シュアーズ佐野です。

 

毎年恒例のように・・・

転売で犯罪になる人が後を絶たないため、

転売をはじめることを躊躇している人がいるかな~

と思って、今回の記事を書いています。

 

ただし、あなたに断固伝えたいのは、

”転売をすること自体は犯罪ではない”です。

 

逮捕されてしまった人たちは、

ルールを守らなかっただけ、いくつかの

注意点を知っていれば防げたこと・・・

 

今回の記事では、実際の逮捕事例を交えながら、

転売で犯罪を犯さないための対策に

ついてお伝えしてゆきます!

 

なぜ、転売は犯罪とみなされ、逮捕される人がいるのか?

古物商許可がなかった

 

転売をする上で、まず知っておかないと

いけない法律があります。それは・・・

 

古物営業法という法律で、

いわゆる”古物商の資格”というもの。

 

古物商と聞くと、中古品を売る人だけを

指すと思いがちですが、実は、中古品以外でも

せどりや転売目的で商品を仕入れると、

その商品は、古物として扱われます。

 

そして、古物の販売には、

”古物商の許可が必要”となり、

古物商の許可が無いまま転売すると・・・

違法になり犯罪になり得るわけです。

 

その転売が犯罪になるかのポイントは、

”転売目的”かどうか。

 

例えば、あなたが着なくなった服を、

ネットオークションで転売する場合、

これは古物の扱いになりません。

 

また、先日購入したばかりの靴が、

足に合わないなどの理由で、

ネットオークションで転売した場合も、

古物の扱いにはなりません。

 

このように、一回限りの場合は、

該当はしないわけで、要は営業として

行っているかという点が重要です。

 

営業というのは、営利の目的をもって

同じ行為を何度も継続して行うことを指します。

 

転売は、繰り返し販売して利益を増やす事が

目的となるので、古物商として該当します。

 

古物商の許可をとるのは、警察署に、

書類を揃え2万円くらい払うだけで、

たいていの人は簡単に取得できます。

 

この手間を惜しむと、その転売は犯罪とみなされ、

逮捕される可能性があるので注意して下さい。

 

転売で犯罪になり逮捕される定番!ダフ屋行為をしていた

 

これは主にライブチケットの転売に関係しますが、

”チケット転売が犯罪となるケースは相当多い”です。

 

そのため、チケット転売だけでは、

手を出すことはおススメしません。

 

例えば、東京都の条例では、転売目的で

チケットを購入すること自体を禁止しています。

 

そのため、最初から売る目的での

チケット購入は即アウト

 

また、この条例では、売るための呼びかけや、

会場周辺をうろつくことも禁止しているため、

違法行為とならないように対策するのも、まず無理でしょう。

 

またチケットを、転売目的で大量購入して

売りさばく行為もダフ屋行為にあたり犯罪となり、

逮捕される事例も沢山あります。

 

しかし、実際に使うつもりで、

購入したチケットが必要なくなり、

ネットオークションで転売するのは、

犯罪ではありません。

 

この場合は、利益を上乗せしないなど

定価で販売することがポイントです。

 

同じような行為でも、動機によって、

その転売行為が犯罪になるかどうかが変わってきます。

 

チケット転売で犯罪となり逮捕される場合、

熱狂的なファンが通報して発覚しているケースが、

あげられます。

 

書類を偽造して転売したなんて、当然逮捕です。

 

こちらもチケット販売に関係しますが、

最近は、主催者側もダフ屋対策に、

本腰を入れ始めています。

 

また、電子化を進めていて、

スマートフォンにチケット情報を送ったり、

チケットに購入者の情報が紐付けされていて、

会場で本人確認書類の提示が必要となるケースが増えている。

 

でも、そこで抜け穴を探す人は後を絶たないわけで、

今度はその端末ごと貸し出したり、

中には本人確認書類を偽造する人まで出現している。

 

でも、これは本格的にNG行為となり、

チケット転売が犯罪か以前の話ですが、

目先のお金に目がくらんでしまい、

エスカレートしてしまった逮捕例でしょう。

 

チケット転売が犯罪になった事例

2016年9月にアイドルグループ、

「嵐」のコンサートチケットを転売した

として、古物営業法違反で香川県の女性が逮捕された。

 

2016年9月に「サカナクション」のコンサート電子チケットを

転売目的に購入し、高額で販売したとして詐欺容疑で40代男性が逮捕された。

 

2017年5月には、「EXILE」が出演するコンサートチケットを

転売目的に大量購入したとして、迷惑防止条例違反で東京都の男性が逮捕された。

 

任天堂のスイッチ転売も犯罪になる?

