今回は、あくまでも基本的な流れにしか

触れることはできませんが、万一の時は、

税務署に問い合わせれば丁寧に教えてくれますし、

サポートが、充実したクラウドソフトもあるので、

今回知っておくことをお勧め致します。

 

1、年の始まりに、記帳を付ける準備をしよう

 

青色申告をすることを前提に話をしますが、

年の始まりには記帳の準備をしてください。

 

さて、どのような帳簿をつけるべきか?

 

具体的には・・・

  1. 独力で作成可能な簡易簿記(10万円控除)
  2. 会計ソフトを使う複式簿記(65万円控除)

 

の二つに選択肢がわかれるはずです。

 

会計ソフトを使わなければ

複式簿記はかなり難しい一方で、

会計ソフトさえ使えれば複式簿記で

あったとしても日常的に、

取引金額などを入力していくだけで

必要な資料を揃えることが可能です。


会計ソフトで私がおススメしているのは、

”クラウド会計ソフト”なのですが、

アプリケーションをCDディスクなどから

インストールする必要もなく、

ネットに繋がりさえすれば使用可能です。

 

 

他にも、iPhone7以降の、デジタルカードや

クレジットカードの取引データなども、

使う度に自動で履歴が送信されるので、

最近のクラウド会計は一味違います!

 

佐野佐野

こういったいわゆる自動仕分けは、クラウド会計とググればいくらでもでてくるので、後ほど調べておきましょう。

 

2、経費の種類をおさえて、分類する科目を最低限知ろう!

 

あなたがせどりで確定申告をする時に、

経費の種類をある程度知っておかないと、

科目の計算をすることができず、

恐らく混乱するはずです。

 

ですので、申告時に必要な経費の科目

くらいは知っておくべきです。

 

また、正しい経費の知識があれば

帳簿上でもきちんとした処理ができるし、

”ありがちなのが雑費ばかりに偏らないはず”

 

確かに会計ソフトを使えば、自動仕分けができ、

クレジットカードとも連携はできるのですが、

最初の設定の時などに、最低限の知識は必要です。

 

悩む佐野悩む佐野

経費の仕訳を最終的に人間がチェックをしなければならないので、もし経費の知識が乏しいと思ったらせどり(転売)をする時の経費を全て知ることで、利益も2倍になるか?という記事も一緒お読みください。

 

3、1年間記帳をコツコツつづける

 

帳簿を準備できたら、あとは

一年間のお金の出入りをせどりをしながら、

コツコツと記帳し続けるだけです。

 

しかし、あなたは、店舗せどりに電脳せどり、

ありとあらゆる場所から商品を仕入れ、

さらに、カードで経費を切りまくる。

 

毎日の記帳業務は、正直

負担が大きいとも言えます……。

 

 

副業せどりであれば、

最近では自動的に記帳してくれる会計ソフト

マネーフォワードなどを使って、

時間短縮すればよいでしょう。

 

このマネーフォワードには例えば、

クレジットカードや銀行口座を登録すれば、

自動で記帳してくれる機能があり、今や主流です。

 

既に、あなたが独立しているのであれば

”会社の社長さんが、経費をしている
姿をあなたは見たことがあるか?”

を思い浮かべて欲しいです。

 

恐らくこの質問に対する答えは、

観たことがある人もいれば、

観たことが無い人もいるでしょう。

あなたが観たのは、店長かもしれません。笑

 

いずれにせよ、記帳を店長や社長が、

やりすぎるのはナンセンスだと思います。

独立して専業の方は、頭に入れておきましょうね。

 

どんな手段、方法であれ、あなた自身が、

コツコツ続けられるやり方があながち、

一番だとは思います(^-^;

 

 

4、確定申告期間になったら必要書類に記入するだけ

 

ここまで記事を読み続けている場合、

”確定申告はなんて面倒なんだ~!”

と思う方もいるでしょうが・・

 

これ、逆です。

 

確定申告はコツコツ記帳していれば、

すぐに終わるものですよ?(^-^;

 

 

一番多いパターンは・・・

記帳をサボって、申告前にレシート片手に、

仕訳しているあの状態です。笑

 

つまり、面倒なのは、記帳なわけで、

こいつさえクリアできれば・・・

確定申告は必要な書類に

必要な数字を埋めていくだけで終わります。

 

ここでいう、必要書類とは?