ここで確認したいのは、

ニュースで問題視されているが、

スイッチの転売は犯罪ではありません。

 

どちらかと言うと、印象が悪くなった…

の方が正しいです。

 

これは、高額な金額設定や、

回収で目立ったことが原因です。

 

実際にAmazonなどで調べると、定価が

約33000円のスイッチが、45000~50000円

くらいで売られています。

また、回収というのは、店やネットショップで

朝から並んだり、自動購入ツールを

使って買い占めること。

 

そういった行動が目立ってしまったからか、

ネットニュースにもなっています。

 

もちろん、転売は利益を出す必要がありますが、

自分だけでなく、お客さんのことも考えないと、

やはり商売をする上で、今後やりにくくなってゆくでしょう。

 

例えば、一部の身勝手な行動によって、

実際に規制が厳しくなることはよくあります。

 

実際に、スイッチは転売対策として、

抽選形式を取っていることが多いです。

 

これでは、朝から何時間も並んだところで、

買える保証はないので、効率が悪すぎますね…

 

もちろん、スイッチの転売は犯罪ではないし、

逮捕されることはありません。むしろ、

買って売るだけで、約1万円の利益が出るので、

正直、儲かることは間違いないです。

 

ただし、スイッチのようなトレンド商品は、

供給が安定すれば、価格が落ち着き元に戻ります。

 

そういった商品だけに集中していると、

売上が安定せず、いつまで経っても一発屋で終わり…

 

もっと視界を広げて、いろいろな商品を見て

転売のイロハを学ぶ努力をしてほしいと思います。

 

各プラットホームの転売対策は?規制をかけるのに必死?

上記のニュースは、ヤフーと楽天の

Amazonに対する規制です。

 

が、チケット販売に関しては、

さらに、いろいろな取り組みがされています。

 

・会員登録の厳格化(多重登録の防止等)
・不正購入情報の関係者間情報共有(個人情報を除く)
・電子チケットの導入による本人確認の厳格化
・オフィシャル再販(リセール)サービスの順次導入

引用:チケット転売問題

 

また、東京オリンピックに向けて、チケットの

転売は、さらに規制と対策がなされると思うので、

こういった動きやニュースには、随時注目をしてみてくださいね。

 

リセールサービスの充実

 

リセールとは?・・・

例えば、”コンサートに行けなくなった人が、

不要になったチケットを売るには、

オークションなどを利用するしかありません”でした。

 

ただ、転売の犯罪に巻き込まれたり、

高値で売れて、味をしめたファンが、

逆に転売で犯罪を犯すこともあったため、

 

主催者側が考えたのが、

公式のリセールサービスを作ろうというもの。

 

これは、ファンクラブの会員同士で、

チケットを定額譲渡するシステムで、

実際に一部のアーティストで行われています。

 

本人確認の厳格化

 

チケット購入した本人しか、会場に

入れないなど、本人確認を厳しくすれば、

転売対策として有効な手段といえます。

 

そのため、入場の際に運転免許証や保険証などで

本人確認を行うイベントが増えてきましたが、

 

顔写真がない保険証や住民票を偽造したり、

貸し借りをするなど、違った部分で、

転売で犯罪を犯す人が増えてしまいました…

 

そのため、今は顔認証なども取り入れ

ているところも出てきているようです。

 

これに対抗するのが、最新の顔認証システムだ。まず、チケット購入時に顔写真を登録。イベントの入場時に専用端末で顔画像を読み取り、事前に登録した顔写真と照合して、本人確認を行う仕組みだ。すでにももいろクローバーZやMr.Children、B’z、福山雅治などが導入している。

引用:NEWSポストセブン

 

このように対策は進んでいますが、

まだ人の目で判断している所もあるようです。

 

そのため、自分の顔に似せた人にチケットを売る

といった強者もいるようです(笑)

 

ただし、この転売もバレれば警察に

通報され、即刻逮捕されるだろうし、

購入者にも迷惑が掛かるので、やはり

手を出さない方が良いですね。

 

そもそも転売とは?どういう意味だったか・・・調べてみた。

せどりとの違い

 

せどり:小売り間の差益を取る

転売:小売り店から購入後、横流して転売

 

要するに言い方の違いだけで、

安く買って高く売る行為は同じですが、

注目したい部分は、ここでしょう。

 

転売は「限定品や入手困難な品」も

含まれていること。

 

そのため、これらのモノが転売対象になりやすいです。

  • 有料チケット
  • 限定商品
  • 希少性・話題性のある新製品

 

とくに、これらを買い占めて高値で売るなど、

転売のイメージはあまり良くありません。

 

また、チケットなどに関しては、ダフ屋行為など

転売での犯罪が多いため、転売=悪となっています。

 

では、佐野が語る、真の転売とは?

転売は、物流の仕組でしょ?あなたは、なくなるとネットでモノが買えない!

 

”転売は物流の基本”です。

 

転売は犯罪の部分ばかりが、

注目されがちですです。しかし、

転売に恩恵を受けていることも確かです。

 

企業は、店舗やショッピングサイトで

メーカーから仕入れた(買った)ものに

利益を乗せて、それ以上の(高い)価格で売っていますよね?

 

また、商社は海外の商品を仕入れて、

日本国内で利益を乗せて売っています。

 

もし、転売を全て排除すれば、

あなたがメーカーまで出向いて買うしかないし、

海外製品だった場合は、直接その国まで行って

買うしかありません。

 

今まで、ネットで気軽に欲しいものが買えたのは、

やはり、この転売の仕組みがあったから。

 

確かに、買い占めのやり過ぎは心情的に、

良くないし、もちろん、法律は

守らないとだめです。

 

でも、転売は犯罪と考えてしまうのは、

あまりに安易な考えだと思います。

逮捕者が出てしまうのも残念で仕方ありません。

 

転売が犯罪になるケースもあるけど、モノに寄る

 

法律には”所有権”といったものがあり、

自分の所有物は自由に処分してよいとあります。

 

だから、手に入れたものを

好きに処分をして良いのか?

 

これは、状況によって変わってきます。

 

例えば、チケットの場合などは、購入時に、

条件付きで購入していることになります。

 

そのため、主催者の条件の範囲内で使える

利用権と言った方が正しいでしょう。

 

もちろん、チケットの紙自体に、

所有権はありますが、ただし、

契約違反をすれば、コンサート利用権を

無効にする権利を主催者はもっています。

 

ここは、いくら争ったところで

勝ち目はないので、やはり犯罪扱いされない

ためにも、手を出さない方がよいでしょう。

 

何度も繰り返しますが、

転売は犯罪ではありません。

だって、古物商という資格も存在しますよね?

 

不安や心配を抱えながら転売をしていないで、

お客さんから感謝されるように

正々堂々と転売ビジネスができるようにしましょう。

 

そういった商品はいくらでもありますよ!

 

消費者やファンの訴えが一番!

 

行政の腰が重く、悪質な転売に対して、

対策が打てない状況が続いていましたが、

メーカーや企業は、国と協力して、動きだしています。

 

これは、ファンや消費者の声が

企業やメーカーに届きやすくなったからでしょう。

 

ユニバーサル・スタジオでは、

アトラクションを優先的に利用できるチケットを

年間10億円分も転売されていました。

 

そこで、2015年11月から、

転売サイトで売られるチケットを、

すべて無効にすることを決めました。

 

また、通販サイトでは、

違反行為をした場合は契約解除など

厳しくなってきています。

 

法律を守り、転売で犯罪をしなければ、

それで良いといった意見もあるかと思いますが、

ネットによって、反対の声も届きやすいので、

これからどんどん厳しくなることは考えられます。

 

佐野も、このようなお客さんのことを無視した

転売に対しての対策は大賛成だし、

そういったビジネスは長く続かないと思います。

 

まとめ

 

転売で犯罪になり、逮捕されるといった、

イメージになったのは、一部の悪質な

転売業者や個人によるものです。

 

不正が起きればどんな転売にも、

規制と対策が入るはずです。

 

本来は、転売は物流の仕組みで、

企業や商社もやっていることです。

 

あなたも転売ビジネスの世界で、

長く生き残りたいなら、

「お客さんの気持ちを考える」ことを

一番に頭に入れておくことです。

 

もちろん、商売なので利益も大事です。

でも、お客さんを無視して、

嫌な思いをすれば、今やネットで声が

広まりやすい時代ですので、結果的に、

転売屋の首を絞めてゆくことになりますね。

 

転売ビジネスを本気でやるなら、

転売で犯罪ぎりぎりなことなんてしないで、

 

20年先、30年先といった長い目で

転売ビジネスと自分の将来を考えて、

そして、お客さんのことも考えて

進めていくと良いかと思います。

 

 

佐野佐野

転売の犯罪と逮捕は、今や社会問題です。規制と対策が厳しくなる中で、あなたはどのように行動しますか?さらに役に立つ情報や無料相談は、メルマガに登録をして頂きますと獲得できます。宜しければ、ご登録くださいね。

【期間限定】無料面談のお知らせ


無料相談では、あなたがアマゾン販売で、
副収入を月10万円得るための方法や思考法をお伝えします。
また、個人事業主では、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を答えられる範囲で質問に回答させていただきます。

あなたの転売ビジネスを軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと
あなたが、立ち止まっている原因を解決していくこともできます。

但し、適性を見るために、面談前に、事前
アンケートも実施させて頂きますので、ご了承下さい。

●オンライン面談開催
2名限定募集 ※次回開催日は未定
【日時・締切日】
2017年11月11日(土)13時~14時
2017年11月25日(土)13時~14時
※コンサル生は、定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形態】Skype or 電話
【参加料金】完全無料
【参加条件】テキスト審査に通過した方

> → 今すぐお問い合わせをする