 

せどりをしている人であり、

青色確定申告者を対象に、

必要書類を確認していきます。

 

事前に必要なものが、

『所得税の青色申告承認申請書』であり、

上記書類を税務署に提出する必要があります。

 

申請書には期限があるのですが、

”確定申告する年の3月15日までに提出”

する必要があります。

 

あるいは、 新規開業の場合は、

”開業日から2ヶ月以内に提出”です。

 

申青色申告承認申請書の都合で

今年青色確定申告できなければ

来年に向けて覚えておきましょう。

 

期間中に実際に書く必要書類は、

 

  1. 所得税青色申告決算書
  2. 確定申告書B

 

このふたつになります。

 

また、せどりは、

「一般用」の青色申告決算書

提出書類として用いるのですが、

他にも不動産用などがあります。

 

また、確定申告書にはマイナンバーの

記載と写しが必要になりました。

 

これまでの書類の雛形

国税庁のホームページに全てあるので、

わからなければ、まず電話して、

ダウンロードするとよいでしょう。

 

佐野佐野

せどりの確定申告で用意する書類は、最初と最後です。それ以外は、とにかく記帳をコツコツとやるだけになります。

 

せどりの確定申告でよくある質問

 

副業でせどりをしていることがばれないための確定申告のやり方はありますか?
確実にばれない、という方法はありません。

ただ、ばれにくくする方法ならあります。

確定申告のときに、確定申告書類の住民税に関する部分で

下図のとおり「自分で納付」を選択することで会社にバレにくくなります。

 

副業分の住民税は「自分で納付」することとなりますので、会社のお給料から天引きされることはありません。

FBAの料金って、科目は何にしていますか?
支払手数料にしています。外注工賃でも問題ないでしょう。
年間売上が1000万超で、消費税を払いたくないのですが、どのような工夫をしていますか?
年間売上が1000万超えの場合消費税はいつか払うものです。

ただし、一定期間免除される期間があるのですが、個人事業主から法人化すれば、さらに2年間は消費税が免除され、

個人事業主の時から合計4年間は消費税が免除されますので、

免除期間をふまえて法人成りの時期を決めましょう。

記帳含め、会計業務が大変で外注しようと思っています。外注費の相場を知りたいです。
記帳だけであれば、安いと5,000円/月で請け負ってくれるところもあります。

税理士さんからのアドバイスや

確定申告業務全般をお願いする場合には、

売り上げ規模や記帳代行(会計ソフトへの入力業務)の有無によって変動することが多く、相場はこのようになっています。

 

年間売上 報酬相場
記帳は自分で行う場合 記帳代行も依頼する場合
500万円未満 5万円 10万円
500万円以上1000万円未満 7万円 15万円
1000万円以上3000万円未満 10万円 20万円
3000万円以上5000万円未満 15万円 25万円
5000万円以上 応相談 応相談
仕入れ代って経費になりますか?
経費にはなりません。売掛金として計上します。
年末に棚卸試算も確定申告すると思うのですが、これは経費になりますか?
なりません。棚卸試算を資産として計上し、翌期首に再び費用として計上します。
領収書と請求書がないです。経費として認められないでしょうか?申告の時に困っています。
出金伝票を書くことで、認められることがあります。出金伝票とは、このようなものです。

ただし、回数が多くなると税務署から厳しく

チェックを受けることがありますので、

緊急手段として考えておく方が無難です。

 

まとめ

 

まとめます。

 

あなたが副業でせどりを始めて

20万円以上の所得がある場合は、

確定申告はしなければなりません。

 

また、副業が会社にバレたくないのであれば

住民税でバレルので、自分で申告をする

形を取ればよいでしょう。

 

2018年から働き方改革で、残業ができない中、

もはやこそこそと副業をしなくても、よい

思いますが、色々な意味でバレない状態に

しておく気持ちも少しわかります(^-^;

 

ですので、副業でせどりをしている人は、

完璧な確定申告を目指してください。

 

個人事業主の方は、白色申告であろうが、

記帳もマストになるので、知っておくこと。

青色にすることで、家族への給与も経費にできる

ので、サボらずに賢く事業展開をしていって下さい。

 

それと、経費を証明するものがなければ、

税金の追加徴収があるので、覚えておくこと。

 

ちなみに、佐野は、法人で確定申告を

していますが、全て税理士任せで、領収書や

明細をただ定期的に送っているだけです。

 

税理士を雇う費用以上のお金を稼げばいいし、

その分、経理の時間が浮くので、せどりに

集中できています。

 

佐野佐野

せどりの確定申告は、自分に売上規模規模に合ったやり方を見つけていくこと大事だと思っています。メルマガでは、所得を上げる為の利益直結のノウハウを配信しているので、宜しければ一緒にご登録ください。

 

【期間限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、
副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。
また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定
【日時・締切日】
2018年1月7日(日)13時~14時
2018年1月21日(日)13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